宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

砂漠は砂漠でも

硬いのね。
砂じゃなくて岩石の砂漠なんですね。
初開催の08年の様子をちらっと見ましたが文字通り岩と石がゴロゴロ。
ラリー用に作られた特設ステージで、その硬い路面は「鋭く尖った大理石の刃のよう」とか。
他にも「アスファルトみたく硬い路面をルーズなグラベルが覆う」なんて表現も目にしました。
こりゃスタックよりもパンクに見舞われる率の方が高い?
おまけにリピートステージでは路面が荒れてタイヤに厳しくなると。
今回のタイヤはハードでシェイクダウン用6本含めて36本。
ライコネンはタイヤ交換どのくらいで出来るんだろう?

以下スケジュールメモメモ。
(アイテナリー)

Day 1 – Thursday 1st April
11:28 – SS1: ‘Rumman Forest’ (15,34 km)
12:26 - SS2: ‘Wadi Shueib 1’ (8,65 km)
12:54 - SS3: ‘Mahes 1’ (20,44 km)
13:37 – SS4: ‘Mount Nebo 1’ (11,09 km)
– Service A (14h32 / 30 min)
15:50 – SS5: ‘Wadi Shueib 2’ (8,65 km)
16:13 – SS6: ‘Mahes 2’ (20,44 km)
16:56 – SS7: ‘Mount Nebo 2’ (11,09 km)
– Service B (17h34 / 45 min) – Last car in parc fermé at 21h30.
SS : 95.7km (32.7%)
Liaison : 196.72km
Total : 292.42km

Day 2 - Friday 2nd April
Service C (8h00 / 15 min)
08:38 – SS8: ‘Suwayma 1’ (12,23 km)
09:21 – SS9: ‘Kafrain 1’ (17,20 km)
10:19 – SS10: ‘Jordan River 1’ (41,45 km)
– Service D (11h54 / 30 min)
12:47 – SS11: ‘Suwayma 2’ (12,23 km)
13:30 – SS12: ‘Kafrain 2’ (17,20 km)
14:28 – SS13: ‘Jordan River 2’ (41,45 km)
– Service E (15h46 / 45 min) – Last car in parc fermé at 20h00.
SS : 138.28km (39.9%)
Liaison : 208.54km
Total : 346.82km

Day 3 – Saturday 3rd April
– Service F (7h30 / 15 min)
08:20 – SS14: ‘Yakrut 1’ (14,16 km)
08:50 – SS15: ‘Bahath 1’ (12,53 km)
09:33 – SS16:‘Shuna 1’ (15,23 km)
10:16 – SS17: ‘Baptism Site 1’ (12,43 km)
– Service G (11h06 / 30 min)
12:11 – SS18: ‘Yakrut 2’ (14,16 km)
12:41 – SS19: ‘Bahath 2’ (12,53 km)
13:24 – SS20: ‘Shuna 2’ (15,23 km)
14:07 – SS21: ‘Baptism Site 2’ (12,43 km)
– Service H (14h40 / 10 min) – Finish at 14h50.
SS : 105.50km (38.7%)
Liaison : 167.04km
Total : 272.54km

Rally total
SS : 339.48km (37.2%)
Liaison : 572.30km
Total : 911.78km

ここもコンパクトなステージ組みですね。
競技時間もコンパクトで見てるだけのこちらとしても助かる(笑)
しかし40km超えのステージは過酷そうだな?
無事フィニッシュできますように。

2日間のグラベルテストを経て初の砂漠ラリーに挑むライコネン。
何やらテストで自信も深めているようだし更なる前進に期待したい。
今度は何を見せてくれるのか、どんな課題が待っているのか、ワクワクだ?!
ひとまず今週末は完走祈願しときます。
F1の赤牛と併せて(笑)
スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) 01:09:01|
  2. Rally
  3. | コメント:0

画像で振り返るオーストラリアGP

当然のように赤牛だらけ。

足癖の悪いチーム代表
だって機嫌悪いんだもーんむしゃくしゃしてんだもーん。
とはいえ普段から柵に足をのっけてる姿はよく拝見いたしますが。
このインタビューの途中、「不満気&頭に来てるようだけどいつものリラックス状態にはない?」なんて聞かれてるんですね?はっは?
怒れる代表。まだまだ血気盛んな36歳☆
感情表現豊かでいいじゃないですか。
遡る事数年前(=忘れた)、デイビッドが赤牛初表彰台をもたらしたモナコGP。
フィニッシュまでピットウォールのデスクに突っ伏してPlease Please…と祈り倒していたキュートなエピソードは後世まで語り継ぐべきだね。
ところでベッテル君のリタイア原因はホイールナットの緩みから生じたものとか。
(ナット緩む→振動する→ホイールマウントにダメージ)
装着不備だとしたら、左フロントタイヤマンには悪いけど人的ミスならまだマシだ。
連戦の中での信頼性不足より。
人はミスする生き物だ。でもミスから学ぶこともできる。
今回雨雲監視役のスポッターを風上に2人配置してCS解説陣に支持されているのを聞いて、赤牛やるじゃーんとまた一歩惚れたところです。
一歩一歩行きましょう。
飛ばすともったいないよ。(どうしてもまわり道したいらしい)

初めてのフロントロー独占
で、ニコニコニヤニヤ。
つか初めてだったんですね!
去年の内に獲ったつもりでいたよ(笑)

Sexy Back
語るようになってきたね?この背中が?

目は口ほどに
モノを言う。
以前からたびたび言っとりますが目力あるよなこの子は。

ようこそ先輩!
ウェバ先生、母国の学生達の前で特別授業。
ポール・モナハン先生もいます。(つかこっちがメイン)

ブオオォォォ
一方ベッテル君はブーメラン片手に大きな楽器に挑戦。
ブーメラン置いとけばいいのに(笑)

おまけ:今レース中のベストオブ無線

「知りとうなかったわ!」
byフェラーリの新エース フェルナンド・アロンソ
(↑マッサ…)

ルイス君が何秒後ろに追いついてきたよ?とのチームからの無線に返した言葉。
何だか微笑ましかったわ(笑)
この時のアロンソの走り自体もカッコよかった?
虎視眈々とマッサの隙を伺う走りからルイス君を押さえ込む守りの走りへのスイッチ。
「チッ」て声が聞こえてきそうでときめいたわぁ。
んでやっぱりルイス君vsアロンソは燃えるしモエる。ふふ。


さて今週は連戦マレーシアですね。
そしてWRCはラリーヨルダンですね。
これからライコネンモード入ります。
ああドキドキの砂漠デビュー!
土曜フィニッシュでスケジュールが一日早いしもうレッキ中だろうな?
ここはカイさんもお初の地だしどうなることやらドチドチ。
スタックして砂まみれになりながら脱出を図る姿が目に浮かぶよ…(笑)
今から言っとく。頑張れーライコネーン&カイさーん!
サファリとかダカールっぽいのをイメージしておけばいいでしょうか。
2002年だかの総集編のサファリでバーンズが簡易マスク意味なくねそれ状態でスタックからの脱出に難儀していたのを思い出す。
詳しくはまた明日予習しまっす。
  1. 2010/03/30(火) 00:41:01|
  2. F1
  3. | コメント:0

サバイバル!

おもしろかった?オーストラリアGP!
ウェットスタートからドライへ変化するコンディションの中、タイヤ戦略も絡みつつの抜きつ抜かれつのドラマチックなレースを楽しめました。
大人なレースのバトン君、優勝おめでとう!
力強いレースのクビちゃん、2位おめでとう!
マッサも2戦連続表彰台おめでとう!
4強役者達のバトルはホント楽しかった?
赤牛はガックリな結末だったけど楽しかった?
ベッテル君、ブレーキトラブルでトップ→リタイアとは残念でした!
さぞ腹立たしいことでしょう。怒れ怒れ!
そしてまた立ち上がるんだーーーー!
すみません、不謹慎かもしれませんが私はこの結末を悲しんじゃいません。
変な話、むしろ理想的。
だって最速だし。それが一番嬉しいし。
速くて脆い。この刹那的な感じが良いね。2005年のあれやこれやを彷彿とさせるね。
成功は祈ってる。最終的にはタイトルを獲ってほしい。
でもそこに行き着くまでの紆余曲折は大歓迎。ドM魂全開で。
まずはこの速さを堪能させてもらうから、その間に信頼性の向上をお願いしますよホーナーさん&ニューウェイ先生。

そして今回私の胃をうまい具合にシクシクさせてくれたのがトーニオ!!
前戦に続いて入賞!粘りの7位おめでとう!!
プライムタイヤでガンガン追い上げてくるバリチェロの影に怯えつつ、何事も起きませんようにすなわちスピンとかスピンとかスピンとかしませんようにとゴールまで祈り倒してました。
しかしスーティルはエンジントラブルでリタイアとか。大丈夫かメルセデス。

見応えがあっておもしろいレースだった?
みんなお疲れ&ありがとう!
  1. 2010/03/28(日) 18:18:31|
  2. F1
  3. | コメント:0

ただいまテスト中

バレンシアで始まったDTMの合同テストにデイビッドも参加中
ちゃんとメルセデスからね!
開幕直前のこの時期に乗るってことは!
先の記事の噂は単なる噂だったってことでOKかしら!
しかしこないだ北アイルランドでF1デモランしてたと思ったら今度はDTM乗ってまたすぐメルボルンでF1しょう?しゃべるだけだけどさー
忙しいねデイビッド。

さて午前の部のテストタイムはこちら。

01. Alexandre Prémat (Audi) - 1:28.799 minutes - 51 laps
02. Mattias Ekström (Audi) - 1:29.127 - 42
03. Timo Scheider (Audi) - 1:29.156 - 38
04. David Coulthard (Mercedes) - 1:29.476 - 53
05. Markus Winkelhock (Audi) - 1:29.601 - 44
06. Bruno Spengler (Mercedes) - 1:29.759 - 68
07. Ralf Schumacher (Mercedes) - 1:30.128 - 53
08. Susie Stoddart (Mercedes) - 1:30.141 - 39
09. Congfu Cheng (Mercedes) - 1:30.463 - 56

周りがテストメニューをこなす中一人別メニューなんだろうけどそれなりに走れてるやーん。
そして午後の部、公式LTを見てるんですが現在DCは2番手。はりきってるねぇ。
つい先程まではトップにつけてましたがプレマ号に抜かれました。
しかしこのLT、タイム差は表示されるけど肝心のタイム自体が表示されないとはどういうことだ…
なんてこと書いてる間にLTから表示が消えた。
セッション終了かな。

メルセデス組のディレスタ君とパフェ君はF1でオーストラリア行きのため欠席。
ディレスタ君は金曜フリーでデビューですね。
普通とは違うちと特殊なサーキット、頑張ってね!
そういえばどっちのマシンに乗るんだろう。
背格好からいえば同じような(意外とデカい)スーティル号の方が合わせやすそうだけどやっぱカーナンバー順かな?
  1. 2010/03/25(木) 01:03:47|
  2. DTM
  3. | コメント:0

三 角 関 係

メルセデスのスポンサーに赤牛のライバル企業、モンスターエナジーが登場。
兄さんやニコ君のメットにもバーレーンの土曜日から(金曜フリーでは見なかったような)蛍光グリーンのニョロニョロがお目見えしてましたね。
率直な感想。 似合いませんな。
だってーあの(どの)メルセデスにアメリカーンなはっちゃけエナジードリンクですよ?
ナニ血迷ってんだよモンスター。
そうモンスターに問いたい。メルセデスではなく。
ブランドイメージ的に相容れませんよ。
それならもうちょっと楽しげなチームに付けば相乗効果ってやつも見込めるだろうに。
具体的にはそうね? ルノーとか?
私の中ではフラビオ時代のルノーボーイズのノリが未だに染み付いている… 最近はどんな雰囲気かいな。
そうは言ってもやはりトップチーム&シューマッハ効果を狙ってというのも判る。
ケン・ブロックもファミリー加入をtwitterで歓迎してましたよYoh!

やぁ、しかし相容れん…
そのうちスリーポインテッドスターにニョロニョロコラボのキャップ、当然ツバはまっすぐ仕様なんてものが出てきたらどうしよう…!(被り隊)

ところでこのコラボをおもしろくないと伝えられているお方がいましたね。そう赤牛総帥マテ会長。
望んでたメルセデスエンジンへのスイッチが叶わなかったからな?
ホントならニョロニョロじゃなくて雄牛とのコラボだったのに?ってところでしょうか。
メルセデスからのエンジン供給についてはDr.マルコ曰く「うちに勝てなくなるから拒否られた」と。
それに対してメルセデスは「うちはOKだったんだけどマクが拒否ったんですー」と否定。
更にはこの一件が思わぬところに影響を及ぼすかもと。
デイビッドのメルセデスからのDTM参戦が危うくなるって??
何この飛び火(笑)
赤牛とメルセデスの微妙な関係が今後どうなっていくのか目が離せません。
  1. 2010/03/24(水) 01:33:04|
  2. F1
  3. | コメント:0

「これも人生だよ」

byセバスチャン・ベッテル 22歳(若!)

録画していた地上波のバーレーンGPを見てるんですが、ちゃんとピットストップタイム出てるやーん。
ピットロードから出た瞬間トータルタイムの横に。
何で気づかなかったんだろう(汗)
で、ベッテル君は4.0秒だったと。
3秒台は見かけなかったような。
つくづく1.8秒ってどうやったんですかホーナーさん…

ところで無給油レースは動きが無くて退屈だと不評のようで。
これってどこを見るかにもよりますよね。
私の場合は前半トップ争いに夢中&後半手負いの雄牛の心配で退屈する暇なんてなかったから(笑)
でもそれ以外は確かにそうかもしれないなぁ。
そういやオーバーテイクを増やそうって動きは一体どうなったよ。

さてレースを観終わりました。
エンディングでコース脇に止めたマシンから降りたベッテル君が悔しそうに空を蹴る後姿が印象的でした。
いいねぇ。
あと続きが気になっていた赤牛公式のベッテル君日記ですが、本人の公式サイトで週末続いてたんですね?
(ドイツ語版のみ)
GP中の楽しみが一つ増えたわぁ。
  1. 2010/03/17(水) 01:01:35|
  2. F1
  3. | コメント:0

Spark!

背中で語る

byベッテル君
悔しさのパワーってすごいんだゼ。
そのもんもんとした背中がいいんだよ。
思いが渦巻いてどんどん力が溜め込まれているような。
いいんだよねぇ?

先程CSのフォーミュラ講座を見ました。
丁度チャンネルを変えたらナイスタイミングでエンジン特集だったもんで。
ベッテル君のトラブル原因はエキゾーストではなくエンジンのスパークプラグの故障だったと判り、メカに疎い私はどれやスパークプラグ!なんやスパークプラグ!と拝見。
結局スパークプラグについては触れることなく終わってしまったけど、要はエンジン周辺のトラブルってことよね。
エンジン自体が逝ったわけじゃないよね。
早くも1基失ったってわけじゃないよね。
ならいいのですが。(ビクビク)

レース直後、超むかつく!非常に腹立たしい」とお怒りモードのホーナーさんは原因がエキゾーストか電気系か他の何かかマシンを見てみないとまだわからないと話していました。
というのも症状は断続的に出ていたようで。
なるほど、最後のペースの回復ぶりにはこういう理由もあったのかな。
で、エキゾーストについては昨年のシステムと大きく異なるものでもないとも語ってるんですね。
え?そうか??(笑)
極端に下の方とか聞いたぞ。んでカムフラージュに通常ありそうな位置にそれらしいシールを貼ってごまかしてたとも聞いたぞ。
FP3でニューウェイ先生がベッテル君号の周りで色々気にしているのが印象的でした。
後ろ覗き込んだりバージボード触ったり。
あと予選の後パルクフェルメに停めてある各マシンを興味深そうに眺めている姿もあったな。
風と友達ニューウェイ先生もマクの新リアウィングにはギョッとさせられた?(byCS)
私のような凡人には何が問題だったのかもよくわかりませんが、こういうレギュレーションの隙をついた熾烈な技術競争もF1の魅力の一つよのう。
もっともっと速くしてください。壊れない程度に。
あ、でも少しくらいなら…(笑)

そうそう、今レースで忘れちゃならないのがメカニックの頑張りです。
マシンの面倒はもちろんのこと、特訓したピットストップですよ?
チーム曰く他より0.5秒近く速かったとのことですが、計時表示がこういう時に限ってピットレーンとの合計になっていたという…
ちなみにベッテル君が22.260秒でいちばーん!
で、次にデラロサが22.906秒で付いてるんですね?
ウェバ君班はどうしたよ?と思えば作業に手間取ったようでタイムロス。
なんてついてない…ウェバ君はスタートで煙吹くはで流れが悪かったな…
次こそ特訓の成果をしっかり発揮できればいいね。
  1. 2010/03/16(火) 00:17:02|
  2. F1
  3. | コメント:0

ドラマチックだ開幕戦!

はっはっはーーーーー
期待を裏切れよレッドブル!!

いや…期待なんかしてませんでしたよ…?(※負の方の)
いつもなら開幕戦は信頼性が不安だよねまずは完走を願おうよってところから今年は優勝争いを夢見たんだから。
攻めすぎたエキゾーストか?そ?か?
ガックリと肩を落とすメカニックの姿に泣けた…
しかし!感動した!!
前半の好調ぶりも、終盤の厳しい状況下での健闘ぶりも!
傷を負いながらもどう戦うか、それが重要だ。
ベッテルくん&リズ様グッジョーーーーーブ!!
見応えのある走りをありがとう!

結果新生フェラーリ1-2おめでとう?
次は負けねぇ!
予選で前とって決勝は抑える戦法で負けねぇ!
頼みますよホーナーさん&ニューウェイ信頼性!

そしてインディアはトニオが9位でポイントゲット!
4強に続く9位ですからね?
スーティルとクビちゃんが普通に走れてたらどうなったか判らないけど、それでもチームとしては今年は期待できそうですね。
おめでとう!

兄さんは準備運動中ということで。
シューマッハ100%の登場を楽しみにしてるぞ。
あ、メルセデスのCM見ました。最後のウィンクに吹いたわ(笑)
ニコ君バージョンは無いのかな??
そういえばセーフティーカーが出ませんでしたね。
今年からニューバージョン、それもときめきのガルウィング!

無給油レースは今までとは一味違った魅力で楽しかったです。
中盤以降の駆け引きが始まるあたりからの緊張感がサイコー
なになにどうなるのどうするつもりなのー!っと後ろのアロンソの存在感がハンパねぇっす。
ライコネンがいなくなってこれから胃を痛めることなく健康的にF1観戦できるのかと思ってたけど甘かったわ…(笑)
キリキリキリキリ甘美な痛みを今年も楽しめそうだ!
  1. 2010/03/14(日) 23:25:45|
  2. F1
  3. | コメント:0

幸運のてんとう虫

「っしゃあああああ!!」
Great job Seb & Liz !!

ふっふっふーーー
いきなりポールですかい!
決まった瞬間鳥肌たったわ!
すばらしいよ赤牛&ベッテル君!

「いっちばーん!」
「ピース!」

じゃなくてにばーん!はマッサ。
復帰おめでとう?!こうして再びレースに戻ってこられて本当に良かった。おかえり!
フェラーリ2-3で今シーズンは噂どおり良さそうですね?
そりゃ去年を途中で潰したんだから強くなくちゃ困るってもんよ。
レースペースでは群を抜いてるようだし決勝は骨が折れそうねベッテル君。
しぶとく前を押さえて何とかきばりやー!
特訓を重ねたピットストップも勝利に向けて後押ししてくれる、はず。
でも良く考えると去年はピットストップの作業そのものよりその後のリリースで泣かされたんだよね…
その辺含めてチームもきばりやー!
ウェバ君も上位を狙えただけに6番手はちょっと残念だったけど、給油ナシレースでどこまで行けるか楽しみ!ポイント頼むぞ!
あ、今年のベッテル君号は「官能的なリズ」と命名されたそうで。
セクシーに駆け抜けるリズ様の勇姿を楽しみにしとります。

さてオフの間に赤牛F1サイトがリニューアルされ見やすくなりました。Flashじゃない…!(嬉)
で、ベッテル君日記が始まったんですね?
バーレーンDay1木曜日編が出ていて最後は「Till tomorrow」で締めてるけどDay2Day3と続くわけじゃないの?
ひとまず初日はトラック攻略に向けてとシューマッハ祭りとタイトルへの希望と幸運のてんとう虫との出会いを語っています。
首を掻いたら手に小さなてんとう虫が乗ってたんだって。
てんとう虫は幸運のお守りといわれているので、この子がそうだといいなと。
なにそれかわいい?(笑)

ではここでそんなベッテル君の飲み物特集in灼熱のバーレーン。

ミニミニレッドブル
何ですかそのミニマムサイズは!
かわいい超かわいい欲しい!
成分は通常サイズと変わらず濃縮ってやつ?

オレンジ?
ジュース?
ペットボトルwith紙コップ。
噂の昆布茶もといkombuchaは持ち歩かないのかな。

開幕戦からいきなりポールで想定外の全力赤牛祭りに入りました。
新予選も相当楽しかったんだけどそれらの印象を一瞬忘れるくらい。
いやぁおもしろかったよ!思い出すからちょっと待ってて!(笑)
あ、セッション中のマク公式サイトは情報量がハンパないですね。
リアルタイムのコメンタリーログ(無線入り)、スピード、ギア、エンジンレブ、更にはGまで走行中のマシンの状況まるわかり。
ガレージ内も前方にエンジニアベイが設けられて情報に関してはえらいオープンになった印象。
で、チェックしたい情報が多すぎててんやわんやになるというオチ。
今まではライコネンに絞って見てたけど、一気に増えて4強+インディアの5チームで大変!
LT追うだけでも大変!
でも楽しい?
贅沢な悩みだわぁ
  1. 2010/03/14(日) 17:35:42|
  2. F1
  3. | コメント:0

Redbull Kombucha

F1開幕にあたりベッテル君の公式サイトに行ってみると、好きな飲み物=Redbull Kombuchaとあった。
これは「レッドブルと昆布茶」なのか、レッドブルコーラのような「レッドブルが出している昆布茶」なのか、「Kombucha」という私の知らない飲み物なのか。 謎だ。
もし昆布茶ならそもそも何がきっかけで好きになったのか。
日本人である私だって飲んだことないのになんだってそんな渋いもんを…!
と不思議に思って調べてみたら紅茶キノコと呼ばれる健康飲料でしたー
なんてまぎらわしいっ
つかベッテル君、健康飲料を好きな飲み物にあげるってそれってそんな美味しいの?

というわけで、ぜんぜん関係ない健康飲料情報からスタートしたF1開幕。
ライコネンがいないF1は寂しくもありますが、その分赤牛を中心にご贔屓さん達のいじりや応援により一層励みたいと思います。
さてラリーにかまけている間にアメリカンチーム&ステファンが消えカンポスがヒスパニアに名を変えメガネのマークさんがルノーへ移籍しロシア人ルーキーの担当エンジニアになりハウグが甲状腺の手術をしデイビッドがDTMのテストを2回行いウェバ君がtwitterを始めていたというオフでした。(←ベッテル君こそやってそうなのにな?)
気になる各チームの仕上がり状況はF1GPニュース開幕直前スペシャルで予習バッチリ!のつもり!
マク、フェラーリ、赤牛、メルセデスの4強対決になると。
光栄ですね? 4強の一角に赤牛が名を連ねるなんて。
しかもアロンソやニックが開幕戦優勝候補として赤牛を挙げているのを見かけましたよ。
なにーなんなのーおだてて調子にのせて打ちのめす作戦かなにかー?
でもでもチームとしても冬の間頑張ったのは確か。
中でもピットストップ練習にかける情熱は他の追随を許しませんよ。
去年ポカして泣くことが多かったからここに力を入れるのも判るわ…
クルーを心身ともに鍛え上げ練習を重ねた結果、1.8秒タイムをたたき出したとな。
どんな状況なんだろう? 本番でその成果を見るのが楽しみだ!
あと「キャリアで一番良いマシン」と語るインディアトニオも楽しみです。期待してるぞ?
ディ・レスタ君は結局DTMと掛け持ちになるとか。二足のわらじ頑張ってね。

兄さん復帰や新チーム参戦や4人のチャンピオン対決や給油無し等見所満載の今シーズン。
まずはドライバーラインナップを覚えるところから始めようっと。
総勢何人いるんだ??

あ、日本GPの開催概要が出てましたね。
もう金曜日が自由席化(V席以外)ってだけで狂喜乱舞しましたよ!
金曜フリーをスプーンで観戦できる!
いやっほおおおおおおい!
  1. 2010/03/11(木) 00:30:26|
  2. F1
  3. | コメント:0

栄光のソンブレロ

Day3は最初のステージしか観戦できなかったんですが、ペターvsオジェ君の2位争いがすごかったようで。
出走順はペター2番手、オジェ君3番手。二人の差は2.7秒で最終日スタート。
この日は二つ目のSS20が安全上の理由からキャンセルになったので、SS19,21,22の3ステージ勝負。
SS19、オジェ君がペターに4.1秒の差をつけ勝利。総合順位も+1.4秒で逆転。
SS21、ペターがオジェ君に0.8秒の差をつけ勝利。総合順位は変わらずも差を+0.6秒まで縮める。
SS22、2台ガチンコ勝負のスーパーSSでペターがオジェ君に1.7秒の差をつけ勝利。総合順位も見事逆転2位ゲット!
ペターは喜びの男泣きしてたとか。
プライベーターとして苦労もあっただけに喜びもひとしおなんだろうな?
こう明るく感情表現豊かなMr.ハリウッドが元気だと盛り上がりますね。
オジェ君もよく接戦をミスなく戦い抜いたなぁと感心。さすがセブ。

さてアイスクールのセブの方、ローブがDay2のリードを守りきり優勝ということでおめでとうございます。
3日間通しての戦い方がさすがです。
初日2番手出走でそこそこのタイムを出し、2日目の出走順3番手キープ。
2日目クリーンな路面でプッシュしタイムを荒稼ぎ。
翌日は不利なトップランナーだけどステージ数3つしかないのでマージンは十分。
3日目完走めざし無理せず走って優勝。
はー完璧。
それもこれもミスなくプッシュできてこそなせる業ですね。

シトロエンが表彰台独占の一方、フォードが元気なくて不思議でしたが。
ラトバラさんはギアボックスの違いが標高の高い条件でのパフォーマンスに差を生んだのではと見ている様子。
フォードは5速、シトロエンは6速とか。へー違うんだーと目からうろこでした。
チーム代表のマルコム・ウィルソンはそれだけじゃないはずだと詳しく調査する意向。
全13戦中9戦がグラベルのため、今ラリーはシーズンを占う上で重要と聞いてたので気になるところです。
ターマックはシトロエン有利らしいし、グラベルもだと勝負見えちゃうぞ。

魅惑のソンブレロ
勝者にのみ与えられる栄誉。
ああうらやましい。>主にソンブレロ

ここだけ異色の香り
それはアメリカン、モンスターエナジー&ケン・ブロック。
欧州とは一味違う魅力のおねえさま方をはべらせまぁステキ。
昨日JsportsのDay0を見たら(初日見逃した)ラリー歴まだ6年だってー?
ラリーストが靴屋をやってるんだと思ってたら逆でしたか!
あ、勝手にライバル認定したけど向こうだってチームのツイッターで「(SS1)キミに勝ったぜ!」て呟いてたんですからねっ

フォードが楽しそうな理由 その1
目隠ししてスイカ割りならぬクス玉(お菓子入り)割り
なかなかヒットしないラトバラさん、スイングが決まってるヒルボネン。
つかラリージャパンでは野球までしたんかい。

フォードが楽しそうな理由 その2
マラソーン!
何故かものすごく楽しそうに見えるラトバラさん(右)が印象的。
今回はセカンドとしての務めをしっかり果たしました。
今シーズンから始まったCrash.netのコラムを密かに楽しみにしてます。
よーい!
フォード勢ドライバーもクルーも一緒にチャリティーマラソン。
これ確か木曜日にやってたはず。
フォード陣営はいろいろやってて忙しそうだけど楽しそう。
次は何をやってくれるのか期待が膨らみます。(間違ってるとは思わない)
  1. 2010/03/08(月) 23:05:47|
  2. Rally
  3. | コメント:0

Rock ’n’ Roll MEXICO !

Day2の感想。
ローブはえぇ。
以上。
ケン・ブロックは今日は復活できるようで。よかった?

さてここでライコネンのラリーメキシコを画像中心にまとめておきたいと思います。
雄大な自然の中を疾走するラリーカーという絵は本当にステキ。
ラリーって私にとっては視覚的に楽しむところが大きいんですよ。
だからルールとかわからなくても走っているのを見てるだけで楽しい。かっこいい。
ねー このワクワク感が少年の心を呼び覚ますのだ。


【初日:シェイクダウンだよライコネン】

「行ってくる!」
キリッとライコネン。

ドリドリ!
ひゃっほうライコネン。

バッシャーン!
うぎゃーっとライコネン。

C4グラベル初テストも兼ねて可能な限りめいっぱい走った模様。
結果5番手タイムでびっくりした。


【初日:セレモニアルスタートだよライコネン】

「やあやあみなさんこんにちは」
「やあやあやあ」
ライトアップライコネン。

煌びやかでグラマラスなセレモニアルスタート
メキシコすげえ!ステージ上の車がモーターショーみたく回転してる!


【Day1:ロケンロールだよライコネン】

ヒラヒラ?
ゴーゴーライコネン。

バッシャーーーン!
ぎょえーっとライコネン。

(以下三連ドリ写真大好き↓)

ドリリン!
ずさーっとライコネン。

ドリーーー!
ぶおおおんとライコネン。

ドリっと!
スカイハーイライコネン。

ぎゃああああ!
ライクアローリングストーンライコネン。

とまってえええ!
ユーローリングサンダーライコネン。

もっと走りたかったなぁ…
ルーールールルルー♪と夜明けのスキャット(また懐メロ)が似合いそうな背中。
今ラリーを象徴する良い写真だと思います。好きだなぁ。

ポツーン
背中で語るパート2。
どこへ電話中なのでしょう。
チームなら「えらいすんませんこけましたすんません」
家族なら「こけちゃったけど平気だよーてへ☆」
赤牛なら「ソンブレロもうかぶれねぇから家に送っといて」
な感じでしょうか。

どこどこどうなった
あれタイヤがないやん、と。

我ら腰痛ブラザーズだっYoh!
とでも言ってそうなカイさん。
グラサンでメンインブラックちっくなコンビ写真。これも好きだな?
キメ!なライコネンのアルパインスター製シューズはお色がシルバーで自身のサインがあしらわれておりシンプルながらこだわりの逸品でございます。

エッスオオエッス♪
カイさんの手にSOSと書いた紙が。
有事の際に使うもの?
これ持って二人で道を歩いてる画像も見かけたけど誰に向けてのメッセージなのか。
つか途中リタイアしたら車はレッカー車が拾いに来るけど人間はどうやって帰るのか。
サーキットならスクーターとかで送ってもらえるけどラリーは?自力?


あっという間に終わってしまったのは残念でしたが、確かな前進が見えたグラベル初戦でした。
本人の手応えはもちろん、カイさんもドライビングとペースノートの両面ですごく進歩できたと言ってることですし、次戦にも期待が持てそう。
それまでしっかり身体をケアして欲しいです。お大事に!

今回も一応対オジェ君のタイム差を計算してみました。
オジェ君も成長著しいのでますます意味あるのか疑問になってきましたがまあいい。
少しでも近づけたらいいよねってことで。

SS km +秒 +秒/km
1 22.96 29.3 1.28 ←岩にヒット
2 23.83 35:16.8  ←4km地点でマシントラブルでストップ、修理して復活 
3 18.87 10.6 0.56 ←期待に応えた
4 01.50 0.90 0.60 ←ターマック、自己最高5番手タイム
-------------------------(以下SS1?3の再走SS)
5 22.96 24.5 1.07 ←この当たりから私vs睡魔との闘いが始まる
6 23.83 31.0 1.30 ←睡魔強し
7 18.87 300.0 15.90 ←フィニッシュ目前で6回転、完走扱い??
8 02.20 150.0 68.18 ←グラベル&ターマックの複合、走ってませんがな
9 02.20 150.0 68.18 ←同上

SS2ではマシントラブルを修理して復活するという新たな課題をクリア。
燃料供給系とか電気系とか聞きましたが修理できて良かった?
次はどんな課題が待っているのでしょう。待て次号!
  1. 2010/03/07(日) 15:01:36|
  2. Rally
  3. | コメント:2

ノリノリラジオ

今日も元気にLT&ラジオ観戦です。
今回のレポーターサイモンさんは前回のテンション高い人より若干聴きやすい気がします。若干。
しかし私にとって一番の難関はメインの女性MC。早いし何か発音が聴きにくいよぅ。
そんなリスニング苦手人間の私はライブテキストが手放せません。
でも公式にはF1みたくLTと一緒に無いんですね?
トッド会長、WRCのサービス向上もお願いしますよ。

さてライコネンはいませんが、愛しのラトバラさん(いつの間に)や期待のオジェ君、勝手にライバル認定のケン・ブロック等々気になる存在を応援していきますよ。
が。
ぎゃーいきなりケン・ブロックが止まってるー!
サスペンションが壊れたってー!
あとソルドも止まってる…
チームによるとサスペンションウィッシュボーンが壊れたと。
壊れたのか壊したのか。前戦に続いてまたケネル監督に怒られるのか…?
マシュー・ウィルソンも溝にはまって立ち往生。
2日目最初のステージで一気に3台消えるとは?

昨日ダントツの速さを見せトップに立ったペターは第一走者=掃除役で厳しそう。
今日は第三走者のローブが速いですね。
その後走る有利なはずのヒルボネン&ラトバラさんをもぶっちぎり。
フォードがきついのかローブが速すぎるのかどっちだ(笑)
  1. 2010/03/07(日) 00:23:32|
  2. Rally
  3. | コメント:0

まわってまわってまわってまわーるーうううーううー♪

「恋のメキシカンロック」は橋幸夫さんでしたか。
懐メロ繋がりで続いてのテーマ曲は円広志さんの「夢想花」
飛んで回ってまさにぴったり。

負けた。
睡魔に負けた。
SS7の途中でライコネンの登場を待たずリタイアしました。私が。
そしたらナンだ、ライコネンも同じステージでリタイアしてやんの。やーいやーい。
ってうおおおん二人とも怪我がなくてよかったよー!
ブレーキングで滑ってダイナミックに6回転のクラッシュアウト!
背中&腰は大丈夫かー!(カイさんも古傷持ちってね)
ではその瞬間を車載映像で見てみましょう。
クラッシュの瞬間の切羽詰った声はどちらのものなのか。臨場感ありまくり。
ニール・コール氏によるとライコネンがフィン語で"Hold on!" →止まって"Spring of fucks!"と言ってたらしいがそれかな。
しかし願いもむなしくC4のダメージは大きくこんなんなっちゃいました?
わかりやすい状況写真。ここからこちらへ落ちました

修復は不可能とのことで、ライコネンのグラベルデビュー戦はこれにて終了。
前戦より速さを見せていただけに残念無念ですね。
しかしこれもまた経験。
去年のフィンランドより多く回りました。(苦)

詳細はまた後ほど。
イベントの続きはオジェ君の健闘を祈りつつ、ペターとラトバラさんとケン・ブロックに注目していきたいと思います。
  1. 2010/03/06(土) 14:20:46|
  2. Rally
  3. | コメント:0

ゴーゴー♪ゴーゴー♪

ペースノートについて知れば知るほどおもしろい。
サーキットレースでもドライバーがオンボード映像に合わせてコース解説したりするけど、その何倍もの情報が書き込まれているのがペースノート。
いつだったかF1総集編にライコネンのコース解説もありましたね。
すんごくテキトーもとい簡潔だった記憶がある。
でもノートは詳しければ良いってものでもないので、あくまでその人に合ったものが必要。
見たいな?ライコネンのノート見たいな?
どんなことを気にしながら走ってるのかな?
もしオークションにかけてくれたら一万円くらいまでなら出すぞ。
コピーでもデータでも可。要は中身。

あと人によってコーナー等の表記の仕方も違って、段階的に数字で表す派やゆるいとかきついとか言葉で表す派など人それぞれと。
アークティックラリーでラミ兄ちゃんが去年のライコネンのノートを使っていて、右5だかなんだかを楽観的過ぎ(→結果クラッシュ)とコメントしていたのでライコネンは数字派ね。
そういや同ラリーで数字を聞き間違えて木に激突してたっけな。
それ以前に兄ちゃんからクレームのついたノートの精度が如何ほどのものだったのか気になりますが。
つか兄ちゃんはレッキでノートの確認をしなかったのか。なんだこの兄弟(笑)

「ノートが大切」「ノートが間違えてた」等々その重要性はよく聞きますが、コースの状況を含めた自分の走りを具体的に表現する能力が必要と。走りながら的確に。
なんか右脳と左脳両方フルスロットルな感じですね。
でもコドライバーの力量も重要で、ドライバーの言う内容をしっかりノートにまとめて本番ではタイミングを合わせながらナビしていかなくちゃいけない。
いわばラリー車における頭脳的存在。
ドライバーの手綱を引くといっても過言ではナイ!てな印象。
つくづくコンビの相性って大事なんだろうな?と思います。まぁどんな世界でも言えることですが。
以前からライコネンがラリーをするならどんな人と組むんだろう(つか組めるんだろう)と思ってたけど、カイさーんあなたでしたかー。
F1とWRCにハマった当初、F1ドライバーがラリーをしたらシリーズという妄想で遊んだことがあります。
当時の私はライコネンのコドラにデイビッドをチョイスしてました。(もう少し後ならメガネのマークさんとか他に選びようがあっただろうに悲しいかなそこまでの知識はなかった)
でも実質ナビはムーミンが先導するというファンタジーなオチでした。
人外の存在に頼るほどどんな人と組むのか想像がつかなかったという…(笑)
まだ始まったばかりだし今後どうなるのかはわかりませんが、このまま順調にいくよう願っています。

気になる車内の雰囲気はインカー映像で見てみましょう。
前戦スウェーデンで走行中突如ヘラジカが現れさすがのライコネンもうおっとびっくり。
でも隣のカイさん笑いながら余裕でナビ続行、みたいな。
頼もしいぜアーニキー
ただ一つ残念なのはフィン語だから何てナビしてるのかさっぱり判らない。
唯一聞き取れるのが「オイケー(右)」ですわ。
メキシコでは「バセン(左)」をマスターしたい。

おお、早速ライコネンのレッキレポートが出てますね?
現地メディア版はこちら
予想以上にステージは難しくてツイスティーだけど、スウェーデンより路面状況に一貫性があってレッキ車でもグリップレベルの変動がそれほどなく良い感じ、本番でどうだかわからないけどねだってラリーではまだ知らないこといっぱいあるし!みたいな感触。
気になる背中の具合は今のところ問題なく、念のためキドニーベルト(ウエストサポートベルト)を装着して臨むと。
レッキで痛みは出なかったのでもう心配ないさーっとの本人談。
だといいね? イベント中問題なく終えれるよう祈ってるよ。
ペースノート作りについては、カイさん曰く「マジ良いよ」とうまくいってる様子。
「マジ難しい」と言ってた前戦とえらい違いだな。
SS3とSS12あたりが期待できそう、路面が綺麗になる遅い出走順も助けになるよと。
はい、楽しみにしてます!
あと初メキシコのライコネンは現地の歓迎ぶりと食べ物をエンジョイ中。
よし、そのままソンブレロを被ってしまえ。

ところでタイトルが何気に1つ前の記事と繋がってるんですよ。
最近この歌が頭の中をエンドレスで流れてます。陽気です。
(けど懐メロなのか童謡なのかよく知らない)
  1. 2010/03/04(木) 19:45:43|
  2. Rally
  3. | コメント:0

メキーシーカーンーロックー♪

燃えに燃えたオリンピックも終わり日常が戻ってきました。
新たな趣味を増やして。
早速JsportsのNHL放送をチェーック!アイスホッケーたーのしー!
フィンランド戦は胃と心臓への負担が大きかったですが。
思い入れが強すぎて応援するだけで体力消耗。
スロバキアとの激闘の末銅メダル決めた瞬間は思わず涙ぐんでしまったYoh!
やぁしかしあのスピード感と迫力はたまりませんなぁ。
かっこいい!パック見えねぇ!動体視力どんだけ!

そしてWinter X games2010全5回の放送が終わり、やはり気になるスキーヤーサイモン・デュモン。
今大会は練習中にクラッシュして負傷のため結果も振るわず残念でした。
しかしネット上でかっこいい動画をたんまりと堪能。そしてtwitterまでチェックする盛り上がりぶり。
よっしゃこの勢いに乗って自分もゲレンデデビューだー!と近場の室内施設の情報をチェックしてみればどっこい営業停止中…
こうして私の寒さ嫌い克服大作戦は失敗に終わったのでした。(早)

さて日常、モータースポーツの話題。
先程CSで放送されたFIA表彰式を見ました。
いつもながら煌びやかでおめかししたドライバー達やステキなVTRも楽しめて良いイベント!
しかし去年のことが遠い昔のように感じるのは何故だ…(汗)
ライコネンのF1復帰に関する出ては消える噂は薄目で見てますよ。半開きで。
出来るならいつかまたこの表彰式でお目にかかりたいものです。
選んだ道の成功を祈る身としてはそれがWRC組でならなお嬉しい。

ところで番組中ローブ(当然ノータイ)のコメントに気になる部分が。
「個人的にもライコネンとは親しいのでシトロエンに来ることは嬉しいなんちゃらかんちゃら?」
親しい?親しい??親しい???
初耳だわよ。
何か接点でもありましたかね?と思い早速セブ様宅初訪問。
特にこれといって目ぼしい情報は見当たりませんが…
でも親しいのか。そうか。それは頼もしい。
とりあえず好きな食べ物=牛リブ、好きな飲み物=ワインな辺りさすがグルメなおフランスだわ?
あとどーしても気になるのがグッズのキャラクター
何だろうかこのバボちゃんちっくなキャラクターは。
やはりファンの皆さんはこれを着用して応援しているのでしょうか。
これ着て街中歩くの結構勇気いると思うのですが。
さてはファンの愛を試しているのかセブ様…

早いもので今週はもう第2戦目のラリーメキシコ。
背中の痛みでグラベルテストの延期が伝えられていたライコネンは、結局回復のために安静にすることにしテスト無しのぶっつけ本番でグラベル戦へと突入とな。
でも仏のファクトリーでエンジニアチームと前戦の復習等の作業は出来たようで、車には乗れずともパフォーマンスアップに繋げる時間は過ごせた様子。
しかし痛みは大したことじゃなさそうだけど今までにないことなのでやっぱり心配になりました。
アスリートはいつもどこかしら痛めてるものなんだろうけどF1時代はそんな聞かなかったからな?
出来るだけ長く現役でいられたらいいなと思わず願ってしまったよ。
まぁ本人はラリーメキシコのスタートが超楽しみだぜグラベルではちったぁ楽に走れそうだし少なくともマーカス・グロンホルムは僕にそう言ったもんね!ペースノートにも自信が持てるようになってきたぜひゃっほうってなぐらいノリノリの様子なので心配するだけ損な感じですが。(一部脚色有り)
今回も色んなハプニングがあるだろうけど目指せ完走!

以下スケジュールメモ。
(アイテナリー)

Thursday 4 March: Ceremonial start
Guanajuato 20:00

Friday 5 March: Day 1
SS1 Alfaro1 22.96km 07:28
SS2 Ortega1 23.83km 09:01
SS3 El Cubilete1 8.87km 09:49
SS4 Coca-Cola Street Stage 1.50km 10:57
Serv A León Poliforum (30 mins) 11:19
SS5 Alfaro2 22.96km 12:17
SS6 Ortega2 23.83km 13:50
SS7 El Cubilete2 18.87km 14:38
SS8 Super Special1 2.21km 15:53
SS9 Super Special2 2.21km 15:58
Serv B León Poliforum (45 mins) 16:28
Finish León 17:13
SS : 137.24km (37%)
Liaison : 237.54km
Total : 374.78km


Saturday 6 March: Day 2
Serv C León Poliforum (15 mins) 07:00
SS10 Ibarrilla1 29.90km 07:54
SS11 Duarte1 23.27km 09:17
SS12 Derramadero1 23.28km 10:08
SS13 Coca-Cola Street Stage 1.50km 11:21
Serv D León Poliforum (30 mins) 11:43
SS14 Ibarrilla2 29.90km 12:52
SS15 Duarte2 23.27km 14:15
SS16 Derramadero2 23.28km 15:06
SS17 Super Special3 2.21km 16:21
SS18 Super Special4 2.21km 16:26
Serv E León Poliforum (45 mins) 16:56
Finish León 17:41
SS : 158.82km (44%)
Liaison : 202.98km
Total : 361.80km


Sunday 7 March: Day 3
Serv F León Poliforum (15 mins) 07:45
SS19 Guanajuatito 29.13km 08:43
SS20 Sauz Seco 7.05km 09:34
SS21 Comanjilla 17.94km 10:12
SS22 Super Special5 4.42km 11:27
Serv G León Poliforum (10 mins) 12:00
Finish León 13:00
SS : 58.54km (40%)
Liaison : 89.46km
Total : 148.00km


Rally total
SS : 354.60km (40%)
Liaison : 529.98km
Total : 884.58km


今回のラリーは公式サイトでサービスの様子がライブ中継されるらしい。
こりゃ楽しみだ!
  1. 2010/03/03(水) 01:31:28|
  2. Rally
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。