宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミカミカハッキネン

スペインGP、フリー走行・予選1回目とも放送は見ることが出来ませんでしたが、キミはミスっても予選暫定3位と好調のようで嬉しい限りです。
モン(モントーヤをこう呼ばせて頂いております)もようやく復活したし楽しみ!
ただBARが出場停止なのは台数減ってレースの面白さも減るので残念。
ホントのところが良く判らないので何とも言えないのですが。

バルセロナといえば思い出す悪夢の2001年。
ミカが最終ラップゴール目前でまさかのリタイア。
あの時の衝撃といったらもう・・・レースって本当に最後まで何が起こるかわからない。
そこが面白いのですがアレは頂けませんよぅぅ。
神様のいじわる。

さて私がF1にはまったのは2000年シーズン終了時です。
それまで興味が無くまともに見たこともなかったのですが、2000年日本GP。
兄さん(シューマッハ兄をこう呼ばせて頂いております)ファンの友人が鈴鹿観戦に行ったので、どうおもしろいのか見てみようとTVで観戦しました。
その時知っていたドライバーは兄さんくらい。
マシン速いな?ピットストップの作業早いな?タイヤ交換した後「びっ」て親指立てるのがかっこいいな?順位がころころ変わってよくわからんな?と思いながら見ていました。
そのうちマクラーレンの銀黒マシンと一糸乱れぬピットストップ作業が黒一色悪の組織っぽくて気に入ったので応援することにしました。
赤いマシンと銀黒マシンの接戦に「おもしろいかも」と思えてきました。
そして最後のピットアウトの攻防。
気づけば私はピットレーンから出てくる銀黒マシンに向かって「赤いの抜け、間に合ってー!」と拳を握り念を送っていました。
負けたけど、このマシンのドライバーが気になってきました。どんな人だろうと。
その後友人から99年?2000年シーズンのビデオを借り、ミカの走りにはまっていったのです。
走りのかっこよさの反面、表彰台でのダサガッツポーズ、ボソボソ英語、悔しさのあまり茂みでしゃがみ込んで泣く姿、なんだか白熊っぽいカンジ、「ザ・ミハエルシューマッハー」発言等、ミカという人を知れば知るほど訳のわからない魅力にはまっていきました。

私にとってF1時代の彼は、「ムコウ側の人」です。
すみません訳判りませんね。何て表現したらいいのか判りません。
彼にしか見えない世界、高みのその向こう側。
休養を宣言した2001年、私は鈴鹿へ行きました。
「その時」の彼を見ておきたかった。
レース終盤3位走行、そのままゴールして表彰台だと期待していました。
生ダサガッツポーズが見れるかもしれない(イヤ)、この瞬間の彼を目に焼き付けておこうと考えていました。
しかしミカはホームストレートでクルサードに3位を譲りました。
私はグランドスタンドにいたので、目の前で起こったその光景に暫く時が止まりました。
「終わったんだ」と。
私の中でそれまで見てきた彼は幕を下ろしました。第一幕とでもいいましょうか。
もし休養後帰ってきてもその彼は新しく別の存在です。
結果的にミカはF1に戻ってきませんでしたが、先日の復帰騒動の詳細話を雑誌で見かけて切なくなりました。
ミカ自身本当に戻る気で、復帰一歩手前まで話が進んでいたんですね。
一通りもめて結局DTM参戦となったそうですが、この雑誌を読んで新しいミカを初めて知りました。
それまで無意識に情報を避けていたのかもしれません。
でも新しい世界へ挑戦を始めた彼を知り、気にならないわけがなく。
情熱がこうふつふつと沸いてきちゃうのです。

というわけでミカのDTM結果について調べてみると、5/1第二戦ユーロスピードウェイで予選2位、決勝見事3位。
表彰台の画像も見ましたが楽しそうな表情でした。
やっぱり走っている姿が好きなので、これから新しい彼を見ていこうと思います。
DTMはハインツやアレジもいるんですね?。
しかもドイツ国内だけでなく、ベルギーやオランダなど国外でもやっちゃうとか。
スパもあるんですよスパ!
スパといえば思い出す2000年、ゾンタを挟んで兄さんをミラクルオーバーテイク。
ルールなんかも勉強しないとっ。
5月22日、CSで第一戦ホッケンハイムが放送されるようなので要チェキです。
これからどんな走りを見せてくれるのか、新しいミカに期待です。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/08(日) 17:36:44|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。