宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

会長パトロール

モンツァテストにルカ会長がやってきた!

「やぁやぁみんなしっかりやっとるか?」
  ↓
「問題はしっかり潰せたか。再発防止これ徹底な」
「えぇえぇもちろんですとも」

  ↓
「どれ私もやってみようか。スタッフー!スタッフー!準備して」
「(マ、マジデスカ)」

  ↓
「何してんスか会長」
  ↓
「おぉ頑張っとるかー私は信じてるぞー」
「ヘイ」

  ↓
「ふぅ?、空が高いな」

みたいな。

現場もますます気合が入ったことでしょう。
頑張ってー
スポンサーサイト
  1. 2008/08/30(土) 00:38:44|
  2. F1
  3. | コメント:0

ヨーロッパGP 前編

【今GPの一枚】

マッサを祝う会

ライコネンもいる!
リタイアだったのにいるー!


初開催バレンシアはとっても美しいコースでした。
キレイなおねーちゃん達もたくさん登場し目に嬉しいGPと言えましょう。
市街地だから低速だろうと思い込んでいたらどっこい予想より高速で嬉しい驚き。
あとは抜けるコースであれば言うことナイんですけどね?
レース自体は戦略面では楽しめたかな。
見た目の動きが少ない&あれこれ展開を考えながら見てたのであまり盛り上がりはしなかったけど。
ずっとTV睨んでたような気がする(笑)

前回予選をガッツリ見る宣言をしておきながら夏の思い出作りにいそしんでいたためQ2途中からのLT観戦となりました。
今思えばこの気合いの足りない姿勢がいけなかったのかもしれん…
きっとやる気を試されているのね、そうなのね神様!

もちろん決勝に臨む前にフリー予選の全ラップタイム&CS録画はバッチリチェックしましたよ。
ちょっと前にルノーさんちがタイヤの巧い使い方を見つけたという記事が出てたので、当時はアタック→スロー→アタック→スローなタイムの出方を見ながらひょっとして何か試してるのかな?と思ったりもしました。
路面温度が高かった金曜午後はタイムシートのトップに付けて喜んだけど土曜は10℃くらい低かったかな。
そりゃーやな予感はしてたけど何もその通りにならなくても…しかもQ1Q2のタイムは一体どうなっとんだと…積んでるのよね?Q3のシミュ兼ねてるのよね!?と前戦と同じ逃げ道を作りつつ観戦。
でも今回のラップタイムは今改めて見るとよく判らんな?
CSではマッサは三味線弾いてたなんて言われてたしな?
そうなると実質比較できるのはQ3だけか。
ミスりつつ+3周で絶好調のマッサに0.5秒差ならまぁ納得。
3番手を逃したのは当然悔やまれるけどちゃんとやればもっとタイム差小さかったってことだもんね。
(そもそもミスしちゃダメなんだからよい子のみんなはこんな判断基準をマネしちゃいけないヨ!)
それ以上のことはノーミスのタイムを見んことには先に進めないので次回のお楽しみとして、決勝中CSでブレーキのスタビリティが云々言われてたのが気になりました。
せっかく初日と同じくらい暑くなって喜んでたのに?
問題は色んなとこから出てきますな。

マッサの華麗な復活劇でチームとしては嬉しい週末。
ペナルティも罰金で済んで良かったね。
一方では相変わらず信頼性や作業性に不安も残りますが。
でも最近「ヘタリア」(国を擬人化したWEB漫画)と被って見えてダメなところも愛おしくなってきたよ…(笑)
(アレのオーストリアを見ると赤牛がインチキにしか思えない。あと毎回気合いの入った仏GPプレビューが更におもしろく見える。クビちゃんを名古屋弁のポーランドキャラで想像すると大変楽しい。)
あ、伊メディアにどんだけボロクソ書かれるかと思っていたら結構まともで拍子抜けしました。
でも考えてみると叩かれるうちが花だよなぁ。それだけ期待されてるってことなんだから。

あと冒頭に書いたようにチーム集合写真にライコネンがちゃんと参加していて驚き。
何度も言うけどリタイアだったのにー!
でもリスクは覚悟の上で不安のあるエンジンを使ってたらしいね。
抜けないコース故10グリッド降格ペナを回避するために博打打ってみたと。
相変わらず気持ちのいい攻めの姿勢ですね。良いんじゃないでしょうか。
しかし写真眺めてるとよく聞くこの言葉が思い出されます。
「僕らは一つのチームだ」
チームのためならマッサの加勢にも喜んで回るんだろうな?
もしタイトルの可能性が無くなった暁にはその仕事ぶりを見てみたい気もする。
ほらいろんなライコネンを見たいからさ。
そういう意味では今回のピットストップでのミスも私にとっては新しい姿。
良かったり悪かったりいろんな形で飽きさせてくれないねぇ。

さてスパの前にはモンツァテスト。
昨日はマッサがトップタイムで良いスタートが切れました。
路面温度が50℃くらいあったんだっけ。本番もこの位上がってくれたらいいな。
今日もマッサで明日がライコネンの予定。
良いテストになりますように。


後編へ続く。
赤牛とかね…いろいろあるよね…

  1. 2008/08/28(木) 18:35:38|
  2. F1
  3. | コメント:0

着火

ライコネンコラムを読みました。


僕らは再び勝つためにスパへ行く。
もし誰かが僕のモチベーションに関して疑いを持っているのなら、疑わせておけばいい。
一つ言えることは、まさに今、これまでになくやる気に満ちているということだ。


熱いぜライコネン!
あまりの熱さにこっちにも飛び火しちゃったよ。
きっと見せてちょうだいよ、ポディウムてっぺんで豪快な駆け付け一杯を。

何よりこれ以上旨いシャンパンにありつけんと禁断症状出て困るやろ。
  1. 2008/08/27(水) 21:51:49|
  2. F1
  3. | コメント:0

ヨーロッパGPひとこと

ここは どこ?

あなたは だれ?

君、ライコネン?

あぁとうとうやっちまったよこのダジャレを…
現在はマントルあたりでしょうか。
それとももう核に行き着いた?
上昇中のフェラーリコースターを余所目に一人別コース爆進中のライコネン。
深いよ… 思ったより深いよ…っ
ここが最深部であることを祈るばかりです。

しかしピットストップのフライング発進はショックでした。
エンジンブローでリタイアという懐かしいパターンも霞む霞む。
コース上でのドライビングミスならまだ判る。
でもヘイッキ君とのピットストップバトルという大事な局面であんなポカをやらかしてしまうなんて信じられないよ。
目の前の信号すら待てない=今までにないほどの焦りが見えたような気がしました。
よく見ると黄信号が点灯したと同時に発進してたので反射的に身体が動いてしまったのかもしれない。
何にせよ冷静さを失っていたということでしょう。
それほどまでの焦りを目の当たりにしてしまったことがショック。
キツイんだろな?としみじみ思ってしまったよ…

巷にはやる気ない説とかもありますが私の中では無い説です。
そもそもやる気ないならやらないような。
もし迷ってるなら引退希望。本人を含めこれ以上怪我人が出ないうちに。
新しいチャンレンジに向かう彼を新たな気持ちで見ていくだけです。

轢かれたメカニックのピエトロさんは背中と足に打撲、足の指にちょっと骨折を負ったとのこと。
うぅ痛かっただろうなぁ…
早く良くなりますように。

こんな週末でもレース後のコメント&インタビューはいたって前向きなのがライコネンというか。

ライコネンQ&A
http://www.autosport.com/news/report.php/id/70060

Q. How do you feel now?
KR: I am fine.

こんな質問されるってどんだけよ。
そしてそれを「fine」で返す人。
「良い週末ではなかったけどそれは初めてのことじゃない。僕らはチャンピオンシップでちょっと悪い状況にあるけど、全てを解決できればまだ戻るチャンスはあると思う。」

私はショックなものを見せられたんでファインじゃないですけどね。
マシントラブルでリタイアという結果に終わったから彼の中では気持ちも切り替え易かったのかもね。
私はファインじゃないけどね。(しつこい)

Q. 最後に勝ってから8戦になるけどタイトル防衛への不安になる?
A. 「最高の週末ではなかった。少しもポイントを獲れなかったから更に後退した。レースに勝てないことについては心配してないけど、今日獲れたポイントを失ってしまったことはあまり良いことではない。でもきっと僕らが望むようになることを期待してるし、そしたらまだチャンピオンシップを戦うことが出来る。この先まだたくさんのレースがあるし、状況はあっという間に変わり得る。決して簡単ではないけれど。次のレースで何が出来るか見てみなくては。確かに僕らはまた勝ち始める必要がある。じゃないとチャンスはない。」

最後まで何が起きるかわからないのは去年身を持って体験しましたからね。
そして予選をうまくやらないと?といつものパターンになる、と。
問題は判っているけど残念ながら解決出来なかったと続き、

Q. それはタイヤの問題?チームの問題?
A. 「僕らは一つのチームだ。僕が車から思い通りのものをちゃんと引き出せなかったので、僕らはその点に取り組んでいく。僕らは去年とても似たような状況にあったので、きっと解決策を見つけているべき場所に戻れるだろう。」

手のかかる人です。
ライコネンチームの皆さん、どうぞよろしくお願いします。


さぁ伊メディアに今度は何を書かれることやら。
前回は「ハネウマにライコネンはいらない」だったような。
それを超えるものって一体どんなだオソロシイ…
  1. 2008/08/25(月) 18:45:30|
  2. F1
  3. | コメント:0

新学期が始まるよ

F1の夏休みも終わり、ぼちぼち五輪モードから戻ってきたいところですが。

BMW公認? 北京オリンピック会場周辺に人力で動くMINI登場

いいけどさ、いいけどこれって言われないとよっぽど好きな人以外は何の車か判らないんじゃ…
もうMINIのオリンピックシリーズから目が離せません。
次回も楽しみです。
あ、そういえば前回VWのPoloって書いたけどワーゲン、ビートルの間違いです。
ミニミニ書いてたらうっかりポロってかわいい響きの方を書いてしまったみたい。(先日前にPoloが走ってて気がついた)


さて今年の夏はおとなしく過ごしていたらしい我らが大将の話題。

「ゴルフしたりオリンピック見たり家族とのんびり過ごしたよ?」
「フェルプスとかボルトとかすごくね?」
という風な夏休み日記を公式コラムで呟いていたライコネンですが、昨日ヘルシンキで行われたMTV3主催のカートイベントに登場した模様。
詳しくはネットTVでね!とあるものの私の前にはいつものようにふくふくライコネンが金払えよベイベーと立ちはだかっているため画像で我慢です。
トロフィー持ってるってことは一等賞だったのかな。
http://www.mtv3.fi/urheilu/f1/uutiset.shtml/arkistot/f1/2008/08/689769

あと9月5日にライコネンの記念切手が発売されるそうですね。
http://puoti.pmk.posti.fi/cgi-bin/ncommerce3/ExecMacro/idx.d2w/report?kieli=e&merchant=222
おぉかっこいいじゃなーい!
他にも歴代フェラーリマシンのポストカード?とかもあるのね。
上のフィンランド郵便局のサイトで通販出来そうな感じ。
でもこの切手自体ではなくこの切手で届くお手紙が欲しいです。
ポストを開けるとそこにライコネン切手のお手紙があるんですよ。
素敵だわ?
  1. 2008/08/20(水) 17:46:12|
  2. F1
  3. | コメント:0

五輪漬け

ハッキネンが射撃で銅メダルに輝く

ええっ!? (マスオさん風に)

ヘンリ・ハッキネンさんとおっしゃる方だそうで。
びっくりした?
ツールの「シューマッハ優勝」と同じくらいびっくりした?
女子は金メダルゲットだそうですね。
ペアでおめでとうございます。
思わずインタビューをチェックしてしまいましたがシャンパンで乾杯しすぎだと思います。
まぁ納得だけど。
http://www.iltalehti.fi/nettitv/?28001667
http://nettitv.mtv3.fi/uutiset/index.shtml/uutiset/urheilu/olympia2008?140122#140122

ついでにヘイッキ君のカートイベント@故郷の動画もあったので抜かりなくチェック。
http://www.iltalehti.fi/nettitv/?28001395
(MTV3のはライコネンが「ヘイ!金払えよ!」と立ちはだかっていて見れません)
大盛況だね!
初優勝という最高のお土産を持って帰れて良かったね?

というわけで少々脱線しましたが4年に一度のお祭りにドップリ漬かっています。
開会式はすごかった(&長かった)ですね。
どうなってんの!?スッゲースッゲースケールでけーッ!と圧倒されっぱなしでした。
さすがチャン・イーモウ、魅せてくれるなあ?
まぁ裏話的なものを読んでなるほどと納得できた部分もありますが…
まさかあの足跡花火がCGだったとはっ!

あとオリンピック繋がりで以前こんな記事を見かけて大ウケしました。

【BMW】オリンピック開催に合わせ、アスリートも驚く世界記録に挑戦

アテネオリンピックの時にBMWが世界記録に挑んでいたらしい。
テーマはスバリ、

MINIに何人乗りこめるか

はいおバカですねー
21人で挑んだ結果見事達成。(記事中ありえない画像で証明付き)
MINIはこういうネタが多いから好きです。
全面牛ボディのMINIとか最高に気になりますよね。
赤牛ファンの方ならお分かりいただけるかと思います。
ここはぜひVWさんにPoloあたりで対抗していただきたい。
魅惑の赤牛ボディ。うわキモイな。
FIAT500も以前モコモコだかなんだかありえんやろってくらい異質なボディ出してたような。ポスター用だったかな。(うろ覚え)
私が知らないだけでPoloもやってるかもしれないな。
しかしネタ度はダントツトップのMINI。
これがあの手堅くまじめそうなBMWチームと同系列だなんて…
まさにギャップモエ。
  1. 2008/08/12(火) 18:56:52|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

2008夏休み自由研究発表

毎日暑いですね。
夏休みです。
夏休みといえば宿題。
宿題といえば自由研究。
というわけで、今年の題材はちょっと前に流行ってたらしいこんなものをチョイスしてみました。
名前を入力するだけでなんと憧れのF1ドライバーからラブレターが届きます。

「F1ドライバーからのラブレター」
http://yan-cocktail.sakura.ne.jp/love/2032/

【“2008夏休み自由研究発表”の続きを読む】
  1. 2008/08/07(木) 18:21:11|
  2. F1
  3. | コメント:2

ハンガリーGP

いや?なんつーレースだったんでしょう。
こんな形で突然ヘイッキ君に初優勝が舞い込んでこようとは!
なんせ心の準備が出来てませんでしたから、つかチェッカーまでの3周はえっ!?マジで今日!?って動揺の方が大きかったくらい。
出来ることならもうちょっと初優勝に向けてのドキドキワクワク期待と不安を味わいたかったかも?なんて思ったりもしたけど、あのフィンランド人にあるまじきアグレッシブな喜び様を見てたらそんなことどうでも良くなりました。かわいかったよね?(ええ病気ですから)
おめでとうヘイッキ君!
これからどんどん強くなってたくさん勝てるようになるのを楽しみにしてます。
お祝いはライコネン先輩がいい所に連れてってくれるらしいね。(byプレカン)
思いっきり楽しむといい。ただメディアに騒がれないよう気を付けて。
いや私はいいんだけどさ、チームにメっされるからさ。

そして2位グロック!初ポディウムおめでとう!
トヨタさんは週末通して絶好調でしたね?
予選見ながらホンモノじゃん!と焦りを覚えました。
赤牛との差に。
ヤルノとW入賞でコンストは一気に10ptリードされ…
3戦連続ノーポイントなんてやってる間に気づけばルノーさんちにも追い越され…
ノオォォウ!
熾烈を極める中団争いからますます目が離せませんね。
巻き返し頑張れよ赤牛!

それにしてもマッサは気の毒だったなぁ。最高のレースをしてたのに。
かつて何度も目にした懐かしい光景…今度はマッサか?
しかもこのタイミングで出るなんて神様はいじわるね。
エンジンブローという残念な結果に終わったけど、この日一番輝いてたのは確かにこの人。
マク2台ぶち抜きスタート、カッコ良かったよ!
今シーズンはマッサのオーバーテイクに魅せられるなぁ。
あ、フェラーリコースターは大回転ゾーンを通過した感じでしょうか。
次に待ちうけるは何でしょう。ねじりあたりかな…

一方その回転にも乗れずまだまだ急降下ゾーンの別コースを行ってる風なライコネン。
一人だけセンターオブジアースにでも乗ってるんじゃなかろうか。どんだけスリル好きなのか。
いくらマイペースでも団体行動を乱したらダメでしょー(こうやって発想の転換という名の現実逃避に走る=自己防衛本能)
今年最悪の週末だったらしいドイツGPから2週間。
このマシンならマクと互角に戦えるはず!お天気にさえ恵まれれば!
と手応え掴んだへレステストも経て期待を胸に迎えたハンガリーGPでしたが、蓋を開けてみれば何か微妙、週末進むにつれどうにもこうにも微妙。
今回はLTネット観戦でしたがフリー3は所用で見れず、何がどうして下位に沈む結果になったのか不安を募らせつつ予選Q2から観戦スタート。
天気も良い!相方も好調!なのに出ないタイムに訳わからず。
コンスタントにマッサから約0.5秒遅れの位置に付ける状況に積んでるの?そうでしょう?そうだと言ってくれ?と願わずにいられませんでしたねぇ…
おまけにQ3ではミスも重なり。
でも当時は普通にこれが出せる限界なんだと思ってました。「マシンは悪くない」とのコメントにどこが?と訝しんだり。
だからミスだと知り、ああホントにそこまで悪くはないんだなと妙なところで安心したものです。
ミスるのもキツいけど、私にとって一番キツいのは「乗れないこと」なので。
確かに乗れてないからミスるというのもあるけど、「悪くない」感触を得ているなら最悪ではナイ。
今シーズンは予選の不安定さを「イベント」として見てきた私ですが、ここまでくるとそんなヌルいことを言っている場合ではないと考えを改めざるを得ません。(遅)
というわけで、これからは「一大イベント」としてガッツリ見ていくことにします。
この課題をクリアするまでは辞めてくれるなライコネン。
いつまでも待つよ。じっくりクリアするといい。クビにならない程度に。

しかしわからん。
今回は低速のハンガリー故にマッサとの差が顕著に出たとか?
でもモナコでウェットはともかくドライではそこまで差は感じなかったような…
うーんわからん。これがスランプってヤツでしょうか。
もちろんマッサが良くなってるのもあるだろうけど。その分置いていかれてる感じ?
今は苦しい時期だけど、早くトンネルを抜けられるよう祈りを捧げ応援し続けるのみです。
地球のど真ん中越えて反対側へ突き抜けられたらいいね。
ガリガリ掘ってけー!

あとレースの最終スティントで見せてくれた怒涛の走りにニヤニヤが止まりませんでした。
あの瞬間のワクワクは今思い出せる限り今年一番だったかもしれない。
よく考えるとこんなヘコむ週末でもポディウム乗れちゃったんだからすごいよなぁ。
調子落ちた分運が上がった感じ。(それも微妙)

さぁ楽しい夏休みをはさんで次は初開催バレンシア!
やばい、市街地コースだよ…
また厳しい週末になるかもしれないなぁ…
なーんーてー辛気臭いことは考えまい。
ゆっくりパワー充電して、後半戦を良い形でスタートして欲しいものです。
  1. 2008/08/05(火) 20:56:55|
  2. F1
  3. | コメント:0

ハンガリーGPひとこと

Congratulations,HEIKKI !!

今度こそチャンスを掴んだぜ!


【今GPの一枚】

まずは飲む

話はそれからだ。

というわけで次回へ続く
  1. 2008/08/04(月) 23:54:35|
  2. F1
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。