宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バレンシアテスト

冬は人間も冬眠すべきなんだよ。
というのは最近サボリ気味の自分に対する言い訳ですが、寒い国の人達のホットで情熱的な記事を読んで暖をとってみましょう。
ハートに火を付けて?

『コヴァライネン、打倒ハミルトンに自信あり』
http://f1.gpupdate.net/ja/news/2008/01/25/178640/
この活きの良さが同期チームメイトバトルへの期待を盛り上げてくれますね。
火花散らっせ?
しかしこのヘイッキ君の表情いいなぁ好きだなぁ。マンガチックで。
そして思う、子ザルっぽいわ。
猿じゃなくて子猿です。あくまで子ザルです。チャーミングです。

そして一方のライコネン先輩はというと、

『勝利に飢えるライコネン』
http://f1.gpupdate.net/ja/news/2008/01/28/178738/
飢えた狼は怖いわよー!
あ、地上波は今も変わらず狼だったかな。どうもシルバーウルフが頭に残ってていかん。
「僕が今幸せで満足していると考えている人は大間違いだよ」と語るライコネン先輩。一度頂点の味を占めるとやめられないとまらないものなのね。
以前タイトルは一度とれば十分なんてコメントを見たのを思い出す。この変化があれか、アイムフォーリンラブアゲイン♪ってやつか。いいねぇ。
あと少し前に引退についても語っていましたね。「契約が切れるのが30歳、その時に続けるか考える」てな内容だったと思うけど、そうだよ30だよもう三十路だよライコネン。引退云々よりも"三十路"という現実に反応してしまった。時の流れを感じる…
しかし自分が希望すれば契約延長できるつもりでいるのね。大した自信だ。いいねぇ。


さて次のテストが始まる前に前回分をメモっときます。
霧に見舞われた初日の朝を除いてはお天気に恵まれたバレンシア。おお良かった。
ルノー、ウィリアムズ、ホンダの新車が登場と。
ルノーは相変わらず昆虫っぽいな。ウィリアムズは美人よね。ホンダさんは真っ白のっぺらぼうでよく判らなかった。感想はザッとこんな感じ。
初日はシェイクダウンの2チームしか走ってないのでタイムは2日目から。


Valencia 22/01/2008
気温:9/24℃
路面温度:13/24℃
天気:晴れ
1. Massa Ferrari 1:12.182 97 *
2. Raikkonen Ferrari 1:12.721 100 *

3. Rosberg Williams-Toyota 1:12.838 80 *
4. Kovalainen McLaren-Mercedes 1:13.026 100 *
5. de la Rosa McLaren-Mercedes 1:13.163 107 *

6. Alonso Renault 1:13.316 133 *
7. Nakajima Williams-Toyota 1:13.473 89
8. Vettel Toro Rosso-Ferrari 1:13.627 86
9. Asmer BMW-Sauber 1:13.669 44
10. Bourdais Toro Rosso-Ferrari 1:13.675 73
11. Heidfeld BMW-Sauber 1:13.779 80 *
12. Trulli Toyota 1:13.820 69 *
13. Coulthard Red Bull-Renault 1:13.944 70 *
14. Glock Toyota 1:14.095 76 *
15. Liuzzi Force India-Ferrari 1:15.095 64
16. Wurz Honda 1:15.440 49

フーンなライコネン
キリッとライコネン
終日マシントラブル無し(byチーム公式)でタイムもワンツー&周回数も上々の良いスタート!
マッサが赤旗出したらしいけどガス欠だって?えーと燃費の限界を見極めるテストでしょうか。

ボスと一緒
ホーナーさんとデイビッド。なんかカッコ良かったんで記念に記録しておく。
この「なんかカッコ良かったんで」シリーズはオフの間続く予感。
シェイクダウン明けの本格的なテストスタートですが、赤牛にしては珍しく、というか史上初じゃなかろうか、ほとんどトラブルもなく順調に距離走れてるー!
チーム公式では「クルマのバランスやセットアップの作業をスタートさせることができた」とその喜びを伝えています。
現場でマシンにノコギリで穴開けた過去を思えばそりゃもう…

トニオスマイル
トニオシューズ
おしゃれは足元から。この紫色…見たことあるぞ。こないだは金色も履いてたような。以前やったアルパインスターズの企画でこさえたやつかな。
レギュラー様のために下ごしらえをこなす初日担当。この日もトラブルで待ちぼうけが多かったとか。でも笑顔は忘れちゃいけないよ。この笑顔がトニオだよ。(我ながら気持ち悪いこと書いてる)
次のテストは2日目担当らしい。いっぱい走れるといいね。

トランスフォーマーF1.08
最近映画「トランスフォーマー」のDVDを見たんです。超おもしろかったんです。
その直後にBMWのラウンチ画像を目にしたもんで、こーれーはー変身しそうだ!と盛り上がりました。
現場ではさらにバージョンアップしてバイキングの角だけでは飽き足らず雄牛の角まで。これはカッコイイロボになるぞ!
そして他のマシン達もキュルルルッと次々に変身していく私の脳内…
F2008は赤レンジャー、MP4-23は悪の組織のイケメンのナントカ、という具合に楽しんでいたら大変なことに気付きました。黄レンジャーがいない!これはゆゆしき問題だ。
そこで考えた。黄色といえばルノー。しかし黄レンジャーなキャラかと言われればどうか…。いや待てよ、かつてジョーダンという名で黄色一色だった現インディアはどうか。おぉちょうどいい具合にインド=カレーじゃないか!いけるぞ!
ちなみに桃レンジャーはトロです。
そんな見た目は抜群なF1.08ですが、ニックの不安げなコメントを見かけました。去年のマシンの方が良かったとかナントカ。
えー頑張ってよ…

ニコ君が新車で3番手につけてるけどこれロングランで出したタイムらしいですね。
なかなかのスタートじゃありませんか。


Valencia 23/01/2008
気温:12/18℃
路面温度:11/22℃
天気:晴れ
1. Kovalainen McLaren-Mercedes 1:11.000 92 *
2. Massa Ferrari 1:11.662 81 *
3. Raikkonen Ferrari 1:11.850 108 *

4. Hamilton McLaren-Mercedes 1:12.076 115 *
5. Nakajima Williams-Toyota 1:12.255 93
6. Alonso Renault 1:12.360 111 *
7. Rosberg Williams-Toyota 1:12.493 117 *
8. Webber Red Bull-Renault 1:12.594 87 *
9. Heidfeld BMW-Sauber 1:12.976 51
10. Vettel Toro Rosso-Ferrari 1:13.015 63
11. Glock Toyota 1:13.129 95 *
12. Kubica BMW-Sauber 1:13.230 121 *
13. Bourdais Toro Rosso-Ferrari 1:13.307 118
14. Sutil Force India-Ferrari 1:13.409 98
15. Trulli Toyota 1:13.547 96 *
16. Barrichello Honda 1:14.588 36 *
17. Kogure Honda 1:16.954 40

サービスライコネン
ガバァッ とな。

ドナドナマッサ号
再び赤旗マッサ号。トラブル率高い?
ライコ号のそんなシーンはまだ目にしないんだけど…私が知らないだけかな。

トップだヘイッキ君
本人曰く軽タンだったようで。
ここまで普通に順調に見えます。普通に。

ストップウェバ君
この日コース上でストップし赤旗出すこと2回。
それでもウェバ君は信頼性・スピード共に昨年から大きく前進していて満足だって。
ちゃんと走れてるからね。信じるよ、ええ信じるよ!


Valencia 24/01/2008
気温:11/18℃
路面温度:11/21℃
天気:午前曇り、午後晴れ
1. Raikkonen Ferrari 1.11.189 88 *
2. Kovalainen McLaren-Mercedes 1.11.206 89 *
3. Massa Ferrari 1.11.831 96 *
4. Nakajima Williams-Toyota 1.11.971 116 *
5. Hamilton McLaren-Mercedes 1.11.994 84 *
6. Kubica BMW-Sauber 1.12.095 86 *
7. Trulli Toyota 1.12.109 96 *
8. Vettel Toro Rosso-Ferrari 1.12.526 113
9. Heidfeld BMW-Sauber 1.12.600 39
10. Glock Toyota 1.12.705 68 *
11. Fisichella Force India-Ferrari 1.12.949 93
12. Piquet Renault 1.12.973 89 *
13. Bourdais Toro Rosso-Ferrari 1.13.060 95
14. Webber Red Bull-Renault 1.13.133 15 *
15. Hulkenberg Williams-Toyota 1.13.306 74
16. Button Honda 1.13.689 80 *
17. Kogure Honda 1.15.703 25

笑顔だライコネン
トップタイムで気持ちよく終えることが出来ました。
良さげですね、という感想しか書けないわ。
次は来月4日からバーレーンでテスト。半袖姿見れるかな??(新タトゥー狙い)

笑顔だヘイッキ君
ここも良さげですね、としか書けないけどまたもやフェラーリより距離稼いでますね。
ルイス君が意外と大人しくてかえって不気味。口は大人しくないようだけど。(楽)
週末はメノルカ島でもテストを行ったとか。走りこんでるな?

トラブルウェバ君
ぎゃああたったの15周しか走れてないって!
「モノコックに縁石によるダメージが発見されたため早々に走行を切り上げることになった」
ってことはつまり壊したってこと?それとも壊れたってこと?
第一モノコックにダメージ受けるくらいってどんだけよ?
しっかり解決して次のテストでは遅れを取り戻せるよう頑張って欲しいところです。
2台目投入くるかな?

次の合同テスト地はバルセロナ。
お天気良くなりますように。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/30(水) 21:00:29|
  2. F1
  3. | コメント:0

メルセデスの1席は

先週ポルトガルのエストリルでラルフとクリエンがメルセデスのDTMテストに参加したらしい。
他にはF3のマロ・エンゲルとメガネ君ことアマミューラーも、ってマジですか。
元赤牛ファミリーが二人も…何という運命。
フッ アウディではなくメルセデスなのは当然のことよ。
Aチーム入りは難しいかもしれないけど型落ちでも赤牛アウディに一泡吹かせるところが見れたら爽快だろうなぁ。雇ってよハウグー!
しかもクリエンはここにきて兵役のお達しが来たって?今シーズンの去就が決まらなければ半年間の兵役義務が課せられると。なんてタイミングの悪さだ…

ミカ引退で空いたシートに誰が座るのか気になるところですが、パフェ君はマクのテスターと2足のわらじなのがネックになってるらしい。F1テスターとしての役割は大きくなってきていて、それ自体は良いことだけどそしたらDTMにかける時間が少なくなると。必然的にタイトル狙うには厳しいポジションになるよなぁ。悩ましい?
ディレスタが有力候補らしいけどラルフがどうするかですね。

アウディは先月オリバー・ジャービスとキャサリン・レッグをテストしてたらしい。
女性枠でこないだテストしてたキミライネンはTMEと契約済みらしいけどそれは育成契約で、今年はイタリアン・スーパースターズシリーズに参戦する予定とのこと。
名前と国籍だけで気になる存在のキミライネンちゃん。引き続き動向を追っていきたいと思います。
  1. 2008/01/20(日) 12:19:46|
  2. DTM
  3. | コメント:0

ヘレステスト

年明け最初の合同テスト。
天候はあいにく晴れたり雨降ったりと不安定だったようで。
でもトラコン無しウェットレースの良いシミュレーションになると思えば少しは走りがいもある?
フェラーリ、マクラーレン、トヨタ、レッドブルの4チームが新車持ちこみで、BMWはラウンチ後一足先に次のテスト地バレンシアでプライベートテストと。
いよいよ動き出したぞ?
以下3日間のタイム+メモ。(*は新車)

Jerez 14/01/2008
気温:12/17℃
路面温度:12/22℃
天気:午前雨/午後曇りdry
1. Raikkonen Ferrari 1:19.846 59 *
2. Massa Ferrari 1:20.123 42 *

3. de la Rosa McLaren-Mercedes 1:20.548 54 *
4. Vettel Toro Rosso-Ferrari 1:20.732 40
5. Kovalainen McLaren-Mercedes 1:20.936 48 *
6. Bourdais Toro Rosso-Ferrari 1:20.997 47
7. Rosberg Williams-Toyota 1:21.143 47
8. Trulli Toyota 1:21.314 84 *
9. Piquet Renault 1:21.696 41
10. Coulthard Red Bull-Renault 1:21.746 49
11. Liuzzi Force India-Ferrari 1:23.035 44
12. Nakajima Williams-Toyota 1:23.134 42
13. Glock Toyota 1:24.351 56
14. Rossiter Super Aguri-Honda 1:34.862 10

ドナドナマッサ号
チームのテストレポートにはトラブルフリーで順調でしたよとありましたがさて。
グラベルぶっ飛んでるとこも見かけたけど…限界探ってただけ?
ライコネントップタイムおめでとう。幸先の良いスタートが切れたね。

ヘイッキ君とメガネのマークさん
お!このコンビで行くと見ていいのかな。
同じフィンランド人でも今度はフランクで明るいフィンランド人ですよマークさん。逆に戸惑わないか心配。
去年のような悲しいことはもう見たくない。どうかうまくいきますように。
この日はGPシミュレーションをする予定が雨で出来なかったと。午前中は引っ込んでたのね。

トニオ初仕事
早速登場とは予想してなかった!嬉しい?
いくつかマシントラブルが出て思うように距離走れなかったようだけど、前回のテストからの前進は感じられたらしい。
チームとは長期契約を結んでいて、今はテスターとして頑張っていずれレースシートを手に入れたいとのこと。ガスコインもレギュラー2人にしっかり仕事せんとトニオに取って代わられるぞとハッパかけてたようで。
そう簡単にはいかないだろうけど可能性は信じたい。なんか05年を思い出すな…
でもチャンドックも来季のシートを狙ってるらしいね。ヤバイね。けど負けるな!

Jerez 15/01/2008
気温:8/18℃
路面温度:8/25℃
天気:午前晴れ/午後曇り
1. Alonso Renault 1:19.503 70
2. De la Rosa McLaren-Mercedes 1:19.650 111 *
3. Raikkonen Ferrari 1:19.708 90 *
4. Rosberg Williams-Toyota 1:19.756 81
5. Massa Ferrari 1:19.772 85 *
6. Kovalainen McLaren-Mercedes 1:19.780 130 *
7. Vettel Toro Rosso-Ferrari 1:20.305 86
8. Bourdais Toro Rosso-Ferrari 1:20.346 76

9. Webber Red Bull-Renault 1:20.392 80
10. Nakajima Williams-Toyota 1:20.526 66
11. Glock Toyota 1:20.598 109 *
12. Fisichella Force India-Ferrari 1:20.764 76
13. Kobayashi Toyota 1:22.060 55

ピット出口でストップヘイッキ君
デラロサも朝一でトラブル赤旗出したらしい。
しかし二人共走りまくってるなぁ。ヘイッキ君なんか2レース分近くも。貴重なドライ日だしここぞとばかりにGPシミュ詰め込んだか…

原チャリデイビッド
旧車は一台しか持ちこんでないためこの日はおヒマなデイビッド。なんかカッコ良かったんで記念に記録しておく。
しかしテストにもチーム仕様のものを持ってきてるんだなぁ。

ルノースーツアロンソ
やっぱり誰が着てもこいのぼりチックに見えるスーツだ…
でもそんなに違和感はありませんよ。古巣だけど新鮮味が味わえていいんじゃないでしょうか。今シーズンもデザインはこのままいくのかな?
トップタイムでインパクト大の復帰ラン。現場のファンも喜んだことでしょう。
マシンについて「もっとドライブが難しいのかと思ってた」と語っていたのが印象的。
よっぽどのものを覚悟していたのか。

チームウェアアロンソ
やっぱりこういう色味のある方が似合うね。
ふわふわの髪もあいまってかつてのナノ君を思い出す。

Jerez 16/01/2008
気温:15/18℃
路面温度:15/20℃
天気:雨、午後からdryへ
1. Glock Toyota 1:19.799 96 *
2. Hamilton McLaren-Mercedes 1:20.099 73 *
3. Alonso Renault 1:20.363 49
4. Bourdais Toro Rosso-Ferrari 1:20.407 51
5. Massa Ferrari 1:20.500 85 *
6. Kovalainen McLaren-Mercedes 1:20.535 79 *
7. Kobayashi Toyota 1:20.577 53
8. Raikkonen Ferrari 1:20.646 88 *
9. Nakajima Williams-Toyota 1:20.758 57
10. Sutil Force India-Ferrari 1:21.705 71
11. Webber Red Bull-Renault 1:22.275 53
12. Coulthard Red Bull-Renault 1:22.581 54 *

13. Hulkenberg Williams-Toyota 1:24.023 65
14. Vettel Toro Rosso-Ferrari 1:24.873 50

赤牛本家コンビ
特に意味はないけどデイビッドがなんかカッコ良かったんで記念に記録しておく。
新車は初めスロットルの数値設定にミスがあったらしい。だからストレートで全開に出来なかったと。伊紙でこの辺りの不安になるようなことが伝えられてたので心配でした。設定ミスか。良かったー。
っていや良くないわ。しょっぱなからミスって。しっかりー!
エンジントラブルもあったけど旧車以上の周回こなせてるのはイイ感じじゃないでしょうか。ECUとの関係もあるしエンジントラブルは多少気になりますが…いや結構気になるか…

おつかれライコネン
何故こんなライコネンを選んだかというと笑顔の画像に出会えなかったからです。気を引き締めて仕事に打ち込んでるってことにしとこう。
最終日タイムシート上はパッとしない位置に付けた跳ね馬勢だけど、手応えはバッチリのようで。低速コーナーとか縁石辺りの弱点を改善できたと見かけました。ホイールベースを短くして昨年の問題を解決するってことは予選のパフォーマンス改善も期待できるってことよね。うまくいけばいいな。
でもその代わりタイヤの持ちとか強みだった部分のレベルが下がったりは…しないように祈っとこう。

波乱万丈ルイス君
わぁ22号…。そういえばピットはインディアさんと隣同士じゃん!だからどうってわけでもないが何となくテンション上がった。(小さな喜び)
最終日のみ参加のルイス君、赤旗2回出したらしい。トラコン無しの洗礼か。
マクは先週のテストと合わせると既にフェラーリの倍以上の距離を走破。ECUのアドバンテージとやらを活かせてるようで。今のところは。
デラロサ曰く新車は昨年のものとすごく似ていて、初めてテストした時もホントに驚きが無かったらしい。そして信頼性も高いと。そう言われると今年もイケそうな印象は受けるけど…
しかしそれでも尚マイナス面を補うには足りない気がするんですよねぇ。
この無駄にネガティブ思考をどうにかしたいけど今更どうにもならんのでまったりと見守りたいと思います。

何がどうしたベッテル君
ボーデの4秒落ちってナニゴトか、と思えばセッション終盤にコースアウトして最後まで走れなかったのね。
今気付いたけどベッテル君のヘルメットもレッドブル缶カラーだったんだ。(遅)
このテストから新ECUを積んでの走行。本家よりタイムも距離も稼いでたようだけど、今年の序盤数戦はこのまま旧車の改良型を使うとのことで着々と熟成中の模様。でも赤旗の常連みたいね…全てがトラブルではないことを祈る…。
間違っても新車が負けるなんてことのないよう本家にも頑張ってほしいところです。
で、いつから新車使うんだろう。

さて来週はバレンシアでテスト。お天気良くなればいいね?


■ヘイッキ君インタビュー
http://www.autosport.com/news/report.php/id/64724
テスト最終日の午後に出たインタビュー。
チームやマシンの印象、意気込みなどをハツラツと(主観大)語ってくれています。2年目のフレッシュな輝きがキラキラッ☆
まぁお約束のポジティブだよ!が多いわけですが、ロングランについて走りだし1分19秒から1分20秒前半で終えるという具体的な数字は参考までにチェックしておこう。
フィンランドでの私生活はまだ以前と何も変わらないらしい。騒がれることもなく誰に煩わされることもないと。半年後どうなってるか楽しみだね。
それにしてもトップ2チームにそれぞれ自国のドライバーがいるってメディアも盛り上がるだろなぁ。いざこざがあったばかりのライバルチームだし。かといってどちらか片方に肩入れするわけにもいかないだろうからおもしろそう。
チームについては「親しみやすくてとても暖かい、加入する前に色んなことを聞いてたけどそのコメントがどこから来たのか全くわからない」とのこと。そうだね、みんな始めはそういう感じのこと言うよね。
更には「みんなとてもフレンドリーで歓迎してくれた。人生でこれほど幸せなことはなかったかも」とまで。
ああヘイッキ君?!うまいこと言ってくれちゃって!
どうかその幸せが末長く続きますように…
  1. 2008/01/20(日) 12:09:19|
  2. F1
  3. | コメント:0

レッドブルRB4ラウンチ

ヘレス合同テスト最終日の昨日、ついに赤牛の新車RB4が登場。
待ちに待ったニューウェイの新作!どんな進化を遂げたのか喜び勇んでチェックしましたが…
私にはRB3とどこが違うのか わ か ら な い !
ミラーの位置ぐらいしかわからない…(泣)
いろいろと過激なものを期待しすぎました。
しかし関係者が口を揃えて信頼性信頼性と叫んでいるのを見れば、正常進化型として納得のいく形かもしれません。
昨年後半のパフォーマンスから更にパワーアップした信頼性がプラスされるんですね!楽しみですね!んねっ!
テスト終了まで残り8分という時点でエンジントラブルが出たことなんて大したことないですよね!
ええまだまだこれからですよ…
4年目の今年はきっとこれまでとは違うはず、と期待を込めてあわよくば初優勝を祈念いたします。目指せどさくさにまぎれてポディウム頂点!
チャンスがないわけはない。

発表会自体は昨年同様地味というか単なるお披露目ですが、何の仕込みもないのが気になります。
(昨年は女スパイが登場してその後の短編映画に繋がった)
きっと何かやらかすんだろうけど、まぁ楽しみに待っていよう。
そのかわり公式サイトに首脳陣&ドライバー紹介記事が出てました。一言感想を書くと、
・ホーナーさんのサッカー少年時代に興味しんしん。
・ニューウェイとウィリスはそのうちヨットにうつつを抜かすんじゃなかろうか。
・ちゃっかりデイビッドの自伝出版の宣伝なんかしやがって。欲しい。
・ちゃっかりウェバ君のタスマニアチャレンジDVD発売の宣伝なんかしやがって。欲しい。
こんな感じです。
そういえばデビの自伝にはロンも一筆書いてるらしいですね。つい先日どっかのインタビューで言ってたような。赤裸々ゴーゴー。

あと新しいレーシングスーツは色が鮮やか&デザインがちょっとハデになりました。去年のシックな雰囲気もカッコ良くて好きだったけど若返りもまた良し。
若返りといえばリザーブにブエミが正式決定。3人目のセバスチャンです。メガネ君だって若かったけどブエミはまだ10代って?そんなにとは…。GP2アーデンとかけもち。頑張れ!

■ホーナーさんインタビュー
http://www.autosport.com/news/report.php/id/64715
ニューウェイがパフォーマンス、ウィリスが信頼性にそれぞれ集中したので良くバランスが取れたらしい。
信頼性確保のために速さを妥協したとは思っていない、との言葉を信じたいと思います。
やっぱり私は何よりも速さを重視したい。(懲りない)

合同テストの件はまた後ほど。
  1. 2008/01/17(木) 17:36:15|
  2. F1
  3. | コメント:0

新天地へ

ブルツがホンダ入りって!
双方にとって良いものになるのでは。これは楽しみです。

インディアのもう一人がフィジコに決定したのは予想通りとして、リザーブにトニオとはちょっと拍子抜けというか。F1残留おめでとう、でいいのかなここは。後ろ盾のありがたさも再認識しつつ。
何はともあれ新しいチャレンジを応援したいと思います。赤牛から出て新しい世界、おもしろいことが待っていそう。
頑張れよー!

インディア公式でドライバー発表会の動画をチェック。
http://www.forceindiaf1.com/
なかなか仰々しいことになっていて楽しいですね。
しかし一番気になるのは皆お揃いの不思議な衣装という。インド風?
ドライバーの横のメタボな会長&代表コンビは白い上下が体操のお兄さんチックだわ。

あとドライバー3名は「インド人ドライバーの育成」という役割も担うらしい。
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080112070406.shtml
インドのゴーカートイベントにちょくちょく参加して有望なドライバーを見つけるんだって。へぇ?結構なことじゃないですか。
とりあえず節穴じゃないことを祈っとこう(笑)

■Wrooom2008
今年も雪山で盛大に開催。
雪の中でMotoGPの新マシン発表やってたけどフェラーリもここでやればいいのにと思いました。力いっぱい。
見所は何といっても跳ね馬ドラ対抗FIAT500氷上レースでしょう。今年は兄さんも参加で5人によるドツキ合いの仁義なき戦い!
ライコネンは誰かと絡んで車にダメージを負って途中リタイア。結果はマッサ、バドエル、ジェネ、兄さんの順だったかな?(うろ覚え)
他にもスキーやらスノボやら楽しげな様子が盛りだくさん。
ホントいいイベントだわ?

■MP4-23シェイクダウン
そのまま3日間のプライベートテストでみっちり走り込みが出来たようで。
ブリッジウィングはバッチリ付いてましたね。もうね、ガックリきました。まいいかと立ち直りも早かったけど。
ドライバー達の第一印象は浮かれすぎてもなく地に足が付いている風で、個人的な判断はもうちょっと様子を見てからにしようと思いました。要するに「そこそこなのかな」と思いました。(SOネガティブ)
でも距離稼げてるのには目が行きます。今年も信頼性はバッチリ?
ウィットマーシュだかの「新車は既に去年の最終戦よりも速い」とか「去年のごたごたの影響は無い」とか何とか自信に満ちたコメントを見かけました。
それに跳ね馬サイドからは「ECUのアドバンテージがある」とか「マクラーレンは今年も強い」とか何とかくすぐったくなるようなコメントを見かけました。
ええそうだといいですね。
(マジで)
  1. 2008/01/14(月) 13:00:08|
  2. F1
  3. | コメント:0

発進!

■F2008シェイクダウン
http://sports.jp.msn.com/article/article.aspx/genreid=13/articleid=254335/
昨日フィオラノでルカ会長はじめトッドや兄さんも見守る中行われた新車初走行。
この時期は霧が出やすいのかな?去年もモヤモヤした中でやってたような。
早速ですが昨日書いたフロントウィングについて前言撤回。
カッコ悪いことないです。ブリッジウィングみたくなるよりよっぽど美しい。
走っているところを見てたらむしろイイと思えてきました。うねりが好き。

それはそうとライコネンの第一印象に注目です。
"very positive" "really fine"
普通に「良いよ」ならまずまず、下手したらヤバイかもってところでしょうが、「かなり良い」とくれば本当に良いのではと思われます。
極めつけに「今のところ少しの改良もする必要はないと思う」ですって?
本気ですかジョークですか浮かれすぎですか?
お、落ち付いて成り行きを見守りたいと思います…(そわそわ)

ところでライコネンのヘルメットがさらにメタルちっくな趣味に走っていてビビリました。
ペイズリー柄とかオリエンタルな鳥に見えんこともない。しかし華麗というよりいっそ邪悪。右手のタトゥーも雰囲気似てるしこんなん好きなんだろうね。
そういえば左手にも新しいタトゥーを入れたようで。FIA表彰式の際手首辺りから一部覗いてたけど、確かICEMANだか自分の名前だかのロゴだったような。
全貌が明らかになるであろうGPin暑い国が待ち遠しい。

■マクラーレン新車MP4-23発表
なんでバーニーがいるのさ?
決して派手にやっているわけじゃないのに最高に質素にやってくれた跳ね馬さんちのおかげでより煌びやかに見えるよ…
黒い空間にメタリックなボディとオレンジレッドがよく映えてSOクール!
そしてMP4-23にはブリッジウィングが付いていない!
それだけで嬉しさ倍増!(どんだけ)
いやしかし喜ぶのはまだ早い。フロントウィングなんて去年みたくすぐ変えてくるし。
何にせよ速くて戦えるマシンでありますように。カーナンバー23がトップ走行してる姿を見てみたい。それだけで楽しいよきっと。

赤腹巻姿のヘイッキ君、なかなか似合ってるねー。
今年もステージ上でドライバー達がボーダフォン携帯で写しあいっこ。
去年この楽しげな光景を見ながらまさか一年後にメンバーが変わるなんて思いもしなかったよ…
そういえば番組放送中タイトル獲れなかったら頭丸める約束をしたアロンソはどうするのかね。
はっ それを言うならライコネンがタイトル獲ったら裸でどっか走るとか言っていたボブ・マッケンジーはどうなったんだ。しかしやっぱり彼は勝利のオヤジだったのね。またぜひ賭けていただきたい。

ついでにプレスパックの中にあるドライバー4人のQ&A。
注目すべきは「嫌いな食べ物」(絶対食べないもの)でしょう。
パフェ君を除く3名が口をそろえて「カエルの脚」を挙げてるって一体ナニゴト?
一度だけ食べたことあるけど別に不味くは無かったよ。
もしや欧州では日本でいう「くさや」みたいな好き嫌いの分かれる珍味系の象徴として君臨しているのか?
ちなみにパフェ君の嫌いなものは「卵」らしい。カエルの脚はイケる口か。
あとヘイッキ君は日本食好きじゃないんですね。残念?

激しいシーズンの後の新しい出発。しかも偶数年。
厳しいかも、大変かも、と書いてきたけど別に悲観的になっているわけではありません。現実的に考えているだけさ。(ヤな響き)
この状況で参戦2年目の両ドライバーがどんな戦いを見せてくれるのか、どこまでやれるのか。
若い二人の健闘と活躍を今から楽しみにしています。
  1. 2008/01/08(火) 21:10:12|
  2. F1
  3. | コメント:0

にーしゃたーくーいーつー

お?んまいまあ?いん

書き初めするならこれを書く。
それが今年の私。

というわけで新年あけましておめでとうございます。
今年もハラハラドキドキ胃がキリキリするような楽しいシーズンになるよう期待に胸を膨らませています。
私はそれをシーソーの真ん中で見ながら踊らされたい。というか踊る予感。直線のシーソーか三角のシーソーか。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さぁてフェラーリのラウンチと共に私のF1新シーズンが幕を開けましたよ!
今F2008がヤフーのトップにも出ていてうれしびっくりです。
車体の真ん中に燦然と輝くカーナンバー"1"
いや?まばゆいわ?
形は何と言ってもフロントウィングに目が行きます。
とうとうノーズと小羽根を繋げちゃいましたか。一体化ですか。かっこわりー(ボソ)
何だろう、見てるとうるさい感じがする。唇みたいで今にもしゃべり出しそうだから?
無口なアイスマンにはもってこいだねハハッ! ってあぁー
でもでもボディカラーが昨年同様深紅でときめくよ。良いお色だ。セクシービューティー!
あと何やらモノコックが去年より狭くなったって?車体自体小さくなったとか。
これ以上大きくなれないねライコネン。気を付けて。

■F2008詳細
http://sports.jp.msn.com/article/article.aspx/genreid=13/articleid=254004/
「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」じゃないけど「脆くてもいい、最速に育ってほしい」と願うのはここじゃない余所でやれって話ですよねすんません。ええ余所でやります。ライコネンも言ってることだし。
「リタイアしないこと。これがマクラーレンを倒す鍵になる」と。
http://sports.jp.msn.com/article/article.aspx/genreid=13/articleid=253943/
なんだろう、マクを名指しで敵視しているのを見ると喜びを覚えるんですけど。
しっかりロックオンして倒して欲しい。さぁガンガン見て。穴が開くくらい。(歪んだ愛情)

ところで初めて知ったんですが、今年は燃料の内5.75%にバイオ燃料を使うんですね。へレステストで早速使う予定とか。
最近他カテでも色々見かけるけど今回の原料は何かな。


さて2008シーズンの暫定エントリーリストが出てたのでメモメモです。
http://www.formula1.com/news/headlines/2008/1/7223.html

Ferrari
1 Kimi Raikkonen (FIN)
2 Felipe Massa (BR)

BMW Sauber
3 Nick Heidfeld (D)
4 Robert Kubica (PL)

Renault
5 Fernando Alonso (E)
6 Nelson Piquet (BR)

Williams Toyota
7 Nico Rosberg (D)
8 Kazuki Nakajima (J)

Red Bull Renault
9 David Coulthard (GB)
10 Mark Webber (AUS)

Toyota
11 Jarno Trulli (I)
12 Timo Glock (D)

STR Ferrari
14 Sebastien Bourdais (F)
15 Sebastian Vettel (D)

Honda
16 Jenson Button (GB)
17 Rubens Barrichello (BR)

Super Aguri Honda
18 Takuma Sato (J)
19 Anthony Davidson (GB)

Force India
20 Adrian Sutil (D)
21 TBA

McLaren Mercedes
22 Lewis Hamilton (GB)
23 Heikki Kovalainen (FIN)


カーナンバー1!守れたらいいなぁ。
トロはボーデが若い番号付けるんですね。F1ではベッテル君の方が先輩なのにね。
インディアのTBA。この席に例えばフィジコが収まるとしたら、カーナンバーはスーティルと入れ替わったりするのかな?
そしてマクの20番代。いやぁ改めて見るとすごいわ。
本日新車発表会の後ヘレステストで初テストと。赤腹巻きなヘイッキ君、楽しみです。
「赤腹巻き」じゃなくなってたらもっと嬉しいけど。
スーツのデザイン変えませんかねぇ。
  1. 2008/01/07(月) 18:58:36|
  2. F1
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。