宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イメトレトニオ

うふふふふふふふ。
見たよ。見ましたよ奥さん。(誰)
ディスカバリーチャンネルの赤牛衆登場番組「スピードの科学」をついにこの目で見ましたよ・・!
なおさん、毎度ありがとうごぜぇます。お礼に今度デビスペシャル看板をプレゼントします。今度がいつかは判りませんが。

以下薫特殊フィルターを通して見た番組の感想です。真に受けないようくれぐれもご注意下さい。

いやぁ?トニオの歌声が聴けるとは。(ハミングです)
いやぁ?トニオが催眠術にかけられているところを見られるとは。(トレーニングの一環です)
いやぁ?トニオが拳を噛んで悔しがるシーンを見られるとは。(噛んだか?)
とにかくまぁ色んな表情が見れて非常に新鮮でした。

ドライバーのメンタル面のトレーニング、イメージトレーニングについて科学的に検証する内容の番組だったのですが(多分)、トニオは被験者よろしくマシンを走らせトレーニング前と後でタイム比較。S字が苦手なトニオ君もトレーニングを受ければほらこんなに効率良く攻略できるのよスゴイでしょう的な興味深い内容でした。(適当)

赤牛衆というからにはトニオ1人の出演ではありません。
ホーナーさんもほんの数十秒程度ですがコメントするシーンがございまして、どこぞの誰かに勝るとも劣らない無地まっピンク色の素敵なシャツで登場。まぶしいお姿を拝見できました。
ピンク・・。桃色・・。うふv(どうした)

そして忘れちゃならない赤牛のエース、デイビッドさんも登場。何か一言仰ってましたが、何言ってたかはもちろん忘れました。

ちなみにトニオと同じくらいデラロサも登場。他カテゴリーの若いドライバーも数名出てきました。
デラロサが重量挙げ選手の頭を踏みつけるシーンはショッキングでしたねぇ。ドライバーの首にかかるGを再現するためとはいえ何も靴でダイレクトに踏まなくても・・(笑)気分は女王様。

普段見ることのないトレーニングの様子、その作用や仕組みについて判りやすく構成されたなかなか見応えのある番組でした。
機会があれば皆さまも是非御覧下さい。

トニオがイイ味出してますよ。(結局そこか)
スポンサーサイト
  1. 2005/11/28(月) 17:42:29|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。