宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

素晴らしき芸人魂

この週末フィンランドで開催されたボートイベントに遊びに来たライコネン。
何かと騒がしい折ですのでなるべく目立たぬよう対策もバッチリです。
彼なりのこだわりなのでしょう、非常にクオリティの高い ゴ リ ラ に変身。
一切の妥協を許さない完璧なまでの変装ぶりに感服いたしました。
絶対にバレようがありません。ちょっと頭のお花畑が満開なのかなと遠巻きに見られるくらいです。(スッパ抜かれてるじゃん)

ボートでくつろぐゴリラ。
ビール片手にゴリラ。
仲間もいっぱいゴリラ。
暑くないのかゴリラ。

グ レ イ ト

この人のファンであることを誇りに思う。
でもシロクマならなお良かった。
惜しい!

(写真付き)
http://www.iltalehti.fi/viihde/200707296407828_vi.shtml
スポンサーサイト
  1. 2007/07/30(月) 15:14:38|
  2. F1
  3. | コメント:2

ちょっと気になるネタ

ヨーロッパGPのフリー&予選の放送を改めて観直しました。
いつも解説陣の話をろくに聞いてないもんで新たな発見がいっぱい。(我ながら間違ってると思う)
予選の120%ルールのこともちゃんと語ってくれてたんですね。あと跳ね馬についてニュルでも速かったらどこでも速い、次の3戦も有利とか言っていて今更ですが喜びました。ハンガリーはあまり期待できないかもと思ってたもんで。人の話はちゃんと聞いたほうがいいよ。>自分
以下気になったことを箇条書き
・跳ね馬ピットにダニー・バハール氏らしき人がいておおっと思いました。トッドの息子と話していたナイスミドル、あれ多分そうですよね。相変わらず素敵?。
・マクピットウォールにいたメガネのエンジニアさん、ハミルトンクラッシュ時にロンと話したりよく映っていたナイスミドルが気になっていたのですが、チーフエンジニアのパット・フライさんだったんですね。ちょっとときめきました。マイリストに追加します。(何の)
・新しく誕生したニックの息子の名前が「ヨーダ」と聞き、やはりニックのそのヒゲはマスターオビ・ワンを意識してのものだったのか!と一人ガッツポーズ。それなら「アナキン」と付けてくれれば完璧だったのにナゼに緑の妖怪を!と思いましたが奥さんが名づけたんですね。しかも奥さんは映画で使われている名前とは知らなかったそうな。ニックは知ってたけど単に音が気に入っただけなそうな。誰か奥さんに映画見せてやろうよ。
http://response.jp/issue/2007/0726/article97348_1.html

■ハミィ「うわ?!?僕クレーンにつられちゃってるよ?!」
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/
CK2007072402035144.html
ハミルトンがコースオフしてクレーンで吊られた時のチームとの無線内容といわれるものが出てるんですけど…
ちょっと!なんじゃコレ!(笑)
すごいパニック状態じゃないの。
もうダメだーとかどうしたらいいんだーとか…か、かわええ?

「極秘入手した」ってあたり胡散臭さは否めませんがおもしろいからイインダヨー
でも予選でクラッシュした時も自分のミスと勘違いして自分のバカバカバカーッ!って足をバタバタ動かして地団太踏むくらいだし納得できるかもしれん。
ああ見えてもやっぱり新人君なんだよなぁ。あまりの活躍に忘れてた。(笑)
ちょっとかわいく思えたエピソードでした。
ついでにピットレーンミスった時のライコネンの無線とか落ちてませんかね。おもしろそう。

■2008年F1カレンダー
http://sports.jp.msn.com/article/article.aspx/genreid=13/
articleid=179372/

3月16日 開幕戦 オーストラリアGP
3月23日 第2戦 マレーシアGP
4月6日 第3戦 バーレーンGP
4月27日 第4戦 スペインGP
5月11日 第5戦 トルコGP
5月25日 第6戦 モナコGP
6月8日 第7戦 カナダGP※
6月22日 第8戦 フランスGP
7月6日 第9戦 イギリスGP
7月20日 第10戦 ドイツGP
8月3日 第11戦 ハンガリーGP
8月24日 第12戦 ヨーロッパGP(バレンシア)※※
9月7日 第13戦 イタリアGP
9月14日 第14戦 ベルギーGP
9月28日 第15戦 シンガポールGP※※
10月12日 第16戦 中国GP
10月19日 第17戦 日本GP
11月2日 最終戦 ブラジルGP

(日付は決勝日)

※暫定
※※サーキット承認が条件


全18戦、アメリカが抜けてバレンシア、シンガポールが仲間入りと。
フランスは残ってますね。あれだけ最後最後と騒がれて…また赤牛のプレビューが楽しめるのね。(笑)
最終戦が11月2日ってこんなに遅いのは私が見始めて初めてのことじゃないかな。長く楽しめて嬉しいです。
トルコが5月か。夏休み明けのイメージがあったからちょっと違和感。ただスペインからトルコ行ってまたモナコに帰って次はカナダってこの辺大変そうだなぁ。
日本は10月19日。これはもしや祝日の恩恵にあずかれない?むぅ。
あ、今年の日本GPは諸般の事情により泣く泣く断念しました。跳ね馬を駆るライコネンの勇姿をこの目で見たかったんですけどね…残念です。テレビの前で一生懸命応援したいと思います。来年こそはきっと!
  1. 2007/07/29(日) 12:50:53|
  2. F1
  3. | コメント:0

ハミーが斬る

昨日のスポルトでブリヂストンのハミーが「タイトルの条件」みたいなテーマでトップ4をそれぞれ分析してましたがまぁ興味深い内容で。
ライコネンは「良いドライバー」ですってよ奥様!おお褒めていただけて嬉しい。
マシン(レース?)について冷静に話すことができるみたいなことをおっしゃってましたが、ふふん周りが思っているより賢いのよライコネンは?(byメガネのマークさん)
総括して「一発も巡航も速いがトラブルにつきまとわれる」と。

ハミー…あなたまでそんなこと言うの…
もっと科学的な根拠に基づいた分析をお願いしたい。
いや統計学的に見れば紛れもない事実だろうけどさ。じゃあなぜトラブルが起きるのか、とかそういうのを知りたい。きっと本人が一番知りたがってると思うが。
ライコネンのドライビングに問題があるのか、チームがライコネンの注文に応えようとした結果ギリギリの開発になってしまうのか、ライコネン自身から何か出てるのか、とかなおさん宅でレースを見ながらたまに話題にしたりします。いつもバカばかり言ってるわけじゃないのよ私らも。まぁ結論は出ませんけども。もはや永久のラビリンス。

アロンソについては「勝負のあやを判っている」と勝負師ぶりを強調。
うん、うまいよねーこの人は。だからおもしろい、魅せられる。
マッサは「速いが集中力を欠いたらダメになる」とメンタル面を指摘。
ふむ。だからこそノッてる時はおもしろいんだろうけど。
そしてハミルトンは…なんだっけ、忘れた。ただやたらと兄さんに重ねてたような。ドライビングも研究熱心なところもマイケルのようだと。そしてこの人にだけいずれチャンピオンになるだろうとコメントしてるんですよね。長年兄さんと一緒に戦ってきたハミーにそこまで言わせるなんてすごいのねハミルトン。

ドライビングのテクニックはもちろんのこと、リーダーシップを取れること、チームのみんなのおかげだよと謙虚さを忘れないこと、これが大事らしい。
さぁライコネンはどうでしょうか。(笑)(何の笑い)
今回予選のパルクフェルメではメカニック達をポンポン叩いて労うあるいは感謝するようなアクションが見られました。いいよね?ああいうのは。ラテン系には特に。
まずは信頼関係の強化。リーダーシップの話はそれからだ。
でもリーダーシップといってもいろんな形があると思うのです。兄さんのような形、ミカのような形。要は「この人のためなら」と思われる存在になること。これが一番大事なことじゃないかなぁと。

ところでマッサvsアロンソの喧嘩シーンも字幕つきで紹介されてましたが三宅さんがめちゃくちゃ楽しそうで笑えました。「不謹慎化もしれませんが」っていえいえとんでもない。
それにしても二人とも喧嘩できるくらいイタリア語がしゃべれるのね。いいな?。


昨日運命の日を迎えたマクラーレン。
結果は「フェラーリの情報を不正に使用した証拠が不十分」としてお咎めなし。とりあえずは一安心です。
だたし今後何か見つかれば今季だけでなく来季もチャンピオンシップから除外するかもとのこと。
でも情報を所持していたことは違反と認めています。またいろいろ論争を呼びそうだなぁ。
  1. 2007/07/27(金) 12:35:02|
  2. F1
  3. | コメント:0

ヨーロッパGP

ライコネンコラムってこういう時に読むものだと最近思う。(逆に上手くいったレースのコラムにはあまり興味がわかない)
ドイツとの相性の悪さを改めて思い知ったようです。自分はニュルもホッケンも大好きなのにサーキットから好かれてないみたいと嘆いています。なんてせつない片思い。魔物さんに溺愛されてるせいで他が寄りつけないのねきっと。どこかにヤツを退治してくれる救世主はいないものか。
また来年頑張るとリベンジを誓っていますが確かホッケンと隔年開催だったような。げ、本陣やんけ。頑張ってよウマー!

というわけでレース完走もとい感想。
変換一発目で「完走」が出るって…(泣)

【“ヨーロッパGP”の続きを読む】
  1. 2007/07/26(木) 21:29:40|
  2. F1
  3. | コメント:0

悲喜こもごもにニュル一言

うきゃああああウェバ君表彰台おめでとーーー!!

今回は何か賭けておりませんのか代表!裸踊りとかナンとか!
デイビッドも5位ゲットでウハウハやー!

いや?すんごいレースでした。
これでもかってくらいのドラマがてんこもりでおもしろかった!
そしてわかりました。ドイツとの相性の悪さは本人の問題だったということが。予選まではチームの方だと思ってたのによ…甘かったぜ…
しかしここまでとはもう元の相性の悪さに加えホッケンの魔物さんが出張してきたとしか思えない。今年はライコネンに会えないと知って日曜の朝急いで駆け付けてきたんだきっとそうだ。そしておなじみの愛情表現を徹底的にやってくれたんだきっとそうだ。このドSめがー!
そしてシューミー症候群のジンクスも順調に更新。こ、これは…。クロスフィンガーはライコネンには逆効果なのよ兄さん。
あ、ポディウムにいて目ん玉飛び出るくらい驚きました。もう爆笑。ロンにトロフィーを渡すことになるなんてねぇ(笑)
  1. 2007/07/23(月) 12:42:26|
  2. F1
  3. | コメント:0

ふぁいなりー!!

ついにポール!
やったねライコネン!

でも待ちわびた瞬間なのにあんなことがあった後で純粋に喜び爆発!って感じにはなれなくてね…ワンテンポ遅れてのガッツポーズになりました。ああもったいない。
とにかくハミルトンが無事で良かった。レースにも出られるようでほっと一安心です。
決まりとはいえ点滴とかストレッチャーとかその光景を覆って隠すとかもう?心臓に悪いわ。ガレージ内のアロンソ号の周りのただならぬ雰囲気とかアロンソ本人の落ち着かない様子とか心配そうなロンの表情とかも。
タイヤガンの故障が原因らしいがマクよ…やっぱりホームは鬼門なの?

■ライコネンのおばあちゃん登場
http://www.itv-f1.com/Feature.aspx?Type=Gravel_Trap&PO_ID=40124
お誕生日とか聞いたような気がします。が、気のせいかもしれないので聞き流して下さい。
国際映像にも登場してましたが笑顔の素敵なかわいらしいおばあちゃんですね。
なにやら面白い記事を見つけたのですが(上記)、予選プレカン前おばあちゃんがつばで湿らせたハンカチでライコネンのほっぺをせっせと拭いていて、それを見た数人のドライバー達にちょっとした笑いが起きたらしい。
はぁんおばあちゃんったら…!大の大人にこの甘やかしぶりは一体。もしやライコネンはおばあちゃんっ子?しかしつばで拭いちゃうあたりがおばあちゃんだな(笑)
それでですね、プレカンでそのおばあちゃんのことを聞かれてるんですけどね、

Q.ピットにおばあちゃんがいたけどポール獲った後話す時間はあった?
A.僕はここにいるんだよ。で、何を考えてる?

それは「そんな時間あるわけないだろう一体何を聞いてやがる」という意味ですかライコネン。
ではその椅子に座る前にハンカチでほっぺを拭いてもらったことはどう説明するのですかライコネン。
ははーん、照れてらっしゃるの?いや、それとももしやガセネタ?いやいやそれだけは勘弁。

ここで記者はめげずに質問を続け、

Q.しかしこれはあなたの今年2回目のポールだから(それに居合わせて?)幸運なような…
A.ああ、でも彼女は最初の時いなかっただろう?だから何も変わらないよ。でも多分彼女には(現場に来るのが?)最後のレースになるだろうから素晴らしいね。彼女はとても興奮してるしイイね。

ちょっと誤訳率高いですが…おばあちゃんこれが最後の現地観戦なの?そんなもったいない。んー誤訳かもしれん。でも喜んでるのだけは伝わってきたからいいや。(いいんか)

で、話したのか話さなかったのかは応えずじまいと。(笑)
いやぁ?ほほえましいお話ですね。
  1. 2007/07/22(日) 20:06:28|
  2. F1
  3. | コメント:0

ヨーロッパGP初日

鬼門ドイツです。
「速いのにどういうわけかいつも何かが起きやがった」ドイツです。
本人の問題なのか在籍したチームの問題なのかいよいよ白黒はっきりする時がきました。
「こっちが何をやっても最後は赤いマシンが勝った」「ここではミハエルが無敵に感じた」と遠い目で過去を振りかえるライコネン。故に跳ね馬で迎えるレースを本当に楽しみにしている様子。
達成なるかハットトリック!しかしその前に無事走りおおせるかライコネン!
また一味違うスリルとサスペンスでドキがムネムネです。
祈りましょう。えーと今まで一番効いた応援はなんだっけ。Good Luck?

2回目フリーはその前に降った雨による路面状況の変化&強風で難しいものとなったようですが、とりあえずショートランでトップタイムをマーク。ハンドリングに改善の余地はあるものの順調とのこと。
一つ気になるのがバルディッセリの言うソフトタイヤ時のパフォーマンス。確かにタイムの落ちがマクより大きいような。でもライコネンは両スペックともいいよいいよーとコメント。何だろ、謎だ。どんな条件で走ってたのかな。

さあ今度こそポールを!
これが今GPにおける私のメインテーマです。
ポール獲れたら後はもうどうでも良い。嘘です。フランス、イギリスと未勝利の地をたて続けに制覇できたのでこのままの勢いでえいやとやっつけて欲しいです。
そういえばもう一つのジンクス、シューミー症候群もあったな。兄さん決勝日もいるよね?むしろいてくれ。これで勝てたら本物だ。
しかしシューマッハコーナーでリタイアなんてことになったら…ある意味最高(笑)
いかんいかん縁起でもないことを書いてしまった。神様見なかったことにしておいて。


■メルセデスインターネットTV
新しく開設されたこのコンテンツでメルセデスがとんでもなく良い仕事をしているとの情報をいただき、早速確認してみました。
お目当てはミカ、アロンソ、ハミルトンの3人が豪華共演を果たしているメルセデス新CMとそのメイキングです。
以下感想

なんっっじゃこりゃあああああ!!!!

先生!この興奮をどう言葉にすればいいのかわかりません!
アロンソvsハミルトンの攻防が可愛すぎる!
ミカのオチの掻っ攫いぶりが素敵すぎる!
ヤバイなんてもんじゃない!何て言うかもう大都会のスクランブル交差点のど真中で木を切り倒してたーおーれーるーぞー!とか叫びたい!(激しく動揺中)
はあ?ちょっともう全身の毛穴が開くくらいテンション上がりました。モエながら腹抱えて笑いました。演じている3人も素で楽しそうだし素晴らしい最高傑作です。マーベラスワンダフォーです。まだご覧になっていない方はぜひこちらからどうぞ。
http://www.mercedes-benz.tv/
(画面左上に表示される「Exclusive:Formula One TV spot」のstartボタンをクリック)

メルセデスのCMって毎度ホントよく出来てると思います。出演者のキャラとか関係性をネタにするのが上手い。あ、ただアロンソ様が一人で出演しているヤツ(友達に車の素晴らしさを必死にアピールして最後に試してみてと鍵を渡すやつ)はまだキャラを活かしきれてなかったな。あれは見てるこっちが照れる。(何故)
しかし何でこういうのを去年とか一昨年とかにやってくれなかったかなーー…(だからそれは出演者のキャラの問題だろう)

このウェブTVではメルセデスのいろんなイベント情報も満載。あれだね、赤牛のブルズアイと同じような作りですね。
しかし週間ニュースみたいなコーナーがありましたがホントに毎週更新されるのかな。先日ハミルトンが出席したイベントには何故かデビの姿もありましたがまだ何かしら関係があるのでしょうか。鈴鹿でも未だにメルセデスで通勤してたような記億もあるし。好きなだけ?
  1. 2007/07/21(土) 15:20:54|
  2. F1
  3. | コメント:0

今更な話題でアレですが

◆07/18(水)訂正◆
107%じゃないよ120%だよ!
いつの時代の話をしてるんだ私は…
というわけで下記の107%という表記はすべて120%の間違いです。(恥)

ついでに今年の予選ルールを調べてみたら、返ってくる燃料はQ3の「周回分」じゃなくて「消費分」って表現されてるんですね。よく考えたらノロノロ運転防止のための120%ルールだったんだからそれもそうかも。
決勝前に給油できるのはQ3中に消費した燃料量=Q3終了時のタンク残量に使った分を戻す=結局Q3スタート時のタンク量に戻るってこと?
しかしそれじゃケチケチ運転の意味が判らなくなる。そもそもあれはケチケチじゃなかったということか。普通に走るよりノロノロ走った方が何か得だったということか。Q3セッションでチェッカー受けた後ノロノロピットに帰ってくるマシンがいるけどもしやチェッカー後の消費分は戻りの対象外だとでもいうのか。
となるとピーターさんの言わんとすることがよく判らなくなる。うー頭がこんがらがってきたぞー。やっぱ「消費分」って単語の中に「周回分」って意味が入ってるとしか…(解釈が十分じゃないとこうなるという良い例)
もしや「replace」の意味を取り違えてる?消費分を注ぎ足すんじゃなくて「入れ換える」方?

↓参考にしたレギュ
In the first two 15-minute sessions, cars may run any fuel load and drivers knocked out after those sessions may refuel ahead of the race. However, the top-ten drivers in the final 15-minute session may only replace the fuel they used during that session before the start of the race.

ああわからない…
これ以上深く考えるのはやめとこうか…

◆さらに追記◆
わかりました!
ただの考えすぎだったってことが…!(笑)
去年のレギュでも「周回分」じゃなくて「消費分」って表現されてたんですね。
返せ!モヤモヤした時間を返せー!(自己責任)
あー今度こそすっきりした。
しかし今ピーターさんの記事見直したらバッチリ「107%ルール」って書いてあるんですけど…誤植?




今年予選の107%ルールが無くなってたなんて今日初めて知ったぞーーーっ!

週間オートスポーツ7/19号のピーター・ウィンザー氏のコラムを読んで知りました。
ライコネンの仏GP予選Q3のやり方について「新しい戦略」と語ってるんですけどね、なんっだよなるほど納得!何であんなに未練たらしくいつまでもコース上に残ってたのかようやく理解できました。今年はタイム関係なく走った周回分の燃料が返ってくるんですね。燃料ケチケチ運転で周回稼いでたんですね。どうにも理解できなくて逆に燃料捨ててるのかと無理矢理思ってた(笑)当時プレカンでなんで長くとどまってたの?てツッコまれてたけど「予選が終わらなかったから」とライコネン節が炸裂してたので気に留めなかったんですよ。余分な周回数を走ったことを認めてたけど明らかに107%オーバーやろーありえんわーって気に留めなかったんですよ。ありえんのは私の方だった。いやーすごいすっきりした。
何を今更って話でしょうが最近周回毎にタイムがバラバラだったから密かに心配してたんですよ?何とか107%の範囲内なんだろうな?なんて適当なこと思ってたけど?。(面倒だから自分では計算しない)

このやり方についてウィンザー氏は「チャーリー・ホワイティングでさえこうしたことが起こる可能性を否定していたほど」と語ってるんですね。
誰ですかこの戦略を考えてGO出したのは。
ダイヤーさん?
すごくない?
確かにリスクはあったし結果的に上手くいったから良かったものの、もうねスッゲースッゲーと感心しながら思わずレジに向ってしまいました。今回ばかりは手元に残しておきたい。

しかしつくづく思いました。ルールはしっかり頭に入れておいたほうがイイ。(今更)
  1. 2007/07/17(火) 23:48:59|
  2. F1
  3. | コメント:0

スパテスト

マク公式にあるアロンソ様の新作CMを見ました。ちょちょちょっとアレは一体なんですか。
モーターホームのベッドですやすやとおやすみ中のアロンソ様の姿をただひたすら流しつづけるというどこ狙い?的な逸品です。全身から寝顔のアップ、部屋の入口からベッドへと徐々に近づいていくカメラアングルは「オハヨーゴザイマス」のささやき声をナレーションで付けたくなるようなアヤシゲな雰囲気を醸し出しております…(笑)
で、結局何のCMなのかさっぱりわからん。ただファンにはたまらんやろということだけは確かです。もうあれはアロンソ様自身のプロモーションビデオということでよろしいでしょうか。この夏最高のヒットの予感!バーニンフェルナンド?戦士の休息?お見逃しなく!(途中から暴走入りました)

さて前置きが長くなりましたが先週のスパテストですよス・パ。スパが帰ってきたー!
ここをテストに使うなんてすごく贅沢に感じます。絶対テスト向きじゃないけど。改修してどんな感じになったのかレース本番が待ち遠しいです。
多少スパウェザーの影響はあったもののなんとかドライもいけたようで。フェラーリは初日を除いてトップタイムをマーク。順調かな?
ライコネンは最終日のみ担当。いつものようにインタビューが出てます。
http://www.autosport.com/news/report.php/id/60735

寝起きですか?
なんだこのさっさと終わらせたい感ありありのテンションは…(笑)あ、でも最近妙にテンション高かったからそう感じるだけかもしれない。いつものシンプルライコネンが戻ってきたのね。
恐らくランチタイム頃にとったインタビューなのでしょう、具体的なテストの感触には触れてませんが多くのドライバーが狭すぎて危険だと指摘しているピットレーン入口について一言。
「そんなに速く入らなかったから判らないな。ちょっとトリッキーかもしれないけどOKだよ」
OKなのかライコネン。それでいいのかライコネン。まぁ夕方には感想も変わったかもしれないね。
おまけでもう1つ。

Q.タイトル獲得のためには多くの運が必要だと思う?
A.運はそんなに必要ない。良い車と良いレースが必要だ。それは僕らが目指しているものだ。

幸運はいりません。不運が無ければ良いんです。そういえばちょっと前によく願ってたな…(笑)

テスト初日のマクガレージにはロンやウィットマーシュの姿もあり並々ならぬ気合を感じます。例の件でゴタゴタしてるけどデビと同じく潔白を信じてますよ。まーがったーことーがだーいきーらいーローオーンデニスです!てな感じで。(つかこんなやり方はプライドが許さんやろと。やるなら徹底的に完璧にやろと)(そっちか)
あとクリエンがスパイカーをテスト。このままレースシートをゲットできますでしょうか。しかしそれが将来的に良いことなのかどうか…。その前にスポンサー多そうなカーティケヤンに持って行かれそうな気がする。(苦)
それからもう一人、ボーデも登場しましたねぇ。ラストチャンスとか言われておりましたがどうでしょう。色々気になります。いろいろいろいろ絡んでくるので。

【今テストの1枚】
「あ、ファンなんです!」
「あ、ども」

ってな感じに見えるアロンソ様の握手の求め方。

別アングル
「ヨー調子はどうだいブラザー」
「ボチボチでんなー」

好敵手への道をあたたかく見守り隊
  1. 2007/07/16(月) 18:45:58|
  2. F1
  3. | コメント:4

DTMムジェロ

ミカ今季2勝目おめでとー!

15番グリッドスタートがナイスタイミングのピット戦略とセーフティーカーのおかげでミラクル大逆転勝利。
いや?奇跡的な展開でした。

今回所用でリアルタイム観戦をあきらめていましたが、帰宅して結果を見ようと公式を覗いたら丁度スタートしたところですんごいラッキーでした。いつもと違って夕方スタートだったのね。
ウェイトの差かメルセデス勢は悲惨なグリッドだったので今回はアウディかな?とあまり期待せず見てました。途中何度も睡魔に襲われ…気がつくといつの間にかミカの順位がコロコロ動いているという不思議な現象が…(笑)
2度目のピットストップを終えた直後にセーフティーカーが入り、気がつけばミカの名前がありえない位置に。え?トップ?またLTおかしな動きしてんの?(ここのLTは普段から怪しげな動きをする)と意味わからん状態。セーフティーカーで上位陣が軒並みピットに入ったおかげでこんな奇跡のような展開になったんですねぇ。さっきニュース動画見てその瞬間のすごい光景に笑いさえこみ上げてきました(笑)やーこんなことってあるんだなぁ。
その後はポールスタートだったエクストロームをなんとか押さえ込んでトップチェッカー。抜かれやしないかとハラハラでしたがゴールまで守りきれてよかった。
アウディ勢は予選は良かったのにマシントラブルやらピットストップミスやらコース上でもミスがあったりでふんだりけったりだったような。トムチェックのあのスピンは一体何だったんでしょ。

ミカの言葉を借りるなら「Life is just amazing」
まさに。何が起きるかわからない驚きに満ちている。そんなレースでした。

2位エクストローム、3位が久しぶりの表彰台ディレスタ君。おめでとう!
エクストロームが頭一つ抜けランキング単独トップに。2位から6位までが5.5ポイント差でひしめき合ってることもあり残り4戦どんな展開が待っているか楽しみです。

今回はムジェロということもありフェラーリF1マシンのデモランイベントが行われたそうで。バドエルが登場。
今年はF1デモラン率が高いような。気のせいかな。
  1. 2007/07/16(月) 12:18:43|
  2. DTM
  3. | コメント:0

イギリスGP

【今GPの一枚】
ライコネンチーム集合写真@ピットガレージ
その1
その2

今回はチーム集合写真の他に担当メカニック達との集合写真までありました。前回マッサチームの分は出てたけどライコチームのは初めて見た。こんな雰囲気の写真ってザウバー時代以来久しぶりじゃなかろうか…私が知らないだけかもしれないけど…。やぁ良いもんですねぇ。えがおのーキーミがすきー♪ラテンチームってすげー!
それにしてもマークのあんな嬉しそうな顔初めて見た。はじける笑顔☆

レースのハイライトは2回目ピットストップ前の数ラップでしょうが、私が一番燃えたのは1回目ピットストップ前、ハミルトンがピットインしてからの猛プッシュでファステストを出した時です。今回はLT観戦だったのですがまー燃えました。画面上に次々と表示される赤紫色の数字にうお!?なんじゃこりゃ!?と大興奮。それまでライコネンはハミルトンの後ろで燃料セーブしながら走ってたらしいけどそうとうだったのね。どのくらい稼げたのだろうか…。
今回は跳ね馬に分があったようだけど、ライコネン曰くサーキットの特性に左右されるとのこと。もちろんそれだけじゃないだろうけど一つの目安にはなりますね。次のヨーロッパはどんな感じでしょう。ニュルのコースってパッと思いだせん…。でも「欧州真夏の高速3連戦」とか聞いたことあるぞ。ということはまた高速サーキット?跳ね馬くる?でもマクも雪辱に燃えてるからな?楽しみだ!

フィンメディアが伝えるところによると、フィニッシュラインを越えた後ライコネンはチームにこう言ったそうな。
「Thank you for the great race and sorry for my mistake in the qualifying」
素晴らしいレースをありがとう、予選ミスってごめんねって…
だぁぁありがとうとごめんなさいをちゃんと言える子に悪い子はいねぞー!(珍しい姿に動揺中)
予選のミスをどんだけ悔やんでいたかが伝わってきます。プレカンでもどれくらい怒ってた?なんて聞かれるくらいだし相当だったんだねぇ。しっかり挽回できて良かった。
ウィニングラン中両手を挙げてモイモイ喜びを表現している姿がなんだか先輩フライングフィンとダブりました。嬉しそうだった。でもやっぱり叫びはしなかったらしい。(そりゃそうだ)

でもほら今回はミスったおかげでレース展開がおもしろくなったよ。ポールスタートだったらきっと一人旅でつまらんレースになったよ。その辺神様はちゃーんと計算ずくで…(笑)
アロンソのギャンブル戦略とハミルトンのセッティングミスも盛り上げ要素の一つだなぁ。プレカンで明かしてましたがいつもは二人似たようなセッティングのところを今回は変えてきたそうで。アロンソは金曜夜通しでリアエンドを改良して土曜は見違えるほど良くなったと。へへへグッジョオ?ブメガネのマークさん。ただこれまで二人のセッティングにそんな差がなかったと知り少々驚きました。以前メガネのマークさんが二人のスタイルについてアロンソはモンちゃん・デビ寄り、ハミルトンはライコネン・ミカ寄りと言ってたのを見かけたもんで。アロンソのセッティングもますます好みに詰められているってことなのかな。いい感じじゃな?い。アロンソ様がケチってハミルトンにデータ見せなかったってことはないよね…最近そんな話題があったけどチームにとってプラスにならんことはロンがさせないよね…。どうだろ、この辺妄想するのもまた乙なもので(笑)

ところでマッサのエンジンストールは何だったんだろう。ミスじゃなさそうだから新しいスタートシステムに不具合があったとか?しっかり解決できますように。
これで結果に影響するようなマシントラブルは3回目かな。開幕戦のマッサ、スペインのライコネン、今回のマッサ。ということは次出るのはライコネンか!(何の法則)かかってこいやー。
それにしてもマッサのオーバーテイクショーはすごかった?。おもしろいくらいサクサク抜いてたな。鬼を見た!

■おもしろかったので久しぶりにポディウムシーン特集
・台裏でスタンバってるシーンで何事か言葉を交わし笑顔のライコネンとアロンソ。なんだなんだイイ雰囲気じゃないか。某先輩方のようなお互いを認め合う素敵なライバル関係に発展希望。
・ライコネンの髪が妙に赤っぽく見えてもしや二勝目記念にロッソに染めたのか?と一瞬あせった。だってほら、開幕戦勝利の喜びのあまりタトゥー彫っちゃうようなオチャメさんだからさ、皮膚の次は髪の毛かと。たぶん光の加減か何かでそう見えたんだろうな。
・台に乗った直後すごぉく嬉しそうな笑顔が出たライコネン。人差し指立てて「いっちばーん」とかガッツポーズで「おー」とか「いえーぃ」とか喜びのアクションも見れてホックホク。でも表情がともなってないから動きの割に嬉しそうに見えないというオチ。
・前回の教訓を生かしボトルを上から落とさず人に預けたライコネン。酒を地面に散らすなんてきっと彼の中ではありえないこと。一滴も無駄にせず美味しく戴きましょう。(ただクルーのところまで届かなかっただけとかいう現実は無視)
・でも今回は飲む前に先に振ったよね?振ったよね!?よっっっぽど嬉しかったんだろうな?。
・アロンソ様熱烈なシャンパンシャワーありがとう。なのにすみません迷惑そうな顔しちゃってあの人ったらもう…でもあれ多分耳か何かに入ったぞ。
・放置プレイのジル・シモン・マフィア顔。かけてあげて!ライコネンかけてあげて!
・ルイス君はフェルナンド兄ちゃんにかまって欲しそうだった。何のレスポンスもなくてちょっと可哀そうだった。大人のふりをするのはやめたのねアロンソ様。まぁそこがおもしろいんだけど。
・ルイス君はキミ兄ちゃんにかまって欲しそうだった。何のレスポンスもなかったけどいつものことなのでしょうがないと思った。めげずに頑張れルイス君。反応が返ってくるその日まで。
・結論:台上で最も大人なのは22歳の新人ルイス・ハミルトン


あとイタリアメディアがおもしろいことになってるのでツッコんでおきます。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=f1&a=20070710-00000100-ism-spo

シューミのような大勝利」
「ライッコネン、もしくはシューマッコネン、どちらでも好きな呼び方をして欲しい」
byトゥット・スポルト紙


呼べるかそんな妙チクリンな名前!

キミはフィニッシュラインを超えても、ミハエル・シューマッハのように無線で喜びを爆発させることはない(キミ曰く、自分のスタイルではないとのことだ)。表彰台でアクロバティックなジャンプを披露することもない。しかしこれまでに比べると、フェラーリで3勝目となる今回は、表彰台から数メートル下でメカニックたちがイタリア国歌を大合唱している時に、少し頭を動かしたり、微笑んでいるような印象を受けた。まさか超チャンピオンのシューマッハよりも早く国歌を覚える気なのだろうか!
byガゼッタ・デッロ・スポルト紙


安心しろ考えすぎだ!

いや?イタリアっておもしろい国ですね。


あ、あともうひとつツッコミ。
地上波実況でライコネンとアロンソのことを何度も「2000年デビューの8年目!」とシャウトしてたけど、2001年デビューの7年目ですから。モンちゃんも一緒だった花の2001年組ですから。2000年デビューはハタチのルーキージェンソン・バトンですから。そこんとこよろしく。
  1. 2007/07/11(水) 00:23:24|
  2. F1
  3. | コメント:2

イギリスGP一言

ぎゃわーー二連勝!!
おめでとうライコネン!


いや?嬉しい。気分爽快っ。

ポディウムにマフィアが紛れ込んでいる…!と思ったらエンジンディレクターのジル・シモンさんだったんですね。
顔怖いけどライコネンの後ろで両手広げてばんざいばんざいしている姿は微笑ましいものがありました。
どっからどう見てもマフィアだけど。
  1. 2007/07/09(月) 12:26:49|
  2. F1
  3. | コメント:0

サンタンデル・イギリスGP予選

サンタンデルとサンタンデールどっちが正解か悩みます。
それ以前に今まで「サンタンダー」だと思ってた。
マクのGPプレビューのおかげで一つ賢くなったよありがとうアロンソ様&ハミルトン。

久々に感情のビックウェーブを体感した予選でした。やーおもしろかった!
最後はもう一気に天国まで昇天したかと思えば昔ギリシャのイカロスのように蝋で固めた鳥の羽が溶けて一気に墜落、みたいな?
ギャアアアアキタアアアア!!!ッ!?ノオオオオオオウ!!! みたいな?
その後一瞬放心状態に陥りましたが、久しぶりにこんなに大騒ぎできて楽しめたから良いんですよ、良いんです…。2戦連続ミスでポールを逃したけど攻めた結果なら。それだけ攻められるまでになったと思っとこう。今のところはね、今のところは。そうさ、とんとん拍子に「あと一歩」が達成できたってつまらないじゃないか。お楽しみはもう少しとっておけと。そういうことですね神様…!(どうも最近こっち方向にいってしまう)

初日から珍しくショートランをやってみたりとなんかいつもと違うぞコレ予選狙ってるぞコレと期待をむくむく膨らませておりました。今回は今までと違ってマッサより軽い可能性も考えられるかも。ポールを獲りに行ってそれが叶わなかったのは確かに残念なことだけど、「ポールを獲りに行く」方向性への変化を感じられたので私の中では半歩前進。逆にいつものようにマッサより重くてもそれはそれでよくやったと言えます。(Q3のラップタイムの推移からはこの辺りがよく読み取れん…なんてヘンテコなタイムで走ってるんだよライコネン…)
問題はマクとの燃料差。スタートはそうですね?確かに汚れてる方のグリッドだし後ろの燃えているアロンソ様も怖い存在ではありますが、前戦で見せた改善が本物なら今回もしっかり決めてくれるはず。期待したいです。頑張れライコネン!
しかしハミルトンポールの瞬間のマククルーの盛り上がり様はすごかったな?(笑)

■予選プレカンの一コマ
Q.キミとフェルナンド、もし明日勝ったらラジオで叫びますか?
ライコネン:たぶん叫ばないよ(笑)
アロンソ:たぶん叫ばないよ

ハミルトンが喜びのあまり叫びすぎて声が枯れたってところから出た質問だと思うのですが、ライコネンはともかくアロンソ様は意外な回答だな。しかも後ろの(笑)が無いのはなぜ。(笑)
3人並ぶと両端二人と真ん中の人のテンションの差がおもしろいですね。マッサが一人いればだいぶ和やかな雰囲気になっていいんだけど。

■デイビッド・クルサード契約延長
あらおめでとう。あんまり驚きが無いというかやっぱりというかそんな印象だけどもめでたいことに変わりは無い。なんだかんだで在籍4年目確定かぁ。さすがデビ!(何がさすがかは自分でもよく判らない)
来年が本番らしいから(毎年そういって延びてないか)是非ともその豊富な経験をチームの躍進に役立てていただきたい。ホーナーさんをしっかり支えてちょうだいね。
ところで今年コンスト5位とれなかったら誰かの首が飛ぶとか何とか話してなかったっけ…どうなのデビ…。
金曜プレカンにホーナーさんと一緒に出席してましたが、ロン&ハミルトンのマク組に話題をさらわれてほとんど出る幕が無かったような。まぁあれだけの話題になってりゃ無理もないか。
しっかし今回のチャリティーマシンの見た目はどうだろう。ウェバ君はイベントの意図を汲んで「最高にカッコイイ」と泣かせること言うてくれてましたが、TV目には相当なもんやぞあれは(苦笑)

■トニオ、ギアボックストラブル
出た!前戦から本家と同じシームレスとやらを導入しているトロ。
これから本家同様速さと引き換えにこの種のトラブルに悩まされることになるのかと思うと…さぁ大変だ。腐らずに頑張れよ二人ともー。
ところでチームメンバーがGP間の移動に使うチャーター便をフェラーリとトロでシェアしてるそうで。おおエンジンが結ぶ絆ですか。トロは大助かりじゃなかろうか(笑)イタリアン同士機内はうるさい楽しいことになってそうだ。

■ライコネンインタビュー「彼に会ったのは3回だけ」
http://www.autosport.com/news/report.php/id/60512
ライコネン、コフランとは3回しか会ったことないそうです。
5年間でたった3回…!
そ、それはやはりライコネンだからなのか?それともマクくらい大きな組織になるとそういうものなのか?
  1. 2007/07/08(日) 14:57:11|
  2. F1
  3. | コメント:0

フランスGPに思う

笑顔のライコネンがいるチーム集合写真…どんなに待ち焦がれたことか…
だぁーーもう言葉はいりません。キミーがわーらあってくーれるーならー♪

本人の予言通りスタートもバッチリ決まり、とりあえずの残す課題は予選のみ。その予選もミスが無ければポール獲れたと思うなんてウカレコメント@プレカンが出るほど手ごたえを掴んでいたようなので、ぜひとも今週末はミスなく決めてほしいものです。あと一歩!
確かにマッサが渋滞にはまらなければこの勝利は無かったかもしれません。でもそのチャンスをしっかり活かせた、ライコネンチームが自分達の仕事をしっかりこなせたからこその勝利です。

レース後のインタビューでダイヤーさんが言っておりました。
何かを大きく変えたわけではなく、チームとライコネンの相互理解が深まったからたくさんの小さな改善が大きなパフォーマンスの向上に繋がったと。
そしてチームとドライバーがお互いを理解し合い慣れるまでに時間が必要なのは当然のプロセスだと思うと。
http://www.autosport.com/news/report.php/id/60428
そう言っていただけるとありがたい…(ホロリ)確かにラテンチームには未知の生命体だろうからライコネン語通訳としてメガネのマークさんをテスト用・レース用・宴会用に3人くらい持参できればもっとスムーズにいったかもしれん。新旧担当エンジニア同士の引き継ぎ制度とかあったらおもしろいのに。
ダイヤーさんは今までのライコネンとの仕事の仕方を「問題はなかった」と表現しています。改善すべきものでもなかったとも言ってますが、直接的な肯定ではなく否定形で肯定を表しているあたりなんとなく雰囲気が出てるような気が。やっぱりさ、サーキットに遅くまで残らせたかったら「19時になったらパドックに移動サウナが来るよ!」とか「19時になったらパドックに移動アイスホッケーリンクが来るよ!」とかイベントで釣った方が早いんじゃないかと思うけどどうでしょう跳ね馬さん。赤牛に相談すれば無理な話じゃないと思うよ。ああでもGP中はレース以外のことは眼中に入らないらしいから無駄かも。

さてマクラーレン。
見慣れた姿が帰ってきた!でも本戦じゃなかったからまだまだだね!
というのは冗談として(いやホントに)2台ともトラブルが出たのに一方はフリーで一方は予選の大事な局面というのがいやはや何とも。アロンソはつくづく流れが悪かった。何か憑いてるんじゃ…なんて一瞬思ったけどライコネンじゃないんだから大丈夫よきっと。きっと…。
攻めに攻めた走りとバトルは見ごたえありました。熱かった。レース後インタビューで「たとえグラベルで終わろうとも」とコメントしていて驚きと同時にその心意気にやられました。なかなかいないよそんな無謀ともとれることをやってくれる人。「チャンピオンシップを戦っているんだ」って部分もありましたが、それなら今までだと何はなくてもポイント圏内完走第一でしょう。それをリタイア覚悟で攻め続けたって…アロンソ様、何か心境の変化でも?やっぱり新人のチームメイトに先行されているというのはそれほど大きいことなのか。
あと気になるのがアロンソチームの皆さん。アロンソがライコネンとは全く違うキャラクターなだけに対応の仕方を誤ってはいないかとちょっと気になる今日この頃。ライコネンはほったらかしで良かったかもしれんがアロンソは人との関わりが大好きなラテン系。いわばさびしいと死んじゃうウサギ系。(え、違う?)周りの人間の士気を高めることのできる彼だしそんなヤワじゃなかろうが、最近の様子を見ていてちょっと気になったもんで。ただの気のせいだといいけど。個人的にメガネのマークさんの成功も願っているのでアロンソチームもうまくいって欲しいのです。
GP中のヘリ墜落事故で友人を亡くしたとのこと。コース外でも本当に大変な週末だったね。

以下その他つらつら
・ハミルトンはレース中のオーバーテイク(される方)初体験。初めて抜かれた相手がライコネンってのもなかなかふふふ。
・アロンソvsフィジコの一コマ。フィジコがヘアピンでわざと膨らんでみせたのには唸らされました。意地を見た。
・アロンソvsニックの一コマ。シケインではじき出されたけどカッコ良かったよニック。そして燃えたよアロンソ様。しかし以前ソフト軽タン作戦でやられた相手に逆の立場で引っかかるって何の因果か。
・赤牛の存在感が無かった。
・トニオがねー早々に消えたしねー(しくしく)
・でも本家は2台とも完走って珍しい。速さと引き換えの信頼性?
・クビカ復活の4位おめでとう!
・ニックはフィジコの前でフィニッシュできてニンマリだろうなぁ。(木曜プレカン)
・アロンソ様の変則ピットストップ作戦がよくわからない。

このレースは決してマクの速さが劣っていたわけではないでしょう。(信頼性はともかく)
予選の大切さを改めて思い知らされました。
さあてマクのホームで優位に立つのはどっちかな。たーのーしーみー。


ってところにそのマクに衝撃のニュースが!


■海老で鯛を釣るならぬ
ステップニーでコフランが釣れました。
ステップニーからマクの主要メンバーの一人に跳ね馬の技術情報がリークされていた!
その相手はなんとチーフデザイナーのマイク・コフラン!
ってなんじゃそりゃあああああ!!
本当に映画1本作れそうだ。このタイミングでこのスキャンダル。果たして真実か陰謀か。裏舞台の戦いも激しくなってきた?。
ステップニー解雇でショックを受けていたところにこのニュース。こんなこと書いてますが知った瞬間は後ろから鈍器で殴られたような大変なショックを受けました。経験ないからわからないけど。
マクラーレン側はこの件に一切関わっておらずコフランが個人的に行ったものとして嫌疑がはれるまで停職処分、そして跳ね馬の技術情報は一切利用していないと発表。
シーズンも半ばに入りいよいよタイトル争いも激しくなろうかという時になんてこと。しかもコフランて。
母国GPを前に気合も十分だったであろうロンが卒倒してなきゃいいけど…(苦)
なんだろねー

あ、噂の3階建モーターホームがお目見えしました。
もうね、アホだろうと言いたくなるくらい美しく気品あふれるハイセンスな建造物です。ポータブルパラゴンだなありゃ。
さすがロン!期待以上だ!
  1. 2007/07/05(木) 12:34:56|
  2. F1
  3. | コメント:0

Finally!

勝った!勝ったーーっ!
よかった?おめでとうライコネン!

やっとモナコのツケが払えた気分。
そういう意味では喜び爆発というよりも安堵でいっぱいです。
良かった。本当に良かった。
しかし今回一番盛り上がったのは他でもないスタートシーンなんですけどね。
2番手に上がったのを観て「今回はもうこれだけで満足だー!!」なんて狂喜乱舞してました。
なもんでマッサの前に出たときは「え?出たの?」と盛り上がるタイミングを外しました。

嬉しい画像やらがたくさん出てるので一通り情報チェックしてからまた出直してきます。
それまで個人的おススメ画像?心揺さぶるワンシーン?の数々をお楽しみください。

よいしょっ
http://www.adrivo.com/images/500/q_75/sw_adrivo/se_sutton/_314736.jpg

やったなビシバシ
http://www.adrivo.com/images/500/q_75/sw_adrivo/se_sutton/_314723.jpg

ニッコニコ
http://www.wri2.net/preview_image.aspx?rep=00002326&img=192

ニッコニコ2
http://www.i-dea21.jp/kensawa/files/07070113.jpg

オーマイガッ!
http://gallery.mspb-bilddatenbank.de/photos/96/med_182_mspb_F.jpg
  1. 2007/07/02(月) 21:54:53|
  2. F1
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。