宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ほんとのところ

ライコネンコラムが更新されました。
(なんだかんだ言いながら更新を楽しみにしている)

さすがに今までと雰囲気違います。アイスホッケーのホの字も出てきません。
そして久々に出ました「わっきゃないせい」
北米ラウンドの敗退をかなり悔やんでいます。こんなはずじゃなかったと。
状況の厳しさを語り、でも好転めざして頑張るよ、戦いは続くよと決意を新たにしています。
現在行われているシルバーストーンテストと来週からの2戦をいかに重要視しているかが伝わってきました。
宿題がいっぱいらしい。ため込まないようにサクサクッと片づけちゃって?(それが出来れば苦労せんわ)

私にとってはパフォーマンスの向上を初めてこの目で確認出来て喜べるものとなったアメリカGPも、本人にすれば当然期待外れの結果。モナコ辺りからずーっと言ってましたからね。手ごたえ掴んでるって。今まで色々噛み合わなくて出来なかった走りがようやく出来ただけのこと。
そしてちゃんと走れたかと思えばライバルは想像を超えた進化を遂げてるし。そりゃライコネンもびっくりだ。
当然私もびっくりだ。そしてここが速い時はとことん速いのはよおく知っているだけにどーにも勝てる気がしない。つか何故こんなにも壊れんのだ。こんなのマクじゃない、マクじゃないっわーーっ!(ほめてるのかけなしてるのか)(これも愛の形)

これまでの7戦、私はこんな↓見方をしていました。
前半:開幕?バーレーン=対ライバル=どんだけやれるか
後半:スペイン?アメリカ=対マシン=どんだけ乗れるか

バーレーン後までは乗れてないなんて考えてなかったもんで。本人も完璧ではないにせよ色んなとこで感触良い言うてたし。
だからバーレーンの内容は当時すごく寂しく感じたものです。最速マシンで攻めないなんてどうしたの?と。「空振り」と書きましたが、実はその後よく考えたら振ってもないんだからバントじゃんと思い直してました。修正はしなかったけど。そのくらい違和感があったのです。ぶっちゃけ乗れてなかっただけだと判った瞬間救われた気さえしました。どんなファンだろねホント。
だいぶ乗れるようになったとこの目で確認できた今、また見方を対ライバルに戻せます。
すると途端にぶちあたる厳しい現実がありますが(笑)
でもせっかく速いマシンに乗っているのにその速さを出せないもどかしさに比べれば屁でもないっすよ。ってすみませんそりゃ言いすぎですが(どっちだよ)(さあ)
でも私はどんな状況でも「対ライバル」と戦っている姿を見られる方がずっと良い。ていうか当然のことだと思ってた。モンちゃんファンはこんな気持ちだったのかな…と最近よく思います。
今までのもどかしい時間は私の意識を変えてくれました。次優勝した時はもう他人事なんてバチ当たりなこと思いません。(開幕戦観戦記参照)
ああ神様、もういい感じに準備は整ったと思いますがどうですか?兄さん復帰説とかライコネン離脱説とかライコネントヨタ移籍説とかフラビオ&アロンソとトッド&ライコネントレード説とかデビ跳ね馬移籍説とか海外メディアもだいぶ盛り上がってきましたよ?(どさくさにまぎれてあることないこと書きましたがさてどれでしょう)まだ足りない?欲張りだなぁ。

というわけで、これからやってくるであろう大波小波に気持ちも新たに一喜一憂エンジョイしたいと思います。


でも純粋なフェラーリチームファンにしたら冗談じゃねーよ!ってもんですよね。
「自分、不器用ですから…」
ケンさんライコネンってことでひとつよろしくお願いします…
スポンサーサイト
  1. 2007/06/21(木) 12:27:12|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。