宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

F1アメリカGP とちょこっとル・マン24hr

やっとやっとここまできたよライコネン。
4位という結果は決して満足できるものではないけれど、レースそのものは見られるようになってきました。今シーズン初めて乗れてるぞと実感できました。変な話、表彰台の開幕3連戦より晴れやかな気分。ただ状況が違うだけやけどね。空腹は最高の調味料ってやつだけどね。相変わらず予選とスタートはへっぽこだーけーどーねー(叫)
でも一歩でも前進が見られて嬉しい。うん、嬉しいんだ。だって嬉しいんだもーん!
どのくらい嬉しいかというと睡眠不足とは思えないほど月曜の朝は化粧がノリノリでした。身体は正直だゼ。
攻めの走りが見られることの喜びを改めて噛み締めてます…(涙)
ってそんな攻めてないか。

スタートはハードを履いているのを見た瞬間「げっ」とイヤな予感はしました。正直ニックには抜かれそうだな、と。案の定でしたがヘイッキ君は想定外だったなぁ。アウトへの切りかえしがうまかったね。
ドメニカリ曰く、ソフトは予選で使っちゃって新品ハードかユーズドソフトかで行くしかなかったそうな。ああQ2だ…やっぱり本人達もカナダで肝冷やしたようで今回は2回行ったらしい。一発で出せたら良かったのにね。
でもスタートで順位を落としたのはそれだけが原因とは言えないとのこと。ええ言いたいことは判っておりますとも…。マッサは上手くやれてるんだから頑張んなきゃね。
後半ハードでペースの落ちてるマッサをガンガン追い続けるライコネンを見ていいんかエンジンセーブせんでいいんかとちょっと心配になりましたが、レース後には「同じエンジンを使う次のレースのことを考えていた」とコメント。おおそうでしたかそれは失礼しました。

開幕前、ある程度の苦戦は予想してましたがここまでとは思ってなかったのが正直なところです。
チームとしても会社に例えるなら即戦力として雇い入れたはずが新人並に使えなかったってところかも。研修期間として3ヶ月位給料割り引かれてもしょうがないかと…(笑)
でも、ようやくスタートラインに立てたってところかな?私もまた新たな気持ちで欧州ラウンド夏の陣を迎えられます。
跳ね馬ライコネンの開幕はこれからだ!  って言える展開になればいいな。

しかし気付けばマクが先行っちゃってるという現実。
今週はシルバーストーンでテストです。頑張って追いついてくれー。

さてそのイケイケのマクラーレン。
やばいです。かなりやばいです。ここの二人の対決はもはや「モエ」のレベルに達しようとしています。ていうかもう達した。うぎゃーたまらん!
レースを見ながらライコネンの健闘に燃えていましたが、ここのやりあいにもモエてのたうちまわってました。放送終了まで余すところなく。大人のふりをするアロンソ様かーわーいーいー。そんな王者の心中を知ってか知らずか無邪気にはしゃいで肩組みまでさせるハミルトンくーろーいー。これからますます楽しいことになりそうだ。チームは贅沢な悩みを抱えることになったねぇ。
今回もロンは台に上がりませんでしたがやっぱり何か気を使ってる部分でもあるのかしら…。そういやおひげのDr.ディーターさんはDTMではお馴染みだけどF1で見るのって珍しいような気がします。だからかな?
跳ね馬はグリップ不足で予選がうまくいかないっていうけどさ、それよりマクが良すぎるんじゃなかろうかと思ったアメリカGPでした。呆れるくらい速かったよ。お見事。

赤牛勢は?ウェバ君がめでたく初ポイント!恐怖のギアボックストラブルが出なくて良かった。
デビが あっっっ という間に消えたから判らないけど信頼性の向上が見られたような気がします。気のせいじゃないことを祈ります。
赤牛勢3台が最高速を記録。この目立ちたがりやめ(笑)でもそのおかげでトニオの健闘が見れた!トニオトレイン長かったね?よくあれだけねばったね?。最終的にピットに入っちゃったけど完走扱い。母国GPのスコット君も今年は無事完走できて良かった。
ちなみに赤牛の看板しょってル・マンに挑んだニューウェイ先生も無事完走できました。
おじいちゃん頑張ったよー!途中インタビュー受けてたりしましたが良い顔してました。ホントレース好きなんだろうなぁ。

最後にベッテル君、デビュー戦でポイントゲットおめでとう!ようやった!
なんかスゴイことやらされてんですけど…(笑)
http://www.motorsport.com/photos/popup.asp?N=81&I=f1/2007/usa/f1-2007-usa-xp-0863.jpg&FS=F1&SN=1_125.200.181.186:58028&S=F1
おしゃぶりとミルク…
産まれたてって意味でしょうがこりゃあマニア受けしそうな絵ですな。


■おまけ:ル・マン24時間

今回初めてまともに見ましたがすごいわ。誰だよ初めに24時間走ろうとか言い出したヤツは。もうバカとしか言いようがないよ(笑)
速いだけじゃ勝てない。優勝目前でも24時間走り切らなければそこで終わり。みんなボロボロになりながらも修復作業を繰り返して走り続ける姿は胸を打つものがありました。スプリントレースとは違う耐久戦の魅力ってやつでしょうか。
結果はやっぱりアウディが強かった。でも3号車ロッキーがクラッシュで消え、トップ独走中の2号車がトラブルでクラッシュしてまさかのリタイア。クリステンセン…せっかく間に合ったのに残念だったね。2台とも結構派手なクラッシュで心配したけど何事もなくて良かった。
プジョーはジャックチームがトラブルで無念のリタイア。2位につけて頑張ってたけどねぇ。残念。
結果スタートでおもいっきりミスったボーデチームが2位ゲット。ここも途中でピットにひっこんだりしてハラハラするシーンもあったけどちゃんともったねぇ。ゴール目前でコース上で止まったシーンはまさかここまできてリタイアか!?とびっくりしましたが何のことはない先頭マシンの到着を待っていただけのようで。ル・マンではそういうやり方があるのね…驚かさんでくれ…。
雨の中のゴールシーンは感動的でした。みんなよく頑張ったねー。
GT1クラス優勝で盛り上がるアストンマーチンのグリーンな一団が妙にかっこよく見えました。車はナマズみたいな顔だけど。
初心者なりに結構楽しめたので、来年はまた色んな発見や見方ができるかもしれない。
一年後を楽しみにしてます。

でも現地のお客さんも大変だろうなぁ。
雨がザンザン降ってたし観る方も耐久戦だ。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/19(火) 12:36:45|
  2. F1
  3. | コメント:2

コメント

ちょ、ベッテルwwwww

誰ですかこんなトンチキな事やらせたのは!!
うっかり何も考えずに見ちゃってお~いお茶噴出しました…_| ̄|○

殺伐としたマクラーレン内部抗争(言い過ぎ)には
確かにちょっとクるものがありますね…
殿堂入りの某様達みたいなさわやか~なバトルとは
また違った面白さを出してくれそうです。
|-`).。oO(でも1コーナー心中だけはナシにしてくれよ!

  1. 2007/06/19(火) 20:48:00 |
  2. URL |
  3. kagra #bl/7Lt5M
  4. [ 編集]

仕掛人

それはやっぱりBMWのロンデニスことドクターマリオでは…
ああなんかシャレにならん気がしてきたのでやめときます(笑)
そういえば以前ニックには子供用ワンピース(女子用)が贈られてたような。
自分にあてている画像を見て何でだよ!とツッコんだ記憶がありますが。
BMWはなかなかオイシイチームですね。

>1コーナー心中
歴史は繰り返すといいますがさて…(笑)

  1. 2007/06/20(水) 21:08:11 |
  2. URL |
  3. 薫 #uwqLRD7Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。