宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フランスGP 前編

Good job, KIMI !

確かに勝てるチャンスをトラブルで逃したのは残念でした。
でも今回はダメージを最小限に抑えることが出来た喜びの方が勝ります。
だって!
以前ならリタイアへ一直線のパターンだったのに!
無事完走できたし!
しっかり2位守れたし!
いや?新しい扉を開いたような気がする。
こんなレースもあっていい。ライコネンの歴史にまた新たな1ページが加わったということよ。
フフ、なんか嬉しい。

今回未だかつてないほど勝利への渇望をあらわにしていたライコネン。
PPもバッチリ獲れてCSでは「何もなければこの人」なんて言われていて、反射的に「何もなければいいよね」とTVに向かって返したものです。
レース前半はトップ走行中の様子が映し出される度に「何!?」とビクついてました。(悲しいサガ)
何もないならほっといて欲しい、久々にそんなスリルを味わっていたところにトラブル発生で、最悪リタイア、数ポイント獲れたら万々歳くらいの覚悟で成り行きを見守っていました。
いつしかレース全体の方に気を取られるようになってましたが、時々入ってくるライコネン存在情報におおまだおる!おお安定してきた!と喜ぶ私。
いつ消えるやもしれん綱渡りのような状況の中微かな希望を抱きながら…

いや?しかし良かった良かった。
プレカンで言ってましたが最後はもう止まりそうなくらい状況は厳しかったらしいしホント良かった。
"Luckily"って何回言ったよライコネン(笑)
ライコネンのコメントからは状況を改善するために出来ることはほとんど無くて運任せだったような印象を受けましたが、ドメニカリのインタビューを読むと色々いじって手を尽くしていたようで。
http://www.autosport.com/news/report.php/id/68582
「我々はあのような状況下でエンジンを守ろうと試みていた。可能な限りの手を尽くした後はチェッカーまで待つだけだった。多くのことさ。たくさんのスイッチが操作されていたのを目に出来ただろう」
え、気づかなかった。
(終盤はヘイッキ君に気を取られ)
自らまいた種だけどピンチをしっかり乗り切ったチーム&ドライバー&マシンの頑張りと幸運を讃えたい。
グッジョブでした!

しかし毎回マッサと交互に何か起きるなぁ。
給油トラブルやホイールナットトラブルや…あと何だっけな。
せっかくマシンは良いのにその力をフルに活かすことができないのはホントもったいないですね。
しっかり解決してよー


最後に【今GPの一枚】

「イエーイ!メッチャホーリデーイ!」

エアーアヤヤライコネン。
予選Q3はしびれました。
走りにも戦略にも。
途中でラストアタックを切り上げたとっさの判断は素晴らしかった?
グッジョブダイヤーさん。


またまた後編に続く。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/24(火) 19:26:22|
  2. F1
  3. | コメント:0

カナダGP 後編

【今GPのもう一枚】

「ウキャッ!」

古巣初優勝記念にBMWチームマネジャーのビートさんとライコネン。
いい?表情だ。


クビカとニックのチェッカーシーンでクルーがスイス国旗を振ってたのが印象的でした。
ザウバー時代からいる人達が振ってたんだってね。
2001年、F1にハマって初めて行った鈴鹿の観戦席がちょうどザウバーピット前で、レース後クルーと観客一緒になってコンストランクアップをバンザイしながら喜んだのを思い出します。
あれから7年…本当におめでとう!
当時は双眼鏡覗きながらライコネンかわい?とか言ってたなぁ。
でも引退レースのアレジを巻き込んでリタイアした後のふてぶてしい態度にこのクソガキャーと思った記憶もある。私も血気盛んな年頃だった…なんせ7年前…(笑)

ポディウムシーンを見ながらニックの心中を思う。
やっぱり悔しいだろうなぁ。
私も初優勝はニックだろうと思ってたし。いや確かにシーズン進むうちにやっぱクビカの方かなと思い始めてたのも事実だけども。
しかしいつかはチャンスが巡ってくるはず。
このところフェラーリとマクはどっかポカをする不甲斐なさもあるしね。認めたくないけどさ!
ミスもなくピット作業も効率よく確実な仕事でポイントを稼いでくるBMWはホント侮れない存在になりました。
気付けばクビカがポイントリーダーか。すげぇ。

続いてレッドブル。
デイビッドがようやくポイントゲット!
しかも待たせて待たせていきなり台なんてでっかいことやってくれるじゃないの!
この極端なスリル… ドM向き?
終盤のスローダウンシーンとかウェバ君のスピンシーンとかホント心臓に悪かった?!
久々に手合わせてお祈りモードに入ったわ。
ピットロードを自ら駆けてポディウムに向かってて笑ったけど、あれ喜びのあまりとかそんなじゃなくマシンが途中で止まっちゃったんですね。
うわーあっぶなかったなー。無事完走出来て良かった。
レース後のチーム集合写真で皆お揃いの見かけないTシャツ着てたけどめでたい時の特別仕様でしょうか。マクの赤いTシャツみたいに。
ウェバ君は予選Q2から悪い波に飲まれてしまったね…
今回+6ptでエクササイズも59回に増量中。さすがにキツくなってきたー
コンストもウィリアムズを抜いて4位に上昇。
フフ?この位置を是非ともキープしていきたいところ。
でも激しい中段争いの中、マシン開発も今年と来年の注力バランスが悩ましくなってくるね。

トロはベッテル君が頑張って1ptゲット。
こういう荒れたレースでチャンスをものに出来るってホント大事よ。
去年のトニオを思い出す…ああああ古傷をえぐってしまった…
でもボーデは対照的に、本人曰く「キャリア最悪の週末」「こんな経験初めて」
ここまでメタクソ言うなんて相当なもんだったのね…
次の母国GPはぜひやり返して欲しいものです。
しかし「コースも割れないしね!」には笑った。

あとレッドブリテンに久々のスコット君が登場してました。
つい先日NASCARのシリーズで初優勝!ってめでたい記事が出てたけど、その数時間前にとったインタビューらしい。
爪に青いマニキュア塗って登場したり相変わらずで嬉しくなりましたよ。
今週末はARCAミシガン戦でポールを獲ったらしく、せっかくなんでレース見ようと思ったら雨で翌日になってました。
見れたらル・マンの間にチェックしてみよう。

さぁ次は年に一度のお楽しみ、フランスGP。
今年はどんなドSorドM赤牛プレビューが出てくるのか、ワクワクですね!

  1. 2008/06/14(土) 21:34:38|
  2. F1
  3. | コメント:0

カナダGP 前編

【今GPの一枚】

「怒ってないもん!ただがっかりとびっくりともやもやが一緒になってるだけだもん!」
http://static.iltalehti.fi/urheilu/kansikiminrenkMPE_410_ur.gif

今回のライコネンコラムを↑の写真の表情に合わせてまとめるとこんな感じに聞こえる。
んもう強がっちゃってっ☆
すみませんほんの出来心です…

ルイス君の追突は不運としか言いようがありません。
たまたま降ってきた隕石がたまたま直撃して怪我をするくらいの不運です。
怒ってないと言うライコネンですが、それでもこの事実に対する不満とありえねーという気持ちは強いようで、やり場のない複雑な胸の内をコラムに長々とつづっている辺りショックの大きさがうかがえます。
ただルイス君のミスについて怒ってはないけど呆れてはいるらしい。
・ライコネンインタビュー
http://www.autosport.com/news/report.php/id/68160
「モナコで自分もミスったから言えた立場じゃないけどでもこれはちょとダセーよ」
ほんとにね?どうしちゃったんだろうね。

一方ぶつかってしまったルイス君はというと、
「とてもうんのわるいできごとだったとおもうよ。もしぼくがキミのレースをぶちこわしてしまったのならあやまるけど、こういうことっておこるものなんだよ。ふたりともリタイアしなくてすんだらよかったのにね。ぼくたちはとてもはやかったしぼくはいいレースをしていたんだ。うん、でもつぎはうまくやるよ!」
「このルールおかしいよ。ぼくたちはレースしてるのになんであかしんごうなんかついてるのさ。でもルールだからペナルティはうけいれるしかないんだよね。」

相変わらずおもしろい子やなルイス君。
そうだね、ミスはしょうがないよね。ダッセーと笑われることも時には起こりうるよね。
でもそういうことが起きた時にどう対応するかが大事だと思うよ。
ルイス君がマクのドライバーじゃなかったらもっと単純に楽しめるのにな?
せっかくおもしろい子なのにもやもやするわもったいない。
しかし予選の速さは圧巻でした。皆グダグダの路面に泣かされる中攻略できたのは見事だったと思うよ。
ホントどうやったのか不思議だわ。

これまた事故った二人に木曜プレカン召集かかりそうだな(笑)

さて二人の相棒はというと、こちらは明暗分かれたというかある意味暗だったというか。

マッサは給油トラブルに泣かされ…
でも下位からの追い上げは楽しませてもらったよ。
ヘアピンでインから2台まとめてオーバーテイクなんて目が覚めたわ!
ヘイッキ君はレース中グレイニングに悩まされていたようで。うまく決まらなかったね?
次戦フランスGPはルイス君が10グリッド降格ペナルティを受けるのでチームはヘイッキ君に望みを託しているとかナントカ。
さぁ期待に応えられますか。頑張れよー!


おまけ。
カナダGPの前にライコネン主催のホッケーイベントがあったらしい。
(怪我したらいけないのでアイスではない)
http://www.motorsport-aktuell.com/artikel_4139.html
フェラーリチームのメンバーを招待して楽しい一時を過ごしたそうな。
いいねいいね?仲良くやってるね?


後編に続く。
  1. 2008/06/14(土) 20:54:53|
  2. F1
  3. | コメント:0

牛祭り

レッドブル、牛追い祭りに参加
http://f1.gpupdate.net/ja/news/2008/06/12/190675/

ぶっはーーついにキターーーっ!!
スペインのあれでしょう?
牛を追うというより追われてヘタしたら踏まれたり飛ばされたりする恐怖の祭りでしょう?
街中が阿鼻叫喚と化すあの命がけの祭りでしょう?
いつかやってくれると信じてたよ!

今回白羽の矢が立ったのはデイビッドとボーデ。
ホーナーさん…ベルガー…一体何の恨みが…
今シーズン追突やらなんやら多かったからお祓いですか。
でここでも追突されるんだきっとそうだ。
ああでも生身に本物の牛が追突なんてシャレになりませんよホーナーさん…!
二人とも頑張れよー!
踏まれないように一生懸命逃げろよー!

と、その光景を想像しながらあまりのおもしろさに笑い転げてましたがちょっと違うらしい。
二人はF1マシンでデモ走行という形で参加するらしい。
ちっ なんだぁ。

いや?しかし楽しみですね。


カナダGPの感想を書くつもりが心はすでにル・マン24時間です。
プジョー強いな!
ジェネは回復間に合ってよかったね?。先日の大クラッシュの映像見たけど木の葉のように舞ってて恐ろしかったよ…
今年の気になるメンツはF1組・DTM組はもちろんのこと、ライコネンのお友達トニ君の乗る78号車(GT2)、ミカサロ82号車(GT2)、こないだのニュルブルクリンク24時間にも出てたお久しぶりのハインツ007ボンドカー(GT1)などなど。
東海大のチャレンジも気になるところ。
みんな頑張れ!

アウディのホスピタリティ
http://news2.as-web.jp/contents/photonews_page2.php?news_no=15787&cno=31
まんまエナジーステーションじゃん(笑)
  1. 2008/06/12(木) 19:19:23|
  2. F1
  3. | コメント:0

カナダGPひとこと

クビカ初優勝&BMW初ワンツーおめでとうー!
デイビッドポディウム&今季初ポイントおめでとうー!
ベッテル君がんばった1ptおめでとうー!
マッサオーバーテイクカッコ良かったぞー!
ライコネン残念だったねー!
ルイス君やっちまったなー!

敵は雨ではなく崩れゆく路面だったカナダGP。
モナコに続きまたまた大波乱でしたね。
調子上がってきた矢先のライコネンのリタイアは本当に残念でした。
今度は前戦と逆に追突される立場か?
はっ これジュウゼロですね!(言ってみたかった)

この2戦は去年より良いマシンを持っていても獲得ポイントは去年より悪いゼロ。完走すらならず。
展開一つで全然違う結果が待ってるんだもんなぁ。
良い時もあれば悪い時もある。
ホントレースはドラマだよ。
  1. 2008/06/09(月) 13:49:52|
  2. F1
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。