宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

未来予想図

兄さん、スカウトマンになるんですって?
カワイイ子見つけて「きみきみ、ゲーノーカイフェラーリに興味ない?」とか声掛ける姿を想像しちゃったよ。
(注:正しくはトッドのアシスタント)
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/061029171206.shtml

それより何よりビックリしたのがコレ↓
『ミカ・ハッキネン、将来の夢はドライバーのマネージャー』
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/061029163041.shtml

はいーーーっ!?
(吹替版ウィリー・ウォンカっぽくお願いします)

揃いも揃って将来が楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/30(月) 16:28:36|
  2. F1
  3. | コメント:2

何事か

ハインツがポール!!

ああ驚きのあまり更新しちゃいました。
契約更新に向けてのアッピールでしょうか。
そんなこんなでDTMも最終戦です。
  1. 2006/10/29(日) 11:32:04|
  2. DTM
  3. | コメント:0

You can do it

ライコネンの「本音」モノローグが読める雑誌「F1グランプリ特集」はいつの間に「グランプリトクシュウ」に改名したのか。知らなんだー。
日本GP定点観測が面白かったので久しぶりに買いました。ライコネンの「本音」モノローグを読むのもいつ以来かな。(どうでもいいけどこのサブタイトルはいつもジャロに通報したい衝動に駆られる。ついでに同誌フィジコの「喝采までのディスタンス」はつい遠そうなイメージが浮かんでしまう。ついでのついでにフィジコの地上波「静かなるF1職人」はどうかと思う。芸ってどうよ芸ってせめて職人にしとこうよ。)
その本音モノローグ中で中国で体調を壊したと明かしているライコネン。日本GP中はインフルエンザと伝えられていましたが、同誌のパドック裏ばなしを読んで「まさかこの人、酔いつぶれて腹出して寝てたせいじゃ?」と思ったのは私だけではあるまいよ…(笑)
(裏ばなし:エディ姉の主催したパーティーで酔ったライコネンがゲイのジャーナリストとキスシーンを演じたという噂があるらしい)
このパーティーには兄さん初め10人以上のドライバーが出席して羽目をはずしていたとブルズアイにも取りあげられてたのでそーとーな盛り上がりだったのでしょう。
というわけでライコネンの新たな伝説がまた一つ。酔うとキス魔になるらしい。(違)

あとフィンランドのTVカメラマンプッキネンさんの特集記事、あれいいですね?。ライコネンと一緒にゴルフをしたりお互いのお誕生日会に出席したり更にはカメラマン100戦目記念にライコネンがケーキでお祝いしてくれたり(!)写真を撮ってくれたり(!)と懐きぶりが素晴らしい。普段口数少ないし無愛想だから誤解されがちだけど仲良くなると普通におもしろい兄ちゃんなのよ。デラロサも力説しているようにおもしろい人なのよ。打ち解けるまでが大変なだけで…!(それはフォローになっているのか)

さ、ところで。
フェラーリの新体制が発表され、大規模なメンバー入れ替えに大丈夫か?とかこの人だれ?とか色々思うところもあります。(正直この人だれ?が一番大きい)
トッドはフェラーリ社CEOとチームのマネージングディレクターを兼任とのことですがどんなもんでしょう。これからもストップウォッチ持ってピットウォールにいてくれるの?ロスは完全に離脱と。もうバナナ食べてる姿が見れないと思うと残念です。というのは冗談ですが、何はともあれお疲れ様でした。イギリス系のチームへ移籍するなんて噂を見かけましたがどうでしょう。漠然と「有り得ない」思うのですが。
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/061026210845.shtml
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/061027144331.shtml

でもまぁ既存のものを壊して新しいスタートを切るのも良いことかもしれない。シューマッハ時代と同じ環境でも、シューマッハがいなければ上手く機能する保障は無い。チームにとってもライコネンにとってもマッサにとっても、そして彼らを見る私にとっても大きなチャレンジの始まりだと腹を据えてオフを迎えたいと思います。
フェラーリの歴史が変わる時。良い方向へ進むのか悪い方向へ落ちるのかどうなるのか判りませんがこんな大変なこと…ライコネンぐらいアレな方が返っていいかもしれませんよ。(どういう意味か)普通の人じゃアクが足りないさ、きっと。

ちょっと気になるのがナイジェル・ステプニーのコメント。兄さん引退から不安そうなコメントばかり発しているのように思うのは気のせいかしら。いやそれが現実だろうし判るけどさ、そりゃ判るけど!兄さんに跳ねられたイメージが強いけど今はチーフエンジニアでしたっけ?チーフがそんなんで現場の士気に影響しませんのか。ああでもむしろ現場の総意だったり…(笑)(いや笑えない)
おっしゃる通り、兄さんの変わりなんて出来ませんし兄さんと同じようには出来ません。でもライコネンなりに頑張ってくれるはずです。だからさ、いつまでも兄さんの幻影にとらわれてないで早く開放されてください。
http://www.itv-f1.com/News_Article.aspx?PO_ID=37864

でもね、ちょっと思うのです。
フェラーリでシューマッハという激動の時代を共にしてきた人達。
骨の髄まで、魂まで持っていかれて、燃え尽き症候群に陥ってやしないかと。(本気)
  1. 2006/10/28(土) 15:05:54|
  2. F1
  3. | コメント:0

寝て整理できるもんじゃなかった

予選の後、なおさんとこんなこと話してました。
「アロンソがチャンプでいいからさ、兄さん優勝でアロンソも一緒に台乗って欲しいね」「ぜひ台上で称え合って欲しいね」「美しい終わり方やね」「んで2位はライコネンね」「イヤよそんな盛り上げも肩車もしてくれなさそうな人」「んじゃ肩車してくれそうでサンバが似合う長老の座を受け継ぐデビ」「ありえん」
というわけで、個人的な希望としては是非とも兄さんに有終の美を飾っていただき、2位ライコネン、3位アロンソというものでした。見事に全てハズレちゃいましたけど。

兄さんは本当にせわしない週末でしたなぁ。ぶっちぎり優勝での幕引きもカッコイイけど、最後まで全開でレースしてる姿が見れて嬉しかった。何のサービスか良いことも悪いこともてんこ盛りでデラックス弁当のような見応えのある濃い内容だった。そして何より、あのコース上で一番速かった。最後の瞬間まで最速のドライバーだった。こんな幸せなことってあるかな。
ラスト3周でライコネンをパスしたシーン。それに至るまでの数周の攻防。あの光景を見ながら私、知らないうちに笑ってました。真夜中に一人でにやにやと。何て言うのかな?こう構ってもらえた喜びっていうか。(笑)そりゃライコネンが抑えきれたら頼もしいことこの上無かったけど、速さの差は歴然だったしライコネンもしっかり粘った。私にとって、思い出に残るバトルシーンでした。
チェッカー後のアロンソの涙混じりの無線とメットの上から涙を押える姿。パルクフェルメで喜びを爆発させるマッサと穏やかな笑顔で祝福する兄さん。兄さんに勝って欲しかったはずなのに、これで良かったんだと素直にそう思えました。観客を魅了する走り・記憶に残るレースで幕を下ろし、表彰台には次の時代を担うドライバー達。何て言えば良いのかわからないけど、美しい終わり方ってこういうことかもしれない、漠然とそう思いました。台上の3人の笑顔を見ながらやけに清々しい気分で。
しかしブラジルの表彰台って何であんなにドラマチックな演出なんだ!銀テープ吹雪にサンバのリズム、おまけに照明が当たっているかのような明るさ。皆いつもの倍以上カッコ良く見える!ついでにマッサは何であんなに可愛いんだ!(どさくさにも程があるぞ)ファイナルラップからチラチラ横向いたり予選の時から思ってたけどウサギとかリスとか小動物系のあの動作はたまらんぞ!パルクフェルメの兄さんとの抱擁はもちろんのこと表彰台でも何度も国旗を見上げたり横のアロンソ様に「おめーよくやったな」みたいな感じで上からマブダチ(死語)のように肩を組んでみたりリズムに合わせて踊ってみたりわかったからお前ちょっと落ち付けと言いたくなるような小動物な動き!かーわーいーいー!(お前こそ落ち付け)新たな楽しみを発見した最終戦でもありました。

一方ライコネンのマクラーレンラストレースは何ともパッとしない…(泣)兄さんの時は粘ってたのにバトン君にはあっさり抜かれたように見えたのは気のせいかしら…(泣笑)
決勝前のチーム集合写真を見て、粋な演出でキメてくれたロンに大いなるシンパシー。イタリア国旗を持ったライコネンの等身大パネルとイタリアグッズの籠盛りプレゼントってさ、発想のレベルが私と同じだよ。グッジョブロン。これだからマクファンやめられないんだな。(そうか?)しかしマクは去りゆく人に関連グッズをプレゼントするのが慣例になっているのでしょうか。ミカには浮き輪やらビーチボールやらバケーショングッズをプレゼントしてたけどデビの時は何やったんでしょう?あの時はレース以外チェックしてなかったからなぁ。そういえばモンちゃんはそんな機会も無かった…(寂)(既にアメリカで楽しんでいるようで。良かったねぇ。)
ところで今回ライコネンの華麗な武勇伝がまた一つ増えました。ブルズアイにも取り上げていただき大変光栄です。以下抜粋。

生放送のサンパウロのグリッドで、元F1レーサーで現在ITVのコメンテーターを務めるマーチン・ブランドルがキミ・ライコネンの所に行ってこう言った。
「たった今、ペレがシューマッハにトロフィーを渡すところを見逃したね」
口数の少ないフィンランド人は言った。
「ウンコしてた」


ロン、去年雑誌で「25歳のふりをした19歳なんじゃないかと思う時がある」って言ってたけど、9歳の間違いじゃないの?
レース後のロンのコメントから滲み出る愛情或いは愛憎…。ミカみたいに可愛げは無かったかもしれないけど、何かと頭を悩ませるクソガキもそれはそれでまたかわいい存在だったのでは。(あぁそこひかないで)とにもかくにも5年間、本当にお世話になりました。何もわからないヒヨッ子をここまでふてぶてしく育ててくれてありがとう。おかげでこんな↑立派な大人に成長しましたよ。ラテン系チームでも問題なくやっていける、そう確信出来たわ。ルカ様、こんなの想定の範囲内ですよね。後悔してませんよね。そっちに行ったらこんなもんじゃ済まないと思いますが大丈夫ですよね。
本人は跳ね馬でキャリアを終えるつもりだそうで。聞いた瞬間そんなにフェラーリに思い入れが!?と驚いたものですが何のことはない「移籍するほど長くは走らない」って意味だそうで。へぇぇ???そぉ???。

そうそう、ミカが来ていて驚きました!マクピットウォールで見覚えのある後頭部が映った瞬間今週末ホッケンで自分のレースがあるのにまさか?と思いましたが…。だから兄さんったらハリキリすぎちゃってマシンがついて来れなかったのね!(笑)丁度近くにでっかい川もあることだしそのまま釣りでもして帰ればいいよ。スリル満点のピラニア釣り?♪

正直、兄さんを見てミカを思う瞬間がたくさんありました。この二人のバトルはやっぱり特別でしたから。兄さんがF1からいなくなるということは、そういった意味でも私の中で最後の区切りが付くと言いましょうか。自分の中ではミカ引退で一つの時代が終わりライコネンで始まったのですが、やっぱり心のどこかで終わってなかったような。まぁ無理に終わらせる必要なんてないしそうやって続いていくものなのかもしれませんがね。あぁなんて曖昧…自分でも何が言いたいのか判らなくなってきたぞ…(笑)
まいいや。うん、楽しんだわ、ミハエル・シューマッハを。この人がいる時代を見れて良かった。


今年も大変見応えのあるシーズンでした。あ、アロンソ様のことに触れてませんが二連覇達成はすんごいと思ってますよ。当たり前だから触れるまでもないのさ。心の底からおめでとうーっ!!10年振りに一勝も出来なかったマクをどうかよろしく頼みます。というわけで、どう纏めればいいのか判らなくなってきたので強制的に終わる…(苦笑)
楽しませてくれた皆へ、ありがとう&お疲れさまでした!
  1. 2006/10/24(火) 22:55:08|
  2. F1
  3. | コメント:0

おわった

終わったー
終わっちゃったー
F1の兄さんもマクラーレンのライコネンも終わっちゃったー
色々な思いが頭の中に浮かんでは消え浮かんでは消え…
これはきっと寝不足のせいだ…(苦笑)
一つはっきり言えるのは、私はこの結末を笑顔で受け入れられるということ。
むしろこれで良かったんじゃないかなーとさえ。
漫画のようなハッピーエンドはいらないなぁと。

アロンソおめでとう。
マッサおめでとう。
そして兄さん、ありがとう。お疲れさま。

あ? 何書けばいいかわからん。
とりあえず寝て頭の中を整理して出直してきます…(笑)
  1. 2006/10/23(月) 19:17:01|
  2. F1
  3. | コメント:0

いよいよ最終戦

最近私の中でフィジコvsピケJrが盛り上がってます。
ピケJr…なかなかいいキャラしとんな。(笑)

■ライコネンのトレーナーもフェラーリ移籍へ
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/061019191530.shtml
おーーーっとぉそうきましたか!以前は「マク以外のチームで働くことは想像できない」とか言ってたようですが…。
んもう!ライコネンのためにそこまでやってくれるなんて!ありがとうマーク。これからもライコネンの照明係として隣でしっかり照らしてね。(え)

■トラブルには慣れっこです。とりわけエンジンに関しては。
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/061019180804.shtml
鈴鹿でのフェラーリのエンジンブローは全く問題視していないライコネンさん。そりゃーそーさー。
マクラーレンで過ごした日々は彼を打たれ強く成長させてくれました。ちょっとやそっとのことでは動じません、めげません、へこたれません。たまに酒で問題起こすくらいです。(だめじゃん)
ありがとうロン&ハウグ…慣れって素晴らしい。(笑)

さてさて、いたるところに「特別仕様」の見られる最終戦インテルラゴス。
バリのヘルメットはきゃわゆい手形が微笑ましい。トニオのシューズはお約束。ホンダのマシンはメッセージ色強すぎやしないか。BMWのリアウィングはいいんだけども何故だかちょっぴりひいた…(笑)しかして一番衝撃的だったのはフェリペ・マッサ。一瞬本気でどこのチームの人かと思ったわ。

フリー1の結果を見てちょっとびっくりしました。ライコネンがトップだなんて!しかも5周も走っている!めずらしい?。

兄さんに勝ち逃げしてもらうも良し、アロンソに引導を渡してもらうも良し、ライコネンに空気読まずに勝ってもらうも良し。ここまでくればもう結果はどうでも良いや?(笑)ただ後味の悪い終わり方さえしなければ。
どなた様も、頑張って☆
  1. 2006/10/21(土) 12:50:29|
  2. F1
  3. | コメント:2

お誕生日おめでとう!

ライコネン、お誕生日おめでとう!
…ございましたぁーっ!


アロンソ様にかまけていて1日遅れてしまった…。
ライコネン誕生日の夜に「ライコネンを見て歓声をあげる人々」の夢をみました。(微妙)本人出てこないのに何故かドーンボスは出てきました。(微妙)数日前はトニオ&スコット君が出てきたりと夢の中がF1づいている今日この頃です。

もう27歳か?。そりゃ私も歳とるはずや。(笑)
良い一年になりますように☆
  1. 2006/10/18(水) 12:27:45|
  2. F1
  3. | コメント:0

アロンソ様

鈴鹿での一コマです。くだらなさ200%です。
それでもオッケイという方はどうぞご覧下さい。

【“アロンソ様”の続きを読む】
  1. 2006/10/18(水) 12:25:16|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

DTMル・マン

前戦に続き初開催の地、ル・マン。予選結果から本戦も楽しみにしてたのにLT繋がりにくくてブツブツ切れながらの観戦となりました…。でも終わってみれば結構めでたいことあったので良しとします。(いいんか)(マティアスさん残念でした)
シュナイダー、5度目のタイトル獲得めでたいねぇ。まだまだDTMのレースが楽しくて仕方ないって今から来年のタイトル防衛に燃えているご様子。元気なベテランや。まだ勝ちたいかって感じですがそういえばもっとすごい人がいたな。(笑)
そしてスペングラーがまたもやポールtoウィン!早くも3勝目ってスゴイんじゃないのこのオットコマエがー。ええ個人的にはニコ君やピケJrと並ぶフェロモン垂れ流し系の男前だと思ってます。(すんません鈴鹿で生ニコの色気にやられました※双眼鏡越し)(ピケJrは二次元でもおなかいっぱい)
ミカは久々の2位表彰台!おめでと?ようやく抜け出せたか暗黒期を?。今回はトラブルも無く順調なレース運びで。(笑)ずっとスペングラーの後ろに付いてたので抜けるかって期待したんですけどねぇ。もうちょっとでした。
3位にはクリステンセン。何で表彰台そんなに楽しそうなんだ。
http://www.adrivo.com/dtm/bilder/bildergalerie.php?ig=1635&ib=0075206&s=24

ついでに4番グリッドの気になるグリーン君ですが。(そりゃもう気になるさスタートが)スタートでミカとクリステンセンの2台を抜きまさかのポジションアップ。驚きました?やればできる子やないの?。(ごめん)途中まで良い位置に付けこりゃ台上がれるぞと見なおした、のに、のに…なにドライブスルーペナルティーって。やっぱり何かあるんだねぇオチが。ますます気になる存在だよグリーン君…(苦笑)

ところでラジオ。やったミカのプレカンが聴けるー!ってウキウキしながら待ってたのに何でこういう時に限って放送してくれないんだよぉぉ。(泣)表彰台すらも無くチェッカー後チャオとか何とかいう言葉を最後に無音って。再開するかもと思って5分程待ったんですけどね…ちょっと寂しかったです…。(どっこいその後放送とかだったら泣く)
とりあえずレース中の公式サイトの繋がりにくさを何とかして欲しい。
  1. 2006/10/16(月) 23:54:52|
  2. DTM
  3. | コメント:0

2006F1鈴鹿観戦旅行記 記事一覧

鈴鹿後から趣味が「腕の皮むき」になりました。大モノのピークは過ぎ、汚くなるきやめり!という周囲の忠告も無視して今は小モノでちまちま楽しんでます。一枚また一枚とむくごとに記憶も一緒に剥がれ落ちていくようで寂しい気もしますが…あぁ腕の色がまだらで気持ち悪いようぅぅ。(それ見たことか)
さてさて、とりあえず今年も記事一覧を作りました。水曜出発から月曜帰宅まで6日間の何でもない旅の記録です。そう、何でもないことばかり。特別なことはありません。
ただあの場所に、居れたことの幸せ。

*加筆更新した記事には、タイトルの横に更新日を付けていきます。
*タイトルをクリックすると、記事が別ウィンドウで表示されます。

【“2006F1鈴鹿観戦旅行記 記事一覧”の続きを読む】
  1. 2006/10/15(日) 21:56:59|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

F1速報中国GP号

兄さん!最終戦が終わったらすぐに荷物をまとめてDTMへ向かうんだ!
それが出来ないなら釣り道具一式揃えてミカの元へ走れ!
永遠の好敵手が貴方に会いたがっているぞーーーーっ!

ミカから兄さんへのはなむけの言葉。
本屋で立ち読みしながら雑誌落としそうになりました。(笑)
認め合えるライバルがいるって本当に幸せなことだと思います。
ライコネンにもいつかそんな存在ができたらいいのにな?。
で、アロンソあたりどう?どう?ちょうど赤組vs銀組だし。

あと気になっていたライコネンの跳ね馬移籍についての反応も書かれていました。
「自分のことのように喜んでいた」
「ライコネンの話に及ぶと突然目を細めた」
「実の弟を思う兄のような表情」
お、お、おにーーーーちゃあーーーーん!!(笑)
ありがとう?これからも見守ってあげてね。
  1. 2006/10/12(木) 19:11:24|
  2. F1
  3. | コメント:7

ありがとう

あーすっかり日常です。
会う人会う人に「シューマッハ残念やったね」中には何をどう間違えたのか「一番有名なのが棄権しとったね」(棄権言うなコラ)というものまで周囲の反応も大きいですが、何だかあの日々が遠い昔のことのようです。身体の疲れはまだまだとれませんけども。
とりあえずネットでGP中の画像チェックはしましたが、ニュースチェックは今更もういいやって感じです。あの場で見て聞いて感じたことが全てさ。

今年は人の思いが形になったモノを目にするたびに目頭が熱くなった鈴鹿でした。
後から読み返して自分でもビックリするくらい!マーク使いまくりのハイテンションな旅行記にはそんな気配少しもありませんが、私がリアルタイムに感動を言葉に変換出来る能力を持ち合わせていないためです。だから!が多いのか…(笑)まぁ100%中98%はアホなことや楽しむことや食べることや呑むことしか考えてなかったのも事実ですが。
でも残りの2%くらいは、感動、感謝、感慨、感傷、納得あとはーああ言葉が浮かばないや。まぁそんな感じでとっても濃い、濃縮されたものなのです。
たくさんの横断幕、ファンお手製のうちわやフラッグなどの応援グッズ、見渡す限りぎっしり埋まった客席から送られる拍手や歓声、レース直前S字から1,2コーナー客席で起きたウェーブ、レースリピート放送終了後のピエールさんの最後の挨拶やその後歴代ウィナー紹介映像でドライバーの名前が映し出されるたびに盛り上がる客席、他にも数え上げるとキリがありませんが、その全てに、一瞬一瞬に色んな人の気持ちが伝わってくるようで、「ああお前らホントに好きなんだな!」と熱くなりました。

兄さんがリタイアした瞬間は確かに言葉を失いました。目の前の光景が信じられなくてしばらく呆然としてました。でもピットに戻ってきた後チームメンバーの一人一人に微笑みながら声を掛ける兄さんの表情を見て、悔いはないんだな、納得してるんだな、と私はそんな印象を受けました。中国前だったか兄さんの「リスクを冒す」という言葉が思い出されます。テストでバカみたいな周回を走ってマシン開発してここまで全力で突っ走ってきたんだろうな。金土もバカみたいな速さを見せて、大好きな鈴鹿で最後にコースレコードの名前を刻みつけて、全力出し切って、思い残すことは無いって感じなんかな。そう思うと妙にすっきりして、これからの歴史を作っていくドライバー達のレースに集中できました。でもベネトン時代から十数年兄ファンをやっていたなおさんにはそんな簡単なことじゃない。その瞬間から最後までずっと涙が止まらなかったそうです。そりゃないよ?と呟く声が今も耳に残っています。彼女の本当の胸の内は判りませんが、レース後は泣きながら笑っていました。いいんだ、判ってるんだ、兄さんも判ってるんだ、そう言いながら、一緒に笑いました。でも出来ることなら最後までレースしてる姿が見たかったよねぇ。だって私は2001年にもそう思ったからさ。(デビに譲った時点で私の中でレース終わった・笑)
いいや、3日間これでもかってぐらい兄さんの速さを見せつけられたし堪能できた。最後の勇姿がこの目で見れた。兄さんは笑っていた。私は満足です。

そして勝ったのがアロンソってのもまたドラマチックじゃありませんか。去りゆく者と継いでゆく者。うーんすごいやこの台本っていうか筋書きっていうか運命っていうかえぇい適切な表現が浮かばないこの文章力の無さがうらめしい。とにかく、そうしてベッテル君やクビカみたいな新しい才能も出てきて、続いていくんだなぁと感慨深くなりました。まぁその直後にはしんみりした気分も吹き飛ぶ爆笑の渦に巻き込まれるわけですが。よろめきながらマシン上で命!ポーズ(本当は鶴らしい)とか欽ちゃん走りとかもうあれだね、アロンソ様はネタの宝庫だね。頼もしいったらありゃしない。一つツボに入ったアロンソ様ネタがありましたので後ほどご紹介します。くだらないこと大好き!という素敵なアナタはどうぞお楽しみに。
ライコネンはインフルエンザでツライ中よく頑張ってくれました。ていうか何で今頃インフルエンザ?さすがライコネン、訳わからん。終盤の追い上げにワクワクドキドキしました。バトン君との差から目が離せませんでしたよ。デラと揃ってタイヤ選択間違えて望むような結果は得られなかったようだけど、そ れ も レ ー ス さ。(出た)鈴鹿中デラロサのことをいつしかデラと呼ぶようになりました。デとラってホントどんな意味なんだろう。これでいいんだろうか。
他にはレッドブルトレインが何とも言えなかったなぁ。あれはね、プロモーション活動なんです。いいですか、プロモーション活動ですよ。TVで目立つことが目的です。(違)デビはいつの間にリタイアしたんでしょうか。ぜんっぜん気が付きませんでした。トロ二人の恒例1レース1スピンはもうね、若さでアタック!みたいなものだと思うことにします。イキが良すぎて困っちゃうね。そういえば決勝後トロピット撤収作業で見掛けたトニオらしき姿の件ですが、私達がトニオー!と呼んだちょっと後に、「リウッツィー!」と呼ぶお嬢さん達の声を聞きました。確かにこの耳で聞いたぞ。おおおお同志よ!でもそのトニオらしき人物は髪がホンモノよりもっさもっさあったような気がするんですよねぇ。暗くて良く見えなかったけど帽子から覗く髪の毛らしきものが長かったような?そんなこともなかったような?。これがライコネンとかだったら100%人違いと断言出来るけどトニオだからさ。エナジーステーション組立で重機運転したりトンカチ持ってたりした前例があるトニオだからさ。うーん何とも言えない。もしかしたらトニオ誕生日の時に話題になってた激似のセキュリティ担当かもしれない。でもま、おもしろいから本人ってことにしとこうかな。
ええと色々書き出すとキリがないので細かいことはまた元記事に加筆していこうかと思ってます。去年と同じく尻切れトンボになりそうな予感マンマンですが出来る限りー。(途中で まいっか って8割で満足してしまうこの性格をどうにかしたい)

来年はない鈴鹿、来年はいない兄さん、やっぱりまだまだ実感が湧きません。おそらく来シーズンが開幕した時に認識出来るのかな?なんて思っています。
レースリピート放送後のビジョンで歴代ウィナーが紹介された後、最後に真っ白な画面に映し出された一言に感極まったのを白状しときます。
「 See you again 」
きっといつかまたF1がこの思い出の地に戻ってくることを願って。
今までたくさんの感動をくれた鈴鹿に、それを作ってくれた、支えてくれた全ての人に、ありがとう。
またねっ。

あ、旅行記の誤字脱字画像の向き間違いはあえて訂正しません。
臨場感ってやつでさー。


さあてお次は睡魔と戦わねばならないブラジルですよ!
もうシーズン終わった気になってますが(笑)まだまだーーっ!
私にとってF1第二期の最終戦、いいレースが見れるといいな。
  1. 2006/10/11(水) 17:08:21|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

ただいま

皆様お疲れさまでしたー!そして日本GPに関わった全ての方にありがとうー!
夢のような時間はあっと言う間に過ぎ去り、今はただ、今はただ……ね、眠い…。
日焼けした肌はじんじんと熱を持ち、リュックを背負いつづけた肩はこわばり、ひたすら歩きつづけた足は棒のよう。しかしながら鈴鹿おろしを買い損ねた私にとってこの疲労感こそが自分への土産。確かな記憶。皮を剥き終わるまでが鈴鹿だと思い余韻に浸ることにしますよ。

今PC使えないので看板取り替えや総括はまた後日。
今日はもう寝ます。おやすみなさい…
  1. 2006/10/09(月) 22:30:59|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

昼食

20061009134831
今年は新幹線で帰ってます。飛行機使うと乗り継ぎ多くて疲労困憊した身には辛いので(苦笑)
名古屋駅で買った「名古屋ざんまい」と「名古屋コーチンとりめし」うまい☆
食後しばらく寝ていくらかすっきりしたけど首が痛い…
  1. 2006/10/09(月) 13:48:31|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

旅の収穫

20061009094700
昨日はまた携帯の充電がきれちゃいましたー。
帰宅の朝です。ダルダルです。お世話になった宿のお女将さんときっとまた来るからー!と再会の約束をして出発。現在名古屋に向かう列車の中です。

昨夜帰りに稲生駅で巨大なレッドブル缶を搭載した車を見掛けて爆笑しました。その後出店で肉まんを買ったんですが、そのとき店のおじちゃんがおもむろにこの巨大なバタピーを出して「食べる?」と聞いてきたので私はとてもナチュラルに「はい」と戴いてしまいました。肉まん250円を100円にまけてもらったしありがとうおじちゃん。
兄さんの件で少し浮かない顔していたなおさんはコレらの出来事で救われたようです。後ろで笑い転げてました。そのうち私もおかしくなって一緒に腹かかえて笑いました。イイ鈴鹿締めだ。
(隣りのポッキーは比較対象)

  1. 2006/10/09(月) 09:47:01|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

トロピット

20061008195735
撤収作業中のクルーの中に一人浮いてる人物を発見。一人だけ白い長袖Tシャツにハーフパンツ、キャップのツバを後ろに被り結構ガタイも良いナイスバディ。もりもり作業してるからまさかねぇ?と思いつつ双眼鏡で追ってたのですが、私にはどうしてもトニオに見える。試しになおさんとトニオー!と呼んでみたけど反応なかったんでやっぱり別人なのか?まぁ普通に考えてありえんだろうが…しかし似ている。
本人なら最高におもしろいぞ(笑)
【“トロピット”の続きを読む】
  1. 2006/10/08(日) 19:57:35|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

決勝後の空

20061008161412
こんなことってあるんだねぇー。
って最近も言ったばかりのような気が。アロンソおめでとう!パルクフェルメシーン面白かったよありがとう!(そっちか)
兄さん、結果的には残念だったけど、絶対に忘れない、忘れられるはずがない日本GP、鈴鹿ラストランだ!(苦笑)ありがとう!
ライコネン、最後まで見応えある走りをありがとう!
みんなみんなありがとーう!お疲れ☆

  1. 2006/10/08(日) 16:14:12|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

グリットへ

20061008134314
スタートの準備がはじまったー!
いよいよや!
  1. 2006/10/08(日) 13:43:14|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

メルセデスブースマクマシン

20061008101946
美しい?☆
えー今自分の席で腹拵えしながらまったりしているのですが、去年のなおさんに続き今年は私がやりました。ビールぶちまけ!しかも二回!人がまだいなかったのが不幸中の幸いか…。そして今年もトヨタ新聞が大活躍(苦笑)
しかし風強い?寒い?
【“メルセデスブースマクマシン”の続きを読む】
  1. 2006/10/08(日) 10:19:46|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

決勝朝9番ゲート

20061008083117
すんごいねぇ。

ああもう決勝だー!
昨日はウィリアムズを除く全チームが店じまいするまでピット観察した後買い物温泉また買い物とバタバタで限界を見ました。宿に帰りついた時には壊れて笑いが込み上げてきて妙なテンションでねぇ。
今日は燃え尽きるぞ!

  1. 2006/10/08(日) 08:31:18|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

ドラパレリハーサル

20061007173457
作業中のクルーもわらわら出てきて見学。特に跳ね馬(笑)
【“ドラパレリハーサル”の続きを読む】
  1. 2006/10/07(土) 17:34:57|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

観覧車

20061007155221
昨日の今頃撮ったものだけどついでに。
昨日と違って日が陰って風が冷たい寒いわ?。
でもインテグラは熱い☆
  1. 2006/10/07(土) 15:52:21|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

20061007154604
サーキット入りする時南ゲート付近で見ました。幻想的でしたよ?。写ってるかな?

  1. 2006/10/07(土) 15:46:04|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

トヨタ熊

20061007153958
人の波がおさまるまで暇潰しに今朝撮ったものシリーズ。
熊さん超かわいかった!隠し撮りみたいになってしまった(笑)
  1. 2006/10/07(土) 15:39:58|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

マッサ!!

20061007153240
マッサ仕事しすぎ!!(笑)
でも跳ね馬ワンツーかつ兄弟で2,3めでたいね!ルノーはどうした。アロンソの母国語インタビュー聞きたかったぞ。んでああマクラーレン…ああライコネン…(泣)
しかしコースレコードも軽く破る技術の進化。V8とか関係ないね。すごいな?。
  1. 2006/10/07(土) 15:32:40|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

E2席から

20061007134321
これは頂上からの眺めだけど自分の席も相当高くて絶景!
ただ暴風が下界の5割増しくらいに感じます。写メ撮る時飛ばされそうでかーなーりー怖かった!トロ帽子はもちろん飛ばされました。本日二回目。
  1. 2006/10/07(土) 13:43:21|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

オールージュか

20061007124641
地下道からバックストレッチへ登る坂道は探検隊になった気分になる。(下る時も)昨日は大変だったろうなぁ。
しかし堪える…(苦笑)
  1. 2006/10/07(土) 12:46:41|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

セッション終了したけど

20061007122827
いやな雲が出て来た…
セッション中もパラパラ降ってました。
  1. 2006/10/07(土) 12:28:27|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

フリー3

20061007111111
始まったー!
けど画像はさっき食べてたフードコートのプルコギ&塩焼きそば。プルコギはピリ辛でビールにぴったり旨い☆あと一緒に買った手羽先あぶり焼きをこれから食します。ちなみに牛串はすでに戴きました。食べ過ぎか…
  1. 2006/10/07(土) 11:11:11|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

スプーン

20061014140038
またまた来ました。
暑いねー!風強いねー!ビールがうまいねー!
  1. 2006/10/07(土) 10:30:39|
  2. 2006F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。