宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

love again ?

レッドブルのトロロッソ買い戻しが発表されました。
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/081125201134.shtml

なんだ??
ベルガーと新しいパートナーで進んでいくものと思っていたのにどうしたことでしょう。
マテ会長、2010年までにトロから手を引くって話はどうなりました?
一旦赤牛に戻して改めて売りに出すつもりなのか本当に2チーム運営していくつもりなのか。
そういえばレッドブリテンが廃止されるとか豪華なパーティーも縮小されるかもとか景気の良くない話を見かけて世界的不況の波がここにも来てるんだな?なんて思ってたけど実は2チーム運営に本腰入れるための経費節減案だったとか?
何やらカスタマーマシン問題の進展とかコスト削減とかこのところのF1界の流れが赤牛に方針転換させたのでは、との見方もあるらしい。
プレスリリース読むとこれからも頑張るよ?って感じで売りに出す気配はないし…
何にせよトロをどうするつもりなのかまずそこをはっきり知りたい。
だって!入れ込み具合が変わるから!(笑)
いずれ赤牛と関係なくなるし?と思って特に気にしてなかった諸々の問題も場合によっちゃあおさらいせないかんやないの。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/26(水) 13:57:53|
  2. F1
  3. | コメント:0

We love the earth

突然ですが小室好きなんです。
90年代後半に10代青春ど真ん中を過ごした小室世代ですから。
タイトルのTMもファンになったのは解散後だったけど、再結成してからのライブツアーには欠かさず行くくらいはファンです。
あんなことになっちゃいましたがやっぱり彼の音楽が好きなので、しっかり罪を償った後いつかまた活動再開してくれるのを願ってます。
というわけで、この所自分の中でブーム再来でライブDVDやら見倒しながら過ごしてました。
そんな静かなオフに突然舞い込んできた衝撃のニュース…

ウェバ君何やっとんじゃー!
毎年恒例のタスマニアチャレンジで主催者であるウェバ君自身が車と衝突事故で足骨折って。
とりあえず命に関わる怪我じゃなくて不幸中の幸いでした。早く良くなりますように。
チームは開幕には間に合いそうなこと言ってたけどオフテストは無理っぽいし大変やないの?
ベッテル君いきなり責任重大。
こうなるとデイビッドの役割も大きくなる?
あ、長男誕生おめでとう!
パパになったことだしお仕事にも一層熱が入ることでしょう。
来年から始まるBBCのF1中継にも携わるらしいし当分DC欠乏症に陥る心配はないな。


さて前回小倉さんのKERS講座を読んで自動車業界の環境対策に興味を持ちまして。
今更ですが地域毎の環境規制とかそれに応じた多種多様なエコカーとか広範囲に渡って知る良い機会になりました。
欧州ではCO2排出量規制が特に厳しくて、遵守しないとメーカーへのペナルティが厳しいんだってね。そんな背景もあってBMメルセデスルノーもエコカー開発に積極的に取り組んでいると。市販車売り上げに繋げるためにも熾烈な戦いを勝ち抜かねばならんのですね。
その点フェラーリは元々レースするために車売ってたわけで、それも一般人が日常的に乗るものではなくお金持ちのための高級スーパーカー。他社に比べてエコ技術で遅れをとるのも納得できる話です。KERS開発もしかり。
でもそんなフェラーリだって規制から逃れられるはずもなく、2012年までにCO2排出量を40%低減すべくエコカー開発中らしい。夏頃はKERS技術を市販車にも活用するような話も出てたような。
KERSは減速時のパワーを回収し溜めておくハイブリットシステムの技術らしい。調べたというわりには漠然…(笑)
そしてドライバーはそのパワーをオーバーテイク等ここぞという時に使えるらしい。
レース中のパワー配分を色々考えながら走ることになるんですね。頭使うねこれは。
効率の良いレースをする賢さも問われることになるのか?
レースの新たな魅力かもしれない。
あの人は大丈夫だろうかと心配の種にもなるけど(笑)

ところで先の小倉さんの記事中、なるほどと特に共感できる部分がありまして。

「BMWが2009年のKERS導入に前向きな理由は、日本GP前に都内で行なわれたトークイベントでもマリオ・タイセン博士が明かしていた。F1でのKERS導入と開発で、より小型軽量なハイブリッドシステムが開発できれば、BMWがたいせつにしている「駆け抜ける喜び(=走る喜び)」を備えた自動車を、より効率よく、環境にもよいものとして実現できることになるというわけだ。」

「駆けぬける歓び」 (※正しくは喜びではなく歓びです)
このキャッチコピー大好きなんですよ?
車好きにも色んなパターンがあると思うんです。
運転操作そのものが好きな人、車自体が好きな人、ただ走るのが好きな人、その全部が好きな人等々。
私は車の操作そのものには特に興味は無いけど、運転して「動いている瞬間」が好きなんです。別に速さにはこだわらない。普通に動いてればいいんです。
以前はよく一山越えてドライブ?とかしてました。
最近はガソリン代とか時間とか色んなものが厳しくなって機会も減りましたが、それでもまた満足に走れるようになった時できるだけ環境にも優しいドライブが出来るようになればいいなとこれを読んで思いました。
もちろんエコ運転等自分で出来ることはしていきますが、実現には車を作るメーカーさん達の頑張りによるところが大きい。
今TVでは「エコ替え♪」と環境のために車を買い替えようと謳うCMも流れてるけど、現実的には難しい話です。あんな高いものすぐ買い替えられるもんじゃない。
でも将来その時が来たら、なるべく良いものを安く買いたいというのが消費者心理。
開発含め経済活動には漏れなくエネルギー消費→環境への影響があるのも事実だけど、将来的に良いことなら競い合って安くていいものを作って頂けると有難いです。
先日雑誌でパリモーターショーの特集記事を見ていると、「エゴとエコ」と表現されていて妙に納得しました。
各社バリバリのスーパーカーと最新のエコカーを並べて展示してるんですよね。
ユーザーの求める運転性能とエコをいかに安く両立していくか。
今はバカ高いそんな車達を普通に買えるようになるのはどのくらい未来の話なんだろう?
ちなみに日本では2030年を目標にしてるらしい。
約20年後か? 少なくともまだ車は空飛ばないってことか。

F1も時代に合わせて変わっていくもの。
いつかの地上波オープニングを思い出します。
「テクノロジーの総合芸術」
「伝統50年 F1 未来に向け 走る」
だったっけ?
最新の技術を競う場という面から見ると、どんな未来に進んでいくのか興味は尽きません。
プライベーターに厳しい環境、開発コスト等色んな問題をどうクリアするかがネックになるんだろうけど。

中嶋悟さんが将来のレースについてこんなこと話してました。
http://car.nikkei.co.jp/news/motorsports/index.cfm?i=20081111c5000c5

――バイオ燃料カーとかハイブリッドとか出てきていますが、その次の世代にはどんなクルマのレースが出てきていますか。

電気自動車、燃料電池……様々登場していますが、化石燃料から遠ざかるのは間違いないでしょうね。
来年からレースが電気自動車になってもいいですよ。そしたらクルマにレース音を積んで走りながら流さないといけなくなるね。


レース音を流しながら走るってどうよそれ(笑)
より官能的な音を求めて各チーム熾烈な開発競争!みたいな。
音響企業がF1界に参入する日も近い?

冗談はさておき、今回難しいことは抜きにしてただ単純にこの先もドライブしたい、レースが見たいというエゴのためにもエコ推進は必要不可欠だと現実的に認識出来た次第です。
今まで漠然と判ってはいたけど、F1が景気の悪いこと言うな?とかどのツラさげてエコとか言うんだ?なんて意識がどこかにあったと思う。気付くの遅いわ自分。
孫の代やその先の人達にもこの楽しさは味わって欲しいしね。
今年省エネ法の改正で職場や家庭等の日常生活にはずいぶん浸透してきたエコ・省エネ活動。
これからはレースや車という趣味の世界でも意識して見てみようと思います。
福岡にはトヨタや日産、ブリヂストン等の工場もあるし、小学校以来の工場見学をしてみるのもいいな?
  1. 2008/11/25(火) 21:10:34|
  2. F1
  3. | コメント:0

赤牛を携帯

ちょっと違うか。

レッドブルの携帯サイトがオープンしたらしいよ!
http://www.redbull.jp/#page=ArticlePage.1226645456022-407806241.0

早速待受使ってますよ?
これでいつでもデイビッドと一緒!
flashなので携帯を開くとマシンがドゥオオオって走ってきます。
おもしろいからといって開閉しすぎるとだんだんウザくなるのでほどほどに。
あとメールのカッコイイテンプレートとかもあります。
喜び勇んで早速使ってみたら文字が強制的にセンタリングされてまいっちんぐ。
でも愛用させていただくよ。見やすさとかパケ代とかより赤牛広報活動を優先させていただくよ。
そういえばフェラーリもあるんじゃ?と公式を探してみたら確かにありました。
ありましたが有料っぽいので引き返しました。(?が見えた)

さて各仕様の入り混じるバルセロナテスト。
まずKERSについて勉強せねばなりません。
私の中では来年からの導入は任意でってところで止まってたんだけど…
なになに導入決定?本決まり?
えぇ?
小倉さんの講座を読むところからはじめようと思います。

「FCV実用化にも有益なF1のKERS開発」
http://www.ocn.ne.jp/sports/motorsports/magazine/0840.html

デラロサがインディアに出向しててびっくり?
シートには関係なくてパフォーマンス確認のためらしいけど跳ね馬エンジンの感触も得られたとかない?ない?
あとルノーでご褒美テスト中のガルデってマクの育成ドライバーなんですよね。
一時他チームの契約云々で騒がれてたけど気付いた時にはヤングドライバープログラムに名前があったという。いつからいるんだ君は…
はからずも2チームのエンジンにマク関係者が乗ってたことになるのね。
それにしてもデラロサ応援旗がすっごい気になる(笑)

ペドロの力
現地のお客さんたちも色めきだってたのね。
  1. 2008/11/19(水) 20:03:09|
  2. F1
  3. | コメント:2

誰か夢だと言ってくれ

いやあああ何コレカッコ悪いーーー!!

先にウィリアムズのを見て覚悟はしてたが…
一気に別カテゴリーになった感じ。
私の大好きな曲線美を返して??うわあああん。
しかしフロントウィングのデカさがハンパないですね。
除雪できそう。

というわけで、オフテストスタート!
  1. 2008/11/17(月) 23:02:05|
  2. F1
  3. | コメント:0

不意打ち二連発

トトトニオがスピードカーシリーズのテストにいた!
http://www.speedcarseries.com/news/index.php?newsid=147&flag=n

何の気に無しにモタスポサイトでニュース読んでたらいきなり名前が出てきたもんで「は!?」ってなったよ(笑)
あ?びっくりした。
そんなん自分とこの公式にくらい書いとけよー
つか公式更新しろよー
で、参戦できるのでしょうか。
次回テストは同地で23,24日の予定らしい。
ここでも名前が出てたら期待しよう。
いざ新天地へ!
きゃっほーい待ちに待ったレースだー!(言ったそばから期待もフライング)

しかしタイムシートトップ3のアレジハインツジョニーの元気の良さは一体…(笑)
ユーンとか懐かしい?
開幕戦は来月4-6日らしい。
おおオフがオフじゃなくなるぞ。

ところでインディアのサードの座はどうなるのでしょう。
コレス&ガスコインがいなくなりマクとの提携が決まり大変革のインディア。
こうなるとインド系とメルセデス系の動向が気になってきます。

さて週末開催されたファン感謝祭。
メルセデスStars & Carsにデイビッドも登場してたなんて!
「メルセデスのイベントで、約7万2,000人がL.ハミルトンを祝福」
http://sports.jp.msn.com/article/article.aspx?genreid=13&articleid=358584
youtubeでデイビッドを送る会の模様をチェックしましたが…
何コレ反則ーーーー!
キャリアハイライトをまとめたスペシャルVTRとかもう反則ーーーー!
ああもうダメだカッコイイよデイビッドー
ミカ&デイビッドコンビの当時の映像とかもうダメカッコよすぎるー
つかこんなカッコよかったんだねデイビッド。(今更)
しかしF1ハマリたての胸のときめきが蘇ってたまらんかったです…
ステージ上でミカとロンからはなむけの言葉を贈られ記念品までもらって何この手厚い送別会。
ステージから降りた後はメルセデスに乗って特設コースをミカとランデブー走行。
何故かデイビッドの車体にはカーナンバー7、ミカには8。
普通に観客にお手振りしながら走るのかと思いきや何か二人でデットヒートしてるし。
しかもデイビッドたらやりかえそうとしてスピンしかけてるし。
そして客席から起きる笑い。
ああ最後まであなたって人は… サービス精神旺盛ね。
思いもかけず胸いっぱいになったイベントでした。

そしてフェラーリディの方はというと。
この記事の方が該当するんだろうけど、
「フェラーリ、コンストラクターズタイトル獲得の祝勝会を開催」
http://sports.jp.msn.com/article/article.aspx?genreid=13&articleid=358531
私はこちらの方にツッコみを入れたい。
「フェラーリ社長「最終戦を観ていてテレビを壊した」」
http://sports.jp.msn.com/article/article.aspx?genreid=13&articleid=358550

「君は本物のキミ、最近の彼のどちらかな? よくよく見ると、どうも本物のようだね。たびたび見つめていたら申し訳ない。きちんと確かめたくてね。いや、本当に君だね。フェラーリに来てすぐにワールドチャンピオンとなり、今シーズンは山のような批判を浴びながら、最後はコンストラクターズタイトルのためにポイントを重ねてくれた君だ。」

会長うぜえ(笑)
しかしTVを壊す会長はやっぱり可愛いと思う。
これで何台目でしょうか。
でもこの熱さがいいんですよね。
たまにわけわからんチンなこと言うけど。

ちなみにフェラーリディの模様も例の動画サイトでチェックしましたが、ライコネンとマッサが二人でタイヤスモークをもうもうと上げながらドーナツターンしてるシーンが歌舞伎の連獅子のようでした。
  1. 2008/11/11(火) 20:08:31|
  2. F1
  3. | コメント:2

新シーズンへ

アロンソ&ピケJrのルノー残留が決定!
良かったねピケJr?
放出確実みたいに伝えられてたからホッとしたよ。
アロンソは2010年まで契約延長で腰据えて戦う準備が整ったようで。
んでその後フェラーリ行きとな。
もちろん途中何が起きるかは判らないけど、とりあえず2010年まではフェラーリマクルノーにチャンピオン経験者が納まることになるのね。
おぉ群雄割拠の三国志!(好きなもんで)
ライコネンも最終戦のプレカンで「一度タイトルは獲ったけどもっと獲りたい」って語ってたしまだまだ楽しませてくれるでしょう。
果たして2011年からはどうなるのか…
鬼が爆笑しそうなくらい先の話ながらワクワク。

さて来季のカレンダーがまたまた変更。

3月29日 開幕戦 オーストラリアGP (現地17:00?)
4月5日 第2戦 マレーシアGP (現地17:00?)
4月19日 第3戦 中国GP
4月26日 第4戦 バーレーンGP
5月10日 第5戦 スペインGP
5月24日 第6戦 モナコGP
6月7日 第7戦 トルコGP
6月21日 第8戦 イギリスGP
7月12日 第9戦 ドイツGP
7月26日 第10戦 ハンガリーGP
8月23日 第11戦 ヨーロッパGP(バレンシア)
8月30日 第12戦 ベルギーGP
9月13日 第13戦 イタリアGP
9月27日 第14戦 シンガポールGP (現地20:00?)
10月4日 第15戦 日本GP (現地15:00?)
10月18日 第16戦 ブラジルGP
11月1日 最終戦 アブダビGP

中国GPが4月に早まって日本GPも1週間繰り上がり。
ノー!月曜祝日の恩恵がー!
開幕2戦が夕方5時スタートか?
この時期日は長いんだっけ?夕日が射す中走ることになるのかな?
日本GPも今までより遅い15時。
レース終わって16時半か。夕暮れのサーキットも風情があっていいもんです。
でも帰りの足に影響受ける人は大変だ。
あと前回発表の時にフランスGPとカナダGPが消えてたんだっけ。
ついにマニクールが…
赤牛のメタクソGPプレビューも見れなくなるのね… 残念。

あと日本GPの開催概要も出てましたが個人的にはえらいことになりました。
自由席がなくなって全席指定になってしまった。
すなわち私が愛してやまないスプーン席にもチケットがないと入れない!
スプーンだけで入口、中央、出口の3種類にチケットが分かれてる?
8ヶ所に「エクストラビューエリア」って自由席的な立ち見席は設けられるらしいけどスプーンには入口にしかない!
ここは3ポイント全てで観たいのに…
まず入口でブレーキングの迫力を体感し、中央でコーナリングの妙を楽しみ、出口の加速を見送って締めなんですよ。
本命席は別にあるしスプーンに3日間という選択は厳しい。別に買うしかないのかな。
たとえば1,2コーナーの旧E2席:57000円+スプーン中央M:18000円なら合計75000円…
わぉ。ちょっと落ち着いて考えよう。
ちなみにチケットは3月29日発売開始。
開催概要をザッと見ただけでも色々変更点や新企画もあるようで、新生鈴鹿も楽しみです。
  1. 2008/11/06(木) 18:25:34|
  2. F1
  3. | コメント:4

ブラジルGP

ルイス君初戴冠おめでとう!
マッサ最高にカッコよかったぞ!
アロンソさすが!
ライコネンおつかれ!
デイビッド残念だったようわーん!

遅ればせながらお祝いを。
別にDCショックで寝込んでたわけじゃないよ?ホントだよ?(バタくってただけです)
2008年最終戦、大変なものすごいドラマを見せていただきました。
こんなドラマチックなレースになろうとは…
もう本当に神様の台本に脱帽。
レース直前と終盤に雨を降らせるお天気がらみの演出に、まさに天の神様の気まぐれというか存在を感じたね。
いるよ神様。台本せっせと書いてるよ裏で。んでニヤニヤしながら見てるのよ。にくいねこのー

リアルタイムで見てる時はただただワーワーギャーギャー興奮しながら見てたけど、後日録画していた地上波ビデオでもう一度見て、最後の数周のあまりの展開に泣きそうになった。
神がかり的な展開に最高だ!おもしろすぎる!と。
信じられないよ最終コーナーでチャンピオン決定って。
その分マッサの30数秒間のつかの間の喜びは切なすぎるけど。
しかしマッサは最高にカッコよかった。
男泣きが美しかった。
今回負けて間違いなく男を上げたと思う。

このレースで忘れちゃならないのがタイトルの行方を左右したたくさんの役者ですね。
序盤ウェットでさすがの走りでルイス君を抑えたフィジコ、周回遅れなのにおらおら追ったくって何気にプレッシャーかけてたクビカ(笑)、ラスボスベッテル君、そして救世主グロック(笑)
ベッテル君がルイス君を抜いたシーンはクビちゃんも絡んでなかったっけ?
ルイス君も残り1周で前を抜かないとまたタイトル取れないって状況に陥ったのもある意味すごいけど、それほど切羽詰った状況でテンパらなかったのは成長の現れに思えた。
前にいたのがアロンソだったらもしかしたらひょっとしたかもしれないけど。(フジあたりからそんな印象(笑)

結果は規定路線だったかもしれないけど、それに至るまでの経過に最高のドラマを見せていただきました。
チャンピオン獲るってやっぱり大変で凄いこと。
はぁーおもしろかった!

ライコネンはCSでは対ルイス君要員として後ろ見ながら走ってるような言い方されてたけどどうなんでしょう。
本人はマシンに手こずってたって言ってるし普通に前行けなかっただけのような気がするぞ。
まぁ今となってはどっちでもいいけど、とにかく確実に3位フィニッシュできて良かった。
ペース上げてアロンソに迫り、1-2狙いに行ったのでは?って話が出た時はやめとった方が良いんじゃないの??って思った口だから(笑)
結果クビちゃんと同ポイントに並び、勝利数でランキング3位になったのね。
あら今年もFIA表彰式出られるのね。蝶ネクタイ姿見れるのね。嬉し。
さよならカーナンバー一番。
またいつか取り戻す日を夢見て新しい船出が待っている。
ヨーソロー!

最後にデイビッド。
こんな終わり方を誰が予想できたでしょう…
え!?え!?ちょっと待て白いマシンやし違うやろ!?と現実から逃げてみるも間違いなくDCなわけで。
ホントにね、ブーーーーーッ!!って吹いてうなだれました。
しかし今更泣くほどのショックを受けるわけもなく。
「いやあるある」「逆に普通にフィニッシュするより印象に残る最後だったのでは」「こんなレースだけにね」「鮮烈に記憶に残るよ」
とあっさり受け入れた我々はおかしいでしょうか。
いやしかしそれこそが私らのスタイル。
最後までデイビッドだった。うん、それでいいじゃないか。
デイビッド、お疲れさまでした。
純粋に応援したのは短い間だったけど、F1にハマって以来いつもそこにいたあなた。
ミカの隣に、ライコネンの隣に、そして赤牛と共に。
普通とはちょっと違う楽しみ方をさせてくれたことに感謝します。
どういう楽しみ方かは大きな声では言えませんがいじってねじっていろいろと。
これからもまた違った立場で楽しませていただきますね。
赤牛運営がんばってください。
新しい道を楽しんでください。
ありがとーう。大好きだ。

以下写真で振り返る最終戦。

敗因は浮かれすぎ?
じゃないとは思うがボブ・マッケンジーさんあなたまで一体何してますのんその格好。
デイビッド帽子よく似合ってるよ…

みんな被ってたのね
この一体感、楽しそうでいいじゃないですか…ね…
仲間ですから!

ドライバー集合写真?笑顔のライコネンバージョン?
この手の写真ではきわめて珍しい価値ある逸品といえましょう。
カメラマングッジョブ。

「頼むぜ相棒!」
「アハハハ頑張る」

未だ合いいれる気配の見えないコンビだけどたまーにこういうシーンを見るとああそれでも良いんだなという気になる不思議。

美しき男泣き
あんたがヒーロー!
な見事な母国GPでした。
最高にカッコよかったぞー!
ポディウムでの熱いアクション、カッコよさはアロンソに並ぶ役者だと思ったわ。
惚れた。

「惜しかったね」
「まあね…」

ポディウムでライコネンがマッサに何か耳打ちしてましたね。
程度は違えどタイトルまで一歩届かなかった悔しさはよく知る彼のこと。
何て声かけたんだろう。

「ドンマイ」
「サンキュ」

アロンソも去年1pt差でタイトルを逃す同じ経験してるんだよね。
状況は違えど気持ちはよく判りましょう。
そういやマッサ両手に王者だったね。

それぞれに祝福を
マッサ涙のぐい飲み、ライコネンはドメニカリにシャンパンかけ、アロンソはチームのためにお持ち帰りするボトルを大事に抱え、それぞれのシーズン終了セレモニー。
ライコネンはレース後ドメニカリのためにコンスト優勝を喜んでたしそれがよく現れてるシーンでもあるね。
ところでマッサにもちゃんとかけた?
まず飲むかかけるかずっと観察してたけど映らずそれだけが気がかりです。
どうせ飲んだんやろ、とTVの前でやんや言うとりましたが。

「サンキューボーイズ」
ドメニカリの眼鏡に銀紙が…今年も大変な大吹雪でした。
監督初年度色々あって大変だったでしょうがなんとかコンストタイトルは防衛できて良かったですね。
前年チャンプの不振にはさぞ胃を痛めたことでしょうが…(笑)
その前年チャンプ様、肩組んでるのに一人空気読まず下界にぴゅーいぴゅーいとシャンパンを掛け始めて相変わらずやなと和みました。

シーズン総括はまた改めて。
今シーズンもお疲れさまでした!
新時代の幕も開き、また来コ年どんなドラマが生まれるのか楽しみにしてます。
  1. 2008/11/04(火) 19:35:37|
  2. F1
  3. | コメント:2

wings for life

DCファイナル。
ついに最終戦がやってきてしまいました。
タイトル争いに盛り上がるところですが同じくらいこちらの方も重要なのであります。

はぁ最後か…
これで見納めか…
何て言えばいいんだろうか。
言葉が見つからないよデイビッドオオオオオオ!
いつの間に私の中でこんなにも存在が大きくなってたんだ。
ミカの時とも兄さんの時とも違うこの感じ。
いて当たり前の人がいなくなる違和感。
いつ辞めてもおかしくないしぃ?なんて笑ってた日々が懐かしい。
な、泣いてなんてやるもんか…っっ

チャリティー特別仕様のカラーリングを身にまとってのラストラン。
「人生に翼を」
新しい道を歩き出す彼にもマッチんぐぅー ですね。

さよなら記念撮影
特別カラーリングのマシンとデイビッドを全ドライバーが囲む。
こんな風に送り出してもらえるなんてホント幸せモンだよ(泣)

チームスコットランド
変態さんじゃありません。れっきとした民族衣装です。
こんなイベントまでしてもらえてホント幸せモン… か?
ただ涙はひっこんだけど。笑いが先行して。
白いレーシングスーツ、カッコイイね?
あと今回はメットにもカメラが仕込まれてるようでオンボード映像大サービスなのも嬉しいねぇ。

スカートひらり?ひるがえし?♪
って感じ。
わかってる、わかってるけど!

泣いても笑っても今シーズンも残り数時間。
嬉しいことに月曜が休みなのでなおさん宅でガッツリCS観戦といきます。
いいレースになりますように!
ああ赤牛の神様どうぞDCに翼を?!
  1. 2008/11/02(日) 20:36:14|
  2. F1
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。