宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カナダGP一言感想

やーこれでもかってくらい大波乱のレースでした。
とにかくクビカが無事で良かった。あの瞬間はホントゾッとしました。当初は足の骨折が伝えられていましたが奇跡的に軽い脳震盪と足首のねん挫だけだったようで。あれだけのクラッシュでよくぞってなもんですよ。本当に不幸中の幸いだったね。早く元気になりますように。

周囲のドタバタ劇もどこ吹く風のポールtoウィンを決めたハミルトン。
強かったねー初優勝おめでとう!
無邪気に喜ぶ姿を見て、今回勝ったのが彼で良かったと思いました。イヤなシーンで沈んでいた気分が「初優勝」というめでたいシーンで一気に喜びに変わりました。新しいウィナーが誕生する瞬間はいつ見てもいいもんです。
ただ台は今回ばかりはロンおじいちゃんに上がって欲しかったかも(笑)でもハウグやウィットマーシュもロンと同じ様な眼をしていたと思う。ハウグはDTMとダブルで嬉しい週末だったね?。
そして2位ニックと3位ブブブブルツ!ってええ!
ビバアレキサンダー!1ストップでしょう?後半ソフトでしょう?それであの健闘は素晴らしい。
ニックの木こり風情とブルツの巨大さを改めて知った新鮮なポディウムでした。

一方チームメイトの不運も一緒に引き受けたんじゃ?ってくらいとことんツイてなかったアロンソ様。
確かに残念な結果かもしれないけどミスも多かったかもしれないけどとっちらかってたかもしれないけど挽回しようと見せてくれた攻めの走りは良かった。熱い走りは良かった。
ここまでのマク二人の個人的な印象ですが、ハミルトンってどこか黒さがあるような。無邪気さ故の黒というか無邪気さに隠した黒というか。そんでもってアロンソは白い。すごく素直な人だと思う。それ故の失言もあるけど私にはそんなところも魅力的。可愛いじゃないか。基本的には二人タイプが似ているように思うけどこの差がちょっと楽しみになってきました。おいでませ下克上。

赤牛本家はたまに魅せる速さに救われます。たとえ信頼性は二の次でも一瞬でも光るものがあればいい。
デビは恒例のギアボックストラブルに泣かされたけどペースの良かったウェバ君はいつのまにそんな下位に沈んでしまったのか。ポイントだーってヌカよろこびしちゃったよ…テヘ(ちゃんと見ろ)
そんでもってトロ。トニオの5位に淡く儚い夢を見た。もったいねーホントもったいねー。
クビカのクラッシュの破片の中をフロントに色々ひっかけながらも無事通過してでかしたー!と喜んだのもつかの間壁に激突。何お約束なことやってるんだよ・・・(泣)

フェラーリはまったくもって良いとこナシで。
SCやクラッシュが良い方向に味方しなかったのも確かだけどライコネンはそれ以前に初めから速さに欠けていた。スタートでマッサに当たった影響やクビサクラッシュの破片がウィングに挟まった影響もあったらしいけど予選の段階で2台揃ってペース悪かったし一体どうした。
ただ結果について特に思うことも無い自分が不思議。がっかりしているのだろうか。しているはずなんだけど。寝不足で感情の波が来るのに時間がかるのかな。(どんだけ鈍いんだ)
でもあんなレースだったしクビカのクラッシュにギリギリ巻き込まれずに済んだし無事完走出来てポイントが取れたし今回はもうそれだけでいいと思う自分がいる。若干感覚がマヒしているのかもしれんがいいんだ今回は。次がんばれ。
ひとつ不思議なのは予選Q2。今回LT観戦だったのですがライコネンは何故もう1アタックしなかったの?ギリ通過でそれはもうヒヤヒヤしました。あれ以上のタイムは見込めなかったのか単に油断してたのか別にトラブルがあったのか。なに?
週末通しての不発にふと思う。もしや跳ね馬は猫の手ならぬ兄さんの手も借りたいくらい大変な状況だったりするのだろうか。わざわざ別大陸に召喚するくらい。
ところがどっこいハッハーただのバケィションさアイラブアッメェーリカ!ってだけな気もしますがね。
今週こそ良いとこ見れますように。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/11(月) 20:45:17|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。