宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヨーロッパGP

ライコネンコラムってこういう時に読むものだと最近思う。(逆に上手くいったレースのコラムにはあまり興味がわかない)
ドイツとの相性の悪さを改めて思い知ったようです。自分はニュルもホッケンも大好きなのにサーキットから好かれてないみたいと嘆いています。なんてせつない片思い。魔物さんに溺愛されてるせいで他が寄りつけないのねきっと。どこかにヤツを退治してくれる救世主はいないものか。
また来年頑張るとリベンジを誓っていますが確かホッケンと隔年開催だったような。げ、本陣やんけ。頑張ってよウマー!

というわけでレース完走もとい感想。
変換一発目で「完走」が出るって…(泣)



不安定な天候が演出してくれた大波乱のレースは最高におもしろかった!現場の皆は観客も含め相当大変だったろうけど。(自分では絶対に体験したくない)
ライコネンのピットレーンミスは近年稀に見るおもしろ映像だったと思います。あ、ラスカス駐車に続く第2弾かな。一瞬ウソやろ!?と信じられませんでした。入りたいのに入れなーい!って高速の出口で車線変更出来なくてそのまま通りすぎた時のようなあ゛あ゛?って切なさを覚えます。(更には引き返そうと次の出口で降りて乗り直したら間違えてまた同じ車線に乗っていたというアホな経験が私にはある)
白線上ですごい滑ってさーコースに戻っていっちゃったんだよーとの本人談ですが、シケインカットしたあたりから結構とっちらかってたからあれですかね、ドライバーがよく言う「楽観的すぎた」ってやつですかね。でもウォールの無いところで本当にラッキーだったよ。あとちょっとズレてたらデビるところだったよ。
しかしピットもびっくりしたでしょうね…はは…。(もう笑うしか)それでもドライタイヤへの切り換えのタイミングがドンピシャはまったおかげで3番手まで挽回することが出来ました。情報提供してくれたハミルトンに感謝。
アロンソに迫りバトルくるか!?と期待したんですけどね。そこから伸びず結局スローダウンしてフェイドアウト。今回はおばあちゃんの他にもジェニちゃんやライコママもいたそうで皆の前で良い結果が出せたら喜びもひとしおだったろうに。残念でした。しかしあんな心臓に悪い展開はおばあちゃんにはヘビーだっただろうなぁ。
現在行われているテストはお休みして久しぶりに家でゆっくり過ごすらしい。3回目の結婚記念日を迎えるんですねぇ。ジェニちゃんとお祝いするのが楽しみなんだ?♪とコラムをしめてます。おノロケライコネン。ふふ幸せそうで何より。

さて、ライコネンが消えてめでたく台をゲットしたレッドブル。
再スタート時の位置を守って無事 完 走 しかも 2 台 揃 っ て って素晴らしい快挙じゃないか!やってくれるね!
もうねーいつ壊れるかハラハラしながら見てました。ファイナルラップなんて死にそうでした。それで最後の最後にあのシケインのスローシーンでしょう?大っ変な大騒ぎでしたよ。床バシバシ叩きながらぎゃあぎゃあ叫んでましたよ。私でさえこんな状態だからホーナーさんなんか失神寸前だったんじゃ(笑)その辺モナコの時のようにITVのピットレポーターさんの暴露話を楽しみに待ってるんですけどねーなかなか出てこない。カモン。しかし今回はホーナーさんが国際映像にいっぱい映ってウハウハでした。雨を気にして空を見上げる憂いを帯びた表情もまたス・テ・キ。
ゴールした瞬間エナジーステーションでは「We are the Champion」が大音量で流れたそうな。相変わらずアホやってるね。選曲にちょっと間違いがあるような気がするけどまいっか。それくらいの大きな価値があるんだ今のこのチームには。目標とするコンスト5位まであと1チーム、2ポイント差。頑張れー!
そういえば今回は映画のプロモーションでタランティーノが来てましたね。おおモナコと同じシチュエーションじゃないか。これやるとツキがめぐってくるとか?
で、代表!何か賭けてませんのか…!(まだ言う)

そして今レースのメイン、マッサvsアロンソ!
なんと言っても終盤のバトルシーンでしょう。うひゃひゃひゃひゃと楽しんでおりました。でもアロンソ様のあおりがおもしろくてオーバーテイクのシーンはウェーイ!って雄叫び上げちゃいましたね。
ドライでのマッサのタイムはダントツだったけどウェットはマクに軍配。今後のために覚えとこう。
今回つくづく思ったこと。アロンソってホントにおもしろい。コース内でもコース外でも。
パルクフェルメでの久しぶりの全開ガッツポーズとか「カメラさんカモン」から「チッチッチッいかんよマッサ君これはないよ」のシーンまであんた一体どんだけウカレてんだ素直もいいとこやとツッコまずにはいられない(笑)
もうひとつのバトルもたまらんかったです。あんな感情剥き出しのシーンってなかなか無いからテンション上がりました。ラテン系二人揃ったらあんなおもしろいことになるのね。同い歳バトルも今後気になるわ?。
あれ、今私が楽しいことには全部アロンソ様が絡んでくるぞ。vsライコネン、vsハミルトン…なんなんだよおいしいなぁ。

■おもしろかったのでまたまたポディウム(&プレカン)特集
・だからアロンソ様喜びすぎ。トマー!って何度も叫んでたね。
・マッサのお顔が怖いよー。
・誰かと思ったら兄さんやないの!こんなところで何しよん!しかし相変わらず素敵なお召し物で…
・兄さんそのお通夜みたいな顔やめようや、ね?
・そりゃもう終盤まで跳ね馬にトロフィー渡す気満々でいたんだろうけどさ。しかも相手はロンだしさ。最悪だろうけどさ。
・ウェバ君デカ!
・ウェバ君は兄さんからトロフィーを貰いたかったに違いない。
・ロンは兄さんの後ろで一体何をやっていたのか。舌だしながらしきりに兄さんを指差し。アロンソに反応を返して欲しそうだったけど何も返ってこなくてちょっと切ない。
・パルクフェルメからうすうす感じてたけどロンはアロンソと親しげにしようとやけに気を使っていたような。しかしその思いは一方通行のような。やっぱり切ない。
・ボトルキャッチはやっぱり慣れてないと難しいらしい。でも割れなくて良かったね、赤牛さん。
・赤牛にロングヘアーの美人女性メカニックが!これは珍しい。別に何かのイベントとかじゃないよね。
・プレカンでもやっぱりマッサのお顔が怖いよー。
・ウェバ君話なが!
・「さっきは言い過ぎたよ悪かったねははっ」っとマッサの腕を掴むアロンソ様…(笑)
・でもやっぱりマッサのお顔が怖いよー。
・マッサが何をしゃべるか固唾を呑んで期待見守ったけど意外と大人でした。ちっ
・やっぱりバルセロナの件はしこりで残ってそうだ…しかし私は既に詳細を忘れた…(早)


あえて触れませんでしたが1コーナーの餌食となり墓場(と書いてグラベルと読む)に散ったトロ二人。
なにやら首脳陣とゴタゴタやってますね。スコット君の声は聞こえるけどトニオは?何を思うか聞きたい。
しかしスコット君の公式サイトのトップに「season finished」って出ていてびびりました。シャレにならんわ。
暴露インタビューも出てたしもう終わりなのかと思ったけどテストには参加してるのね。何なんだ、っていうかやりにくいだろうな現場は…(苦笑)

あ、最後にもう一つ。

ヴィンキーッ!!

ああすみません今GP序盤の主役の名前だけは叫んでおきたかったもんで。
ウェットタイヤでスタートとはおもしろいことやってくれましたね。ガスコインの笑みが浮かぶ。
次戦からはDTMに戻るとのこと。って今週末じゃん。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/26(木) 21:29:40|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。