宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

F1ハンガリーGPに思う

今更ですがハンガリーをちょこっと振り返ります。
振り返るにあたりレースを思い出そうと頑張りましたが、「おもしろかった!」という感覚しか思い出せませんでした。いいじゃんそれでいいじゃんおもしろいものはおもしろいんだよ。ドライバーの腕、チームの腕、戦略の妙、天の神様の気まぐれ、結果生まれた新勝者。このおもしろさに言葉は要らないです。(逃げたな)(だってこんなレース私の手には負えん)
というわけでコース内外のことをピンポイントで。


■GP100戦目おめでとう、ライコネン

ライコネンデビューイヤーは私のF1観戦デビューイヤーでもあります。私のF1の歴史はライコネンと共にある、と。(一年目は眼中に無かったくせに)
ライコネンは100回のグランプリを戦い、私は100回のコース上のドラマを楽しんだことになるんですね。すごいな?100回か?毎GPビデオ録画してたら100本か?ホントにそんなに見たんだろうか。はっきり言おう、覚えてないぞ。ところでライコネンって皆勤賞でしたっけ?途中休んだレースがあれば計算ズレちゃうな。
ジョーニーウォーカーとチームの関係もちょうど1周年を迎えたということもありお祝いのイベントが行われたようですが、あのでっかいケーキ、あれちょっとろうそく多すぎやしませんか。それこそ100本くらいあるんじゃないの?花火も付いて大変豪華ですが消すの大変そう…(笑)特別仕様のメットやゴールドに輝くシューズをプレゼントしてもらったりと記念日を盛り上げていただきました。
ハウグからはメルセデスの妙なマシンのレプリカみたいなのをプレゼントされてましたがアレ何だったんだろう。何にせよありがたいことです。
フィンランドからのお客さんが一番多いGPでポールが獲れて喜びもひとしおだったことでしょう。前回と違って燃料はまともに入ってたしね!これで結果が付いてたらね…最高だったんだけどね…ぐすん。

■25回目のハッピーバースディ、トニオ

今年の誕生日はレース決勝日。エナジーステーションで皆からお祝いしてもらったようです。良かったねー。
スコット君が可愛らしいケーキを持ってきてくれましたが、どうも何事もなく普通にお歌を歌ってろうそく吹き消して終了した模様。何ってそりゃトラディショナル・ケーキファイトに決まっているじゃありませんか。去年のドーンボスの時みたく派手にやるかと期待してたのに。(ドリフか何かと間違えてないか)やっぱエナジーステーションを汚すと怒られるのかな。
今回からトロロッソV10エンジンに土曜日のみ300回転アップの許可が出ました。が、ハンガロリンクでは効果の程はよく判らず…なんせ2台ともQ1落ちだし…。モンツァ辺り期待できるとのことですがどんなもんでしょうね。しかし真っ先に抗議したのが赤牛本家ってどうよ。おもしろいよあなた達。

■そんなめでたい二人のすれ違い

何もめでたい者同士で不幸にならなくてもいいのにねぇ。やっぱり流れてない偽物に願掛けしたのが間違いだったか。
レース直後のコメントを読んで何故追突されたトニオが謝りに行ってんだとズッコケましたが、結局あんなコンディションだったし誤解から生じた悲劇ってことでしょうか。

トニオ 「さぁキミ、お先にどうぞ」
  ↓ 減速&邪魔しないように避けてワイド走行(バイザー曇りで視界不良)
ライコネン 「さぁペドロ、お先にどうぞ」
  ↓ ミラーを見ていてそれに気づかず
Σガッチャン
  ↓ 共倒れ
ペドロ 「ええぇぇぇぇぇ」

ああん何だよ?その無駄に一方通行な優しさはよぉ?。(泣笑)
デラロサが巻きこまれなかったのがせめてもの救いです。ライコネンの目的は果たせました。(究極やな)
こういう誤解を防ぐためにもドライバー同士無線で話せるようになりませんかね。別の問題も発生しそうですがそれはそれでまた楽しいよ、きっと。(心理戦)
今回はライコネンにも前方不注意の非があったはず。後々尾を引かないよう和解に持っていってくれたトニオの対応に私からも感謝です。うぅいいヤツ。
しかし追突のシーンは結構ヒヤッとしましたよ。トニオの頭のすぐ横をライコネンのマシンがかすめてましたからね。大事にならなくて本当に良かったです。

■若さゆえ?アロンソ

かわいいところあるじゃないの?。追い詰められて余裕を無くした姿を見せてくれたんだからっ☆(間違っていても構わない)
昨年はカッコ良かったけど可愛げが足りなかったと思うんです。物判りの良いレースしてましたからね。まぁ相手があんな調子だったからしょうがないか、ハハッ!……。
今回はナットが外れてリタイアってことでクルーもプレッシャーを感じてるのでしょうか。それとも運が無かっただけでしょうか。どちらにしても週末通して上手く行かないアロンソってかなり珍しいと思います。もはや珍プレー。違うか。

■あなたはバカだ、兄さん

アタックチャーンスッ!
青いこわっぱに大人の余裕を見せつけてやるがいいわお兄様!
…な?んてことを予選前とアロンソリタイア後に思った自分がちゃんちゃら可笑しい。
フリーのうっかり赤旗無視はともかく、決勝は久しぶりにレースバカを見たような気がします。大人のおの字もありゃしない。(笑)
タイヤ換えずにポジションキープするつもりだと判った時、「バカがおる…!」と同時に「この人ならやれるかも…」と自分の中で奇跡の可能性を否定できなかったのも事実。夢見ちゃったよ。せっかくアロンソがノーポイントなんだから大人しく確実にポイント獲っとけば良かったのにね。わざわざ危ない賭けしなくても良かったのにね。それでも貪欲に、可能性がある限り、攻めてしまった。何て我侭に走ってるんだろう、と画面を見ながら思いました。思い残すことがないようにってわけじゃあるまいし、なんてことも思いました。無様でカッコ悪いレースでしたが、熱くてカッコ良くもありました。バカでも愚かでも何でもいい、こんなにドキドキさせてくれる人はいつまでも見ていたい。だからもう今期はタイトル逃しちゃえばいいよ。
…な?んてことまで思ってしまったのでした。ごめんなさい。(笑)

■そんなスペシャルな二人の底辺におけるハイレベルな闘い

揃いも揃って何やってんだよあんたらわ、な仲良くお揃いペナルティの予選の二人。別次元で闘っている姿は見ていてかなりおもしろかったです。二人のグリッド周辺のドライバー達はさぞ迷惑だったろうと思いますがね。「こっち来んな」って。
決勝でもスタート直後にごぼう抜きを見せた二人。やっぱり大した役者だよ。その後タイヤの差か運命は分かれてしまいましたが、あんな結末にもかかわらず最終的に1ポイントを手にした兄さん。何なんだその悪運の強さは。(苦笑)
スポンサーサイト
  1. 2006/08/19(土) 23:20:02|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。