宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

残留祈願の季節です

ゴリラのコスプレでベストコスチューム賞もらって喜んでいる人とか再審が決まって鼻息荒くしている人達とかはおいとくとして。

スコット君OUT、ベッテル君IN

ばっきゃろぉぉーーっ!
寂しくなるぜ…

不幸にも喧嘩別れとなったように見えましたが、ベルガー曰くまだテストドライバーとしての可能性はあるらしい。
しかしトロと赤牛本体との間に溝が出来つつあるように感じるのは気のせいかしら。最近チームのプレスリリース上で跳ね馬登場率が上がってるように感じるのは気のせいかしら。セットでおもしろいのが一番の魅力だったはずなのに仲違いなんてこんな悲しいことがありましょうか。(自分基準)不穏だ。
しかしスコット君のクビが発表される直前スペインの闘牛場ではトニオが「牛」になってたそうで。STR1inリアル闘牛場。やっぱアホだNe。

次はトニオの番とかナントカ見かけます。確かにスピンも多いしこれぞというシーンはあんまり記憶にないけどさ。ちょっと前にはベルガーの「ぼんくら」発言を見かけてそこまで言うほど酷いんか!?と驚愕したもんだけどさ。…いかん、書いてるうちに悲しくなってきた…(しくしくしく)
しかしヤル気とノリ気だけは旺盛かと…!むしろありすぎて空回り☆かと…!
で、ベルガー&トストのインタビューが出ておりまして。
http://www.autosport.com/news/report.php/id/61275
「トニオにはまだチャンスはある。セバスチャンとよくやってくれるよう切に願う」とベルガー談。正念場だ。(それは常に)

ベッテル君は来年もトロで決定。
残り一席をボーデ他水面化のいろんな人達と競っている状態なんだろうけど、マシンの開発力含むチームの底上げを考えるとやっぱりベテランの力が欲しいところ。でも資金面を考えると赤牛の意向も無視できない。どうするかなぁ。牛蹴って馬に乗り換えるなんてことは…ない…よ、ね…。そもそも赤牛がどう判断するかもわからん。でもトニオほどの逸材はそうそういないと思うぞ。広報担当として。(そっちかい)

しかしこのインタビューはコメントの端々にスコット君のアクの強さが垣間見えますね。
じゃじゃ馬ならしならぬじゃじゃ牛ならし失敗と。
私にはそう映る。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/03(金) 12:57:56|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。