宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日出方へ念を送る

時間がたつにつれカナダ決勝はライコネン的にすっげーラッキーだったんじゃないかと思えてきました。
だってライコネンですよ?あんな荒れたレースじゃ真っ先に消えそうな人ですよ?むしろ自ら率先して荒らしそうな人ですよ?
上出来じゃーん!初心忘るるべからずだ。(志の低さには自信あり)

さてコラムが更新されていますがレース中の波乱万丈がよくわかりますね。
本人が「あれだけの問題があってこの結果なら悪くない」と言うくらいですからよっぽどだったのでしょう。
・マッサに当たってバランス悪くなった
(そりゃあんたのミスか不運か知らんがしょうがないね)
・クビカのマシンの破片がフロントウィングに挟まってもっとバランス悪くなった
(ラリーの盆栽状態やね。しかしよく上手い具合に嵌ったもんだ)
・ブレーキの調子がおかしくなっていつ効いてるのか効いてないのかよく判らなかった
(こわっ。ようこそケベック州へしなくて良かったね)
そもそもマッサに当ったことがすべての始まり。頑張ってスタートの精度上げらなね。
ところでマッサのマシンには影響なかったのだろうか…

「ルイスとは21pt差になったけど、そうそううまくいき続けるわけがない」(※超意訳)
と妙な方向に自信を見せるライコネン。やけに実感こもってませんか。経験者は語る。
「フェラーリは過去インディで良かったし楽しみだよー」
「自分もたいてい問題なくいいレースしたところだしねー」
と週末に向けてポジティブシンキン。カナダでも同じこと言ってたような気がするのは気のせいねきっとうふふふ。
それにライコネン、過去二年はレース1周もしてないの忘れてるわけじゃないよねうふふふ。
でも予選後ダイヤーさんも言ってましたが乗れるようになってきたのは確実なようだし、タイヤも開幕戦仕様のソフト&ミディアムに変わるみたいだし、結構楽観的だったりします。

大好きなアイスホッケーでリフレッシュしてからアメリカに入るそうな。(またかよ)
ルカ会長の我慢の限界が来ないうちに巻き返してもらわねば。なんか既にチラホラ見かけますが…(笑)(いや笑えん)
クロスフィンガーは以前裏目に出たので今回は違う形で応援したいと思います。

BREAK A LEG!

いやホントに折るような事態はやめてよ神様。(今はシャレにならん)


コラムの最後はクビカへのお見舞いと近代F1の安全性の高さに触れて締められていました。
まさしくだ。
クビカは翌日には退院、しかも自分で運転して帰ったとか。すごいな?。
それだけマシンが頑丈なのか単に彼がタフなのかちょっと迷うところですが(笑)
なにはともあれ良かった!
スポンサーサイト
  1. 2007/06/13(水) 19:46:42|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。