宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

F1サンマリノGP

兄さん、花粉症だったのか。
予選後プレカンのおめめうるうるほっぺ桃色な姿を見てお、泣きそう?お、興奮しとる?と盛り上がった私らって一体・・。
吐きそうなくらい緊張しっぱなしのレースでしたが、終わって色々明らかになり今思えば何かはめられたもとい読み違いというか勘違いというか?え?あはっやられた?☆
真実なんかどうでもいいのよ「勝った」という事実だけで!ホントにおめでとう兄さんライコネンあなたの頑張り判ってたのに映らなくて寂しかったよそういやモンちゃん表彰台だ赤牛本家いつ消えたのよなレース感想つらつらです。いつにも増して忘れてますのでいっそフィクションとして読んでいただきたく。私の記憶の中ではこんなことが起きてました。

■予選
兄さんポールの喜びのあまり予選の記憶は消えました。あんまり嬉しくてイタリア産スパークリングワインで乾杯☆なんとかロッソって名前で某地元GPチームともかけたんですけどね。(むしろ)
フェラーリはフリーから速かったですがやっぱりさ、思うじゃないですか。ティフォシにサービス?とか。速くても「裏に何があるんだ」と素直に信じられなくなってたり・・。エンジンもタイヤも燃料もパワーアップしてると知りながらやっぱり軽いのかしらと疑いつつもどことなく余裕も感じさせるようなタイムの出し方でわたくし確信致しました。こりゃ決勝兄さんくるぞ、と。(調子いいな)いやホントなんだ!決勝前に1位兄さん、2位アロンソ、3位マッサ、で4位ライコネンと確固たる自信を持って予想したんだ!
で、4位予想のライコネンですが第2ピリオドは悪くない位置につけてたので期待してたんです。でも3ピリのタイムは2ピリの1秒落ち。この時はまた重いんかい!抜けないイモラで重いんかい!とロンの胸倉掴みたくなりましたがね・・。
最後に4戦終えて言えること。「油断禁物」これに尽きます。フィジコ、地元で良いとこ見せたかっただろうに2ピリ落ちって。読みが甘かったねぇ。
赤牛?忘れました。(笑)

■決勝/フェラーリというか兄さんvsアロンソ
もっと楽に勝てると思ってました。前半は。第2スティントのタイムの落ちは何だったのか。
ぎゃータイヤ!?タイヤなの!?アロアロアロンソが!アロンソ様がくるー!と、阿鼻叫喚でした。(BGMはジョーズでお願いします)簡単には抜けないコースだとわかっていてもアロンソは怖いんです。そう思わせるアロンソもスゴイですが何より2台のペースの差が!えらい勢いで差が縮みましたからねぇ。最強時代の兄さんならここまで心配しなかったでしょう。むしろアロンソを応援したでしょう。でも今の兄さんがフェラーリがどこまでやれるのかイマイチ不安・・。先日もギリギリ追い詰めてクラッシュしたし・・。長い長い闘いが始まりました。
「イモラは抜けないから大丈夫!」「ストレートで逃げるから大丈夫!」「抜かれないに100円賭けてもイイ!」「じゃ私は300円賭けてもイイ!」と兄さんファンと励まし合い全力で祈りながら画面を見つめておりました。兄さん、ミラーをちらちら見ながらアロンソを押えます。ペースも落ち周回遅れの赤牛勢がずっと金魚のフンの如く連なってましたが、TVに長いこと映ってマテ会長的にはしてやったりでしょう。
そして迎えた運命の瞬間。アロンソ先にピットイン!判るよ?付き合い切れないよねこんなペースに。兄さんがペース悪い内にタイヤ換えて一発ドーンで前に出ちゃうんでしょう?そうなんでしょう?タイムも7秒かかってないし完璧やん!ああ兄さーんヤヴァイヨヤヴァイヨーと思っていたら次の周に兄さんピットイン!ぎゃあ7秒ちょっとかかった!無理無理もう無理アロンソきっと前出たよー(T△T)
ってええっ!?兄さん前!?何!?どんなトリック!?アロンソのアウトラップそんなに悪かったの!?
LT見てないのでこういうところで混乱します。(ついでに解説もろくに聞いてないのでますます混乱します)アロンソ押え走法からピットイン前プッシュ走法になった兄さんのインラップが上がっても前に出られるほどとは思いもよりませんでしたのでわけ判りませんでした。それこそミシュラン?アロンソ何やらかした?渋滞?な状態でした。
再び始まった息詰まる攻防戦。ミスりませんようにミスりませんように・・と祈りつつ、兄さんの走りがとても丁寧だということに気付きました。(今更)挙動の乱れも無く安定した走り。(に見える)動きがあるとしたら最後の数周。でも気が抜けない。何故って相手はアロンソだから。(無条件)もう早く終わってくれ?とじりじり周回数を数え続けて何周目だったでしょうか。たまに仕掛けるような素振りを見せつつも一定の距離を保ったまま変わらなかったリアオンボード映像のアロンソが・・アロンソが・・?アロンソがあああーーっ!!
か み さ ま !
挽回しようとして責め過ぎたのか別のところで再びミスったアロンソ。若さですかね。
そして待ちに待ったゴール。
ここまで長かった・・。思わず万歳三唱しました。泣きそうになりました。ホントに疲れました・・(笑)
ウィニングラン中のラジオが流れましたが、ロスがアメージングなんたらかんたらと賛辞の言葉を送った後、兄さんの返事が「うぉっ」と一瞬だけ聞こえて終わったような気がするのですが聞き間違いでしょうか。それにゆっくりと時間をかけてコースを回っていたのでもしや泣いてる?なんて話してたんですけどね。ウィニングラン中ずっと兄さんと走っていたアロンソ。パルクフェルメでトッドと喜び合っている兄さんと握手だか抱擁だか(忘れた)して健闘を称え合い「なかなかやるな」「お前もな」みたいなイイ感じです。いいなぁ青春だなぁ。(ちょっと違うぞ)
もう歳なんだし久しぶりだしコケたらどうするよとツッ込みながらも期待していたポディウム頂点ジャンプも見れて嬉しかったです。長いことやってなかったのに跳躍力は衰えてません。すごいぞ兄さん。国歌で嬉しそうに指揮やってましたがまた怒られやしないか心配です。(笑)ああでもドイツ国歌からイタリア国歌の流れがホントに久しぶり!しっくりきますな?。
プレカン冒頭の言葉が詰まった一瞬のシーンに2000年モンツァが蘇りました。今泣いても介抱してくれる弟も一緒に泣いてくれる好敵手もいないよ兄さん!(アロンソとモンちゃんか・・どんなリアクションを見せるか想像できん・・)私の心配を余所にしっかりとインタビューに答える姿は感慨深げに見えました。後から知ったのですがプレカン後に泣いたらしいですね。ジャン・トッドも泣いてたとか。冬のオフ返上でテストしたり頑張ったもんね。これ以上負けられない、プレッシャーも大きかったことでしょう。報われた瞬間だあぁぁ(泣)
でもルノーとの差はまだあるように見えたレースでした。コースの特性もあり辛勝。兄さんのノーミスはさすがですが、年の功勝ち?(笑)

はい、ここまでは当時の心境を素直に表現した感想です。
レース後のコメントやプレカン詳細を読んで改めて何が起きたのかを知りました。パット・シモンズが状況を語っておりましたが、兄さん2回目ピットインのインラップでそれまでの平均ペースより2秒近くも速かったんですね。我々の目をくらませた兄さんとフェラーリに脱帽だみたいなことを言っておりましたが、もし戦略ならいや?んすごーい!私もくらんだー!(笑)ホントのところは判りませんが楽しいから戦略ってことにしとこう(笑)
それからレース自体のことですが、見てるこちらがこんなに精神的に消耗したというのに兄さんは思ったよりケロッとしてたような。「タフなレースだったよ」なんて言葉が出るかと思いきや「経験で要所押えとけば大丈夫だと判っていた」みたいな。「全力プッシュせずペースをコントロールしていた」みたいな。ひょっとしてあなた、余裕だった?みたいな。そりゃあのインラップ鬼タイムが出せるはずだ。ふふふ・・そうこなくちゃ。この勝利は始まりに過ぎないらしいので、今後の巻き返しが楽しみです。

■決勝/マクラーレン
久々に微妙な私服Tシャツで登場し改めてそのセンスを疑いたくなった中段グリッドのライコネンはアクシデントもなく無事にスタートできてまずは一安心。ただし!順位落ち!2台に抜かれ・・。ウェバ君にはえらくあっさり抜かれたような。そんなに重いのかーと思ってたらピットインのタイミングはそうでもなくおや?な展開。レース後首脳陣のコメントには「予選のミス」とあり、そこで初めてこのグリッドになった理由を知りました。重いんじゃなかったのか。ロン疑ってゴメン・・。それから先しばらくはどこで何やってたのか存じません。まず映りませんからねぇ。終盤になりマッサとやりあってたようですが全く映らず。イタリアTV局、フェラーリのもう1台は無視ですかそうですか。ずっとくっついたままのタイムを見ながらほんの2,3秒でイイから映してくれ?ともどかしく思っておりました。フィジコもやりあってましたよね。(うろ覚え)
気付けばモンちゃん3位!ホントに気がつけばモントーヤな状態で何も語れないのですが・・(笑)おめでとう☆
次のニュルでは新スペックのエンジン投入です。モンちゃんは次も同じエンジン使うのでまずはライコネンがバージョンアップ。さあて吉と出るか凶と出るか。去年ヤなことのあったニュルですけども・・。メルセデス地元GP、そろそろ信頼性は信じても良さそうなのでいつもより多く期待したいと思います。(途端に・・なんてことにならないだろうな)

■決勝/レッドブル&トロロッソ
えーと、何書きましょうか。クリエンとデビがいつどこでどのような理由でリタイアしたのか判りませんでした。気がつけばリタイア。兄さんvsアロンソの脇でスローダウンするデビ車らしきものを見かけて一騒ぎはしましたが、あれはデビだったのかクリエンだったのか・・。本家に関してはレース中の速さが全くと言っていいほど見うけられず悲しかったです。フェラーリエンジンのパワーアップはスピードアップには繋がらなかったか。まず信頼性を早いとこどうにかしないとですね。最近マクラーレンの戦略担当をゲットしたそうですが(またマクか)重タンには気を付けて。(笑)
トロロッソは想像以上に速かったです。特に第3セクターはトニオがレース中3番手のタイムだったりで驚きです。そういえばヘルメットがイタリアカラーになってましたね。リアウィングの文字もイタリア語で母国仕様。その母国で見たくなかったスピーン!・・普段映らないのにこういうところはバッチリだよ・・。でもレース後のコメントを見るとブレーキに問題を抱えていたそうで。なら仕方ないね。スコット君はドリンクボトルが壊れたらしい。でも2台ともそれなりの位置でしっかり完走。良く出来ました☆
スポンサーサイト
  1. 2006/04/30(日) 14:48:22|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。