宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっと!

今から私の日本グランプリが始まります!
最近バタバタしてたんでようやくだよ?

なおさん宅で観戦中ですが早速ディレイか…
悪天候の週末。現地観戦は大変だろうなぁ。
見る方もやる方もみんな頑張れー!
スポンサーサイト
  1. 2007/09/29(土) 11:59:42|
  2. F1
  3. | コメント:0

アイスマン改め猿人

先の一件以来ライコネンはお友達から猿人と呼ばれているらしい。
いい友人を持ったね。

エフワングランプリ特集誌のコラムのネタですが、他にはゴルフのスコアをやたら詳細に語ってておかしい。今年は去年より廻れてない=仕事してるってことを言いたいのかもしや。(違うと思う)

あと同誌の「木曜日にコースをランニングする人々」特集
ダイヤーさんは胸部に心拍数測定器を付け、ストップウォッチを持ち、より正確な距離を走るためきっちりコースの外側と内側を1周ずつ走るらしい。1周目が終わって逆サイドに移動する際はコースを直角に渡るらしい。
…キ、キモイよダイヤーさん!
ものすごい几帳面な性格なのかものすごい分析が好きな人なのか。どっちにしろ根っからのエンジニア気質?
料理も調味料とかきっちり量りそう。しょうゆ大さじ3杯とか表面張力も許さない勢いできっちり。
ライコネンは目分量でダーって入れそう。

アロンソの移籍話でもちきりのメディアですが、私としても早く身の振り方を決めていただきたい。
椅子取りゲームの行方が気になってしょうがないんだよ!もろ影響受けるから!(選択肢少ないから切実)
アロンソ様一人に振り回されるドライバー市場…さすが王者ね…
  1. 2007/09/25(火) 19:18:14|
  2. F1
  3. | コメント:0

バルセロナ戦のその後

トムチェックと絡んだミカ、エクストロームと絡んだラロサの両名にレース失格・罰金・次戦10グリッド降格のペナルティが出たらしい。回避できる事態を起こしたと。
厳しいなぁ。当たった相手が悪すぎたよ…。
でもチームは納得いかーん!と控訴。最近このパターン多いな。ハウグも大概疲れたろう…(苦笑)
しかしミカは久しぶりの上位2番グリッドだったのにもったいなかった。次戦は厳しい戦いになるだろうけど最終戦、頑張って欲しいです。

ちなみに今年のイベントはアウディのゲストとしてFCバルセロナのメンバーが登場。豪華?。
デラロサも同乗走行等のファンサービスやってました。(さすがにアロンソの姿はなかった)
  1. 2007/09/25(火) 19:16:10|
  2. DTM
  3. | コメント:0

DTMバルセロナ

なんっっじゃこりゃあああああ!!
アウディ勢が全員レース途中でピットイン!ボイコット!
コース上のアクシデントに対するメルセデスへの抗議らしい。フェアじゃないと。
(接触多発。ミカもトップ走行のトムチェックと絡んでリタイア)

タイトル争いの大事な局面でこの騒動。
スペングラー2位の一方ランキング先行中のトムチェックとエクストロームがリタイアでえらいこっちゃ。2ポイント差で最終戦って。
いや、それよりえらいのはこのレースの勝者がグリーン君であるという事実かもしれない…
ポールすっ飛ばしていきなり勝っちゃったよ!
こんなレースで初優勝なのもどうかと思うがらしいといえばらしいかも…(笑)
おめでとう!

映像を見てないから何ともいえませんが、それにしてもアウディも他に抗議方法は無かったのか。
出前戦バルセロナでこんな失態…
いつかのアメリカGPを思い出す。観客が可哀想。
  1. 2007/09/23(日) 23:22:53|
  2. DTM
  3. | コメント:0

複雑だ

議事録を読み終えた感想。

何だか切ない…

新しいチームで孤独を感じていたアロンソ。
そんなアロンソの力になろうと情報共有という形をとったデラロサ。
親密な関係故に情報漏洩が可能になってしまったデラロサとコフラン。
部下の不正を見過ごしたジョナサン・ニールの甘さ。
現場に絶対的な信頼を置いていたが故に真相を見抜けなかったロン・デニス。
そこにあったのはそれぞれの立場、主義主張を持った人々が織り成す人間模様。裏舞台。
何だかな?色々考えさせられる。

今回は9月13日分しか読んでないというか根性足りなくて読めませんでしたが、公聴会の形自体からちょっとした驚きでした。まるで裁判だ。弁護士が聴衆に訴えかけるように熱弁を揮う様はまるで法廷映画のよう。莫大な量だけど読んでるうちにぐいぐい引き込まれました。モズレー本人が議事進行役なのも驚き。

技術的な話もたくさん出てきてその点はF1関係者や好きな人にはたまらんでしょう。
個人的には何故か登場したハミルトンの弁護士の大演説やいきなり出てくるライコネンの名前も見所の一つでした。
まずい箇所は虫食いになってますが、なにやらFIAがヘマして完全バージョンも公開しちゃってたらしいですね。
他チームのテンションどーん!じゃないのかこれは…(笑)

結論としては、読んで良かったと思う反面読まなければ良かったとも思う。


21日、マクラーレンは控訴しないことを発表し、フェラーリのコンストタイトルが正式に決定です。
  1. 2007/09/23(日) 13:35:18|
  2. F1
  3. | コメント:0

ダメかもしれない

ヘレステストも始まりましたがそれより何より気になること。
ライコネンコラムも更新されましたがそれより何より気になること。(でも首はしっかり治してね)

アロンソとマクラーレンの関係です。
ロンが先日の公聴会でアロンソとの冷え切った関係を赤裸々に語っていたようで。
ああ…もうダメか…
その公聴会の議事録が公開されてます。すごいね。どこまでオープンなんだ。
読みたいけど読みたくない。ますます辛いことになりそうだあぁぁぁ。
っていうか議事録のページ数が半端ないんですけど。PDFファイルで7月26日分81ページ、9月13日分115ページってますます読み辛い…(純粋に英語の壁が辛い)
頑張って読もうとは思いますが景気づけに一言。

公聴会のデラロサのスーツ姿にときめいたのは私だけではないだろう!

ええとても素敵でした。
  1. 2007/09/20(木) 19:49:25|
  2. F1
  3. | コメント:0

ベルギーGP

今日は赤牛本家の浅草寺参りの日。早くも日本GPに向けたイベントが始まっているというのにベルギーGP感想です。っていうかやっぱ早すぎるよ赤牛さん…
でも盛り上がったようで良かった良かった。おもしろい光景だっただろうなぁ。
デビおつかれー。

【“ベルギーGP”の続きを読む】
  1. 2007/09/19(水) 20:42:03|
  2. F1
  3. | コメント:0

ベルギーGPの週末、コリン・マクレーがヘリ墜落事故で亡くなるという悲しいニュースが飛び込んできました。
私が彼の走りをリアルタイムで見たのは短い期間だったけど、やりたい放題でいつも放送禁止用語を発している印象が強くて「ピーの人」と呼んでその走り、キャラクターを楽しませてもらいました。
年末のROCにはデビとチーム組んで出場予定だったのに。寂しいね。バーンズといいどうしてこんなに早く行ってしまうのだろう。何だか信じられないです。
ご冥福をお祈り致します。
  1. 2007/09/19(水) 20:33:34|
  2. Rally
  3. | コメント:0

CONGRATULATIONS!!

わきゃああああポールtoウィン!!
おめでとうございますありがとうございます!
そしてめでたい跳ね馬ワンツー!やったね?

今回のライコネンはチェッカー後にもおもしろいこと目白押しで最高でした。
ああ?しあわせ?v
  1. 2007/09/16(日) 23:24:37|
  2. F1
  3. | コメント:0

スパ!

きゃっほーーーいポオオオオルウウウウウ!!

ああ嬉しい?良かった良かった!
マシンも本人も相性バッチリのコースだし是非ともガツーンと決めていただきたい。期待してるぞ頑張れライコネン!
ちょっと気になるのがリアエンドに違和感を感じたというコメント。Q3初めのアタックのインラップでおかしくなって最後のアタックは完璧ではなかったと。先週色々あっただけに少々心配です。何事もなければいいんだけど。祈っとこう。

いっちばーん!
ステアリングを戻すより先にバンザイが出るほど嬉しいポール。
このうつむき加減のポーズがいいね。なんかカッコイイね。

ぶりっ子ライコネン
マイクをアイドル持ち@プレカン

フェラーリのピットストップ新ライトシステム
先日テストしていたものが早くも登場。
なるほどこういうものでしたか。
実戦でどの程度の威力を発揮するのか興味深い。


マクラーレンへの裁定はコンストポイント剥奪&罰金1億ドルとのことですが、正直この程度で済んで良かったと思ってます。一番恐れていた出場停止処分は免れた。
  1. 2007/09/16(日) 20:07:03|
  2. F1
  3. | コメント:0

イタリアGP

てっきりチャラになったものと思っていた前戦のミスと-2ポイントがのし付きで返ってきた気分です。
ヌカよろこびさせるなんてああ神様…なんていじわるなの…

【“イタリアGP”の続きを読む】
  1. 2007/09/12(水) 18:03:25|
  2. F1
  3. | コメント:0

イタリアGP一言

ティフォシの前での新生フェラーリお披露目GPは何とも苦いものになってしまいました。
コース内でも外でも色んな事があった週末で何ともいえない疲労感がこうずーんと…疲れたぜ…
でもライコネンにひどい怪我がなくて良かった。それだけが救いです。
ただ首の痛みに耐えてのレースだったようで、今は一日も早い回復を祈ります。
スパは全快で戦えますように!
  1. 2007/09/10(月) 12:59:49|
  2. F1
  3. | コメント:0

モンツァ初日

フリー2でライコネンはハイドロリックトラブルが出て思うように走れませんでしたが、まぁ初日の段階で出て良かったですよ。
しかし午前中と打って変りタイム的に6番手、8番手に沈んだ跳ね馬二人。マッサはレースペースに取り組んでいたようだけどロングランタイムもマクの方が若干勝っているような。何だろう、タイヤの差もあるし一概には言えないだろうけどもしかして重めか?やっぱり積んでるのか?午前のタイムとの差が気になります。
気になるけど考えても判らないので写真で遊ぶ。

フリー2、マシン修復中の気分の推移

「ヒマだー」
  ↓
「しょうがねぇな。じゃあ小噺を一つ」
「ハハッサイコー」

  ↓
「ねぇまだ?」
「まだ」

  ↓
「まーだー?」
  ↓
「まだ終わらんのか!?」
バドエルに遊んでもらったりピットウォールで見学したりモンツァの雰囲気をたっぷり味わえたライコネンでした。(ええモノは言いよう)

「オーレーハームージーツーダー」
スパイ事件にデラロサやアロンソの名前まで出てきて妙なことになってきました。
8月末にモズレーからマクドライバー達へお手紙が送られていたそうで。公式にも出てましたが「知ってることがあればこっそり教えてね。悪いようにはしないから安心して。でも隠し事したり嘘ついたりしたらどうなっても知らないよ?」と。ひぇぇ。

「ちょっとホントに何か知ってるの?」
「知らん」

久しぶりのマクツーショット。ハミィの表情がいいね。
チームはこの週末貝になります宣言。
レースに集中!

あら壊れてますよ
マクのモーターホームの階段が…
あのマクが!しかも入口の人目が付きやすいところが!
なんと不吉な…
昨日このモーターホームからフラビオが出てくる姿もあったようですが何事でしょうね。よく遊びに来てるのかな?ってんなわけあるまい。

今週末のレッドブリテンはダイヤー&スメドレーの跳ね馬レースエンジニアインタビューやラミ兄ちゃんのインタビューがあってなかなか読み応えがあります。
ラミ兄ちゃんのお言葉「キミはじっとしてたり何もしないでいることがあまり得意じゃないんだ」
何かしていたい、暇を持て余すタイプね。だから暇さえあれば騒ぎを起こすと。(違)
  1. 2007/09/08(土) 16:52:05|
  2. F1
  3. | コメント:0

一つ賢くなりました

さぁ始まりましたイタリアGP!
ここにきてスパイ事件がまた盛り上がってきたようで。騒がしい週末になりそう。
とりあえず写真チェック。

「遅れちったー」
プレカンに遅刻したライコネン。一応走るのね。

「次どんなタトゥーにしようかな」
「漢字ヤバイよヤバイよ漢字マジおすすめ」
「えーイヤだよ友とか愛とか鶏とか龍とか」
(どういう意味だいキミ…)

()は後ろの広報担当と思しきおじさんの心の呟き。

赤牛本家ピット上のランプ
今までもあったっけ?もしやフェラーリがテストしてたのってこういうやつ?

なんかカッコイイデビ
(14/35枚目)
そうかシャツが素敵なんだな。


ところで前回の記事に誤りがあったので訂正です。最近多くてすみません…
プロドロモウが“マクに引けを取らない(負けないレベル)”と言っていたのは11月完成予定の「CFD」のことでした。シミュレーターは“開発元がマクが使っているものと同じ高性能なもの”という話。
だああ頭の中でゴチャ混ぜになってた。それもこれも「CFD」という単語が私の辞書にないからだ。最近スーパーコンピューターがどうしたサーバーがどうしたとよく目にします。プロドロモウのインタビューにもわんさか出てましたが、「何だかよくわからないけどスゴイもの=とりあえず最新テクノロジー」てな具合に漠然とした認識しかなかったもんで今まで視界に入っても意識に入ってなかったよ…。
良い機会なので小倉さんのCFD講座で勉強してみました。
『F1カーの開発を変えたCFD』
http://www.ocn.ne.jp/sports/motorsports/magazine/0714.html

CFD(Computational Fluid Dynamics)
コンピューターの演算処理によって水や空気などの流体の流れをシミュレーションすること。
「コンピューター流体力学」「計算流体力学」「数値流体力学」等と呼ばれる。


要するに何だかよくわからないけどスゴイものなんですね。(認識変わってないじゃん)
とりあえず記事中の「ヴァーチャル風洞」という表現に救われました。
よし、CFDとやらの正体がなんとなく掴めたぞ。
  1. 2007/09/07(金) 12:44:34|
  2. F1
  3. | コメント:0

赤牛ネタ

今回の赤牛GPプレビューはエアロダイナミクス講座になっています。
個人的に一番のお気に入りはこれ。

エアロダイナミシスト : 言いにくい言葉。

いやマジで。

ところで先日メルセデスTVでディレスタ君のシミュレーター体験映像を見かけたのですが、もしかして赤牛もこのタイプを使ってるのかな?と大変興味深かったです。F1グランプリトクシュウ誌のレッドブル特集でプロドロモウが「シミュレーターのレベルはマクに引けを取らない」と語っていてその記事中の説明にドンピシャはまっていたもんで。
ところであの特集、ファクトリー拡張中でものがゴチャゴチャ、駐車場不足で路駐ザンマイな辺りにパフォーマンス含むチームの現状がよく表れてますね。「まだ落ち着かない」腰据えて戦えるようになるにはもうちょっとかかるよと。でもこれからという空気が感じられてワクワクします。そういいつづけてはやさんねん。(多分何かが麻痺してると思う)
プロドロモウ曰く風洞も自慢の逸品らしいですが、贅沢にもホーナーさん自ら案内役を務めている風洞ツアーの映像を見かけました。制御室が意外と質素なのと案内が終わった後ドアからドアへ消える代表の退散の仕方が印象的です。
しかし「チーフエアロダイナミシストのピーター・プロドロモウ」ってものすごい言いにくいな。

■赤牛本家、浅草を行く
http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000000708300001
今月19日、浅草の街を赤牛本家のマシンが行くそうな。残念ながら走るわけではなく、台車に乗せられて行くらしい。でもかなり豪華な演出が予定されているようで期待できます。
スケジュールは以下の通り。

10:00 雷門前出発
      ・ルート:仲見世通り
      ・先導:高張りぢょうちん
      ・浅草芸者衆が手古舞・とびの頭達が木やりを披露し華を添える
       ↓
11:30 浅草寺
      ・日本GPの入賞&安全祈願
       ↓
12:10 浅草寺東側通路にて「お披露目」
      ・マシンを台車からおろしエンジン火入れ

何がすごいって地元の伝統文化とのコラボが!
想像するとものすごい光景です。要はディズニーランドのパレードのF1浅草バージョンって感じ?台車に乗せられたF1マシン=フロート、芸者衆&とびの頭達=ダンサーみたいな。脳内BGMは「祭」で。はっきり言おう。おバカすぎる。最高。
この浅草というところは「サンバ」を定着させるようなセンスを持つ地域らしい。うん納得。
おバカ×おバカ×粋=きっと最高のイベントになるでしょう。ハズしようがない。
キミレンジャーで地域の活性化を図る京都の吉美地区、市長同士が忍者対決をする甲賀と伊賀の両市に続き私好みの街がまた一つ増えました。ビバ浅草。ステキなところだ。

ところでこのイベント、ドライバー陣の参加はどうなるんでしょう。ベルギーGPの直後だしへレステストは?
去年は渋谷の街をトニオ&ドーンボスコンビで人力車引いてたよなぁ。あと琴欧州に遊んでもらってみんなでちゃんこ鍋囲んでたよなぁ。しかし今回は入賞&安全祈願付き。それならプロ野球みたくみんな勢ぞろいした方がいいんじゃ。当然代表もさ!
  1. 2007/09/05(水) 12:30:36|
  2. F1
  3. | コメント:2

本番の前に

今週末はルノーのドライバー発表が予定されているとか。ネルソン・アンジェロ・フェロモン・ピケJrがどこに収まるのか私の注目が集まります。とりあえずピケJrの正確なフルネームを知りたい。
ところでトルコで発表かと噂されていたプロドライブさんちは一体どうなったんでしょうね…

最後までマクラーレンの速さが光ったモンツァテストでしたが、最終日はマッサもほぼ同タイムを出し一筋の光が見えたような見えないような何とも言い難い印象。
でもホントのところはわかりませんよ。何せ跳ね馬さんちはテストメニューの中にピットストップ時のロリポップに変えて「ライトで指令を出してみようテスト」という今ホントに必要なのか問い詰めたくなるようなものを組み込む余裕をかましておりましたので。(こうやってどうにか希望を繋げたいファン心理)
しかしライトテストはホントに今やる必要があるのか。そんなに大事かライト。何かとてつもないメリットでもあるのかライト。確か赤牛もロリポップにランプが付いてたような。理由が「カッコイイから」とかなら許す。全力で取り組んで欲しい。
でも確かにミスの可能性を減らす効果はあるかもしれません。最近トッドが言っておりました。「誰でもミスをする。人間だもの。」と。この先ミスは許されない状況を考えると機械の導入を検討するのも頷けるような。

テスト後のマッサインタビューが出てたのでチェックです。
http://www.autosport.com/news/report.php/id/61983

Q.4日間のテストはどうだった?
A.4日!?かなりの雨でそんなに出来なかったよ!でもそれを考えると金曜日は生産的な一日になったね。午後はずっとタイヤと空力レベルを試した。レース後あまり出来てなかったから木曜日よりずっと良かったよ。

!マークが出るあたりがラテン系。
雨で1日延長して4日間と。レース後あまり出来てなかったというのはチームのテストプログラムとしての話だよね?予定より遅れてたのか雨でどこも同じような状況だったのかどっちだい。

Q.テスト後のマクラーレンの評価は?
A.彼らはここで強いね。でも僕らはいくつかおもしろいことをやったからここでもとても強いだろう。

おもしろいこと!確かにライトはおもしろいよね。
しかし結構な自信を見せてるね。

Q.ピットで新しいライトシステムをテストしてたけどあれは何?
A.ピットストップでライトを使う新しいシステムをテストしているんだ。どれくらい時間が速いかをね。テストしているだけで将来的に使うかははっきり判らないよ。

具体的にどんな感じなのかイメージできないんですけど…そのライトってどこに付いてるんだろう。で、速いの?

Q.テストの中身についてもうちょっと教えて。
A.マシンはとても安定している。色んな空力的なテストをした。でも僕らがマクラーレンと比較してどの位置にいるかを知るのは難しいよ。来週になってみないと判らないだろうね。でもマクラーレンのベストタイムはロングランの最終ラップで出したものだ。僕はもっと早いラップの重い状態で出した。だから1週間でどうなるのか興味深いね。

新品タイヤを使ってただけとかじゃないだろうね…

Q.タイヤとブレーキはどう?
A.両方とも良いよ。安定している。どのコンパウンドを使うかは来週決める。ブレーキに関する問題は無いよ。

テスト初日新しいブレーキに問題が出て元のものに戻したらしいと風の噂で聞きました。それが真実でも初日ならまぁ良い。その後解決出来たなら良い。マッサはどっちのことを言ってるんだろう。でも問題無いならいっか。「すごく良い」にこしたことはないけど贅沢は言いません。

いつもの事とも言えますが「燃料搭載量」をやたら語るのを見るともしや重タン狙いか?なんて考えてしまいます。いやしかしそれをやるとBMW辺りにもやられる危険性があるから無いとは思いますが。でも予選は負けが見えてるからここはあえて決勝に勝負をかける!とかだったらどうしよう。ワンストップでやってやる!とか果敢なチャレンジに走ったらどうしよう。(妄想は無限大)
ところでライコネン公式コラムがまだ復活しません。チームの公式には新しい記事が出たのに一体どうしたんでしょう。チーム公式の方が確かにフレンドリーだし読みやすいように構成されてるけどライコネン公式のわかりにくさもそれはそれで好きなんです。それ故のリアリティっていうの?早く復活しないかな。
そしてここでも燃料搭載量について語るライコネン。でもいろいろ試して良いテストだったらしいのでその言葉を信じて待ちたいと思います。
フェラーリドライバーとして初めて迎えるホームレースを本当に楽しみにしている様子。そして今後はミスは許されないと気持ちを引き締めてます。ええミスは許されないよライコネン!自分に言い聞かせてるんだよね?
あれから早いものでもう一年。あっという間だったなぁ。余談ですが昨夜ライコネンがポールを獲る夢を見ました。(我ながら相当キテると思う)正夢になったら嬉しいけど大事なのは決勝。いい週末になりますように。
  1. 2007/09/05(水) 12:27:24|
  2. F1
  3. | コメント:0

DTMニュルブルクリンク

『ティモ・シャイダーは今季中にポディウムフィニッシュを飾れるか』
これが個人的に今一番気になることです。
(次点「グリーン君は今季中にポールを獲れるか」)
前戦のチームワークGPもといザントフォールト戦から長い夏休みを挟み終盤戦に入ったDTM。こちらのシリーズはチームオーダーOKなんですね。今までそれらしいのにお目にかかった記憶がないもんであんな露骨なシーンはなかなかの衝撃映像でした。その後堂々と譲り譲られたことを語りあははうふふと感謝ムード漂うプレカンを見た時はぬるい笑みが浮かんだものです。チーム戦の色が濃いということを覚えておこう。(今更)

さて、ヴィンケルホックのクラッシュで幕を開けたニュル。数週間前はF1でトップも走ったのにちょっと切ない。
結果は前戦に続きまたまたアウディに持って行かれちゃいました。
トムチェックは完璧なレース運びでポールtoウィン。2連勝おめでとー!
2位には4番グリッドから健闘を見せたスペングラー。もうメルセデスのエースと呼ぼうか。
3位は10番グリッドから這い上がってきたエクストローム。山越え谷越えバトルを制してポイントリーダーの座を死守。
で、ティモシャイダーですよ。前戦であんなシーンを見たせいかまたポディウム献上かと。もっとまともな戦略で戦わせてもらえませんのか。2回のピットストップを前半で済ませて43周レースの残り30周をそのままゴールまで頑張ってGO☆って。「タイヤがもたなくて…」とポディウム逃したことを悔やんでましたがそりゃもうアグレッシブ過ぎじゃ…。エクストロームが2回目のピットストップを終えてシャイダー、グリーン君の後ろの5番手に戻った時はグリーン君を全力で応援したものです。抜かれるなー!抑えろー!と。ええ全てはティモシャイダーのポディウムフィニッシュを守るため。まぁあっさりやられてあれよあれよという間に3番手の座も持って行かれましたが。切ないわ…。
地元戦だったティモシャイダー。故にポディウムへの意気込みも相当なものだったし観客にビールを無料でふるまうというファンサービスぶりも輝いていたティモシャイダー。今回こそは台に上がって欲しかったよ。
あとミカは苦労してたなぁ。なんだか決まらない週末でした。

トップのエクストロームまでトムチェックが4pt差、スペングラーが10pt差でなかなかおもしろい状況。チームメイト対決になるのかスペングラーが追い上げて来るのか残り2戦も楽しみです。マシン重量もやっと差が無くなるし!

次戦バルセロナはまた豪華イベントに期待したいところですが、F1組はヘレステストの後日本入りする前に寄り道とかは厳しいかな。
アロンソ様meetsDTMのチャンス!
いややっぱりこの時期は無いかな…
  1. 2007/09/03(月) 18:18:49|
  2. DTM
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。