宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

home

今年のマクラーレンは本当にカッコ悪かった。
コース上のパフォーマンスは最高だったけどその他がいただけない。
いっそ嫌いになれたら楽なのにと何度思ったことか…(笑)

シーズン総括マクラーレン編。
ウェット気味の内容になってますのでイケる口の方だけどうぞ。



何というかあそこは実家みたいな存在なんだよ。
猫が家につくように、鳥の雛の刷り込みのように、理屈じゃない。
ノーリーズンで私の中にある。
例えるなら、今年は嫁ぎ先から実家のゴタゴタを見ながら心配する娘のような気分っていうの?そんな感じだった。
私を失望させた罪は大きいぞ。早いとこ信頼を回復させてみせろ。

アロンソは私の思っている以上に若く素直な人だった。素直すぎて不器用にも映る。傷付き傷付けながら行く姿を見ながら、ああいう人って生きるの大変そう?とテキトーな自分はつい思ってしまう。
マクとの関係が不幸なものになってしまったことは本当に残念でならない。アロンソのことが好きだから、自分の好きなチームを彼にも好きになって欲しかった。うまくいって欲しかった。チームの顔になって欲しかった。
ちなみにモンちゃんの時は「やっぱり」って感じだったけど。初めから合わないと思ってたから(笑)

いつだったか「自分がコンマ数秒速くした」との発言があったけど、発言自体のことはともかく事実その通りだと思う。
一年前の移籍発表後、「王者を迎える」ということはチームにとってかなりのモチベーションになっただろうし、ヘタなものは作れない!とマシン製作も力が入ったんじゃなかろうか。いつも最大限の努力をしているだろうけど、もう一歩その上に踏み込む力というか。そういう源にもなったんじゃないかなと。マクは一年おきに良いマシンを出してくる傾向があって今年はその当たり年というのもあったけど、それだけじゃない強さがあった。もちろんエンジン回転数の制限やニューウェイ離脱諸々も忘れちゃならない要因だけど。(ニューウェイは天才の意味をまさに体現していると思う。紙一重のスリル(笑)
他にもアロンソ効果によるスポンサーとかね。おカネはあればあるだけ良い。使い方も大事だけど。

ロンが開幕頃、アロンソの加入について「新しい風を吹き込んだ」みたいなことを言っていたのを思い出す。あの風はただの暴風になってしまったのか。
原因が何であれアロンソに辛い思いをさせたことに変わりはない。幸せを感じられる場所になり得なかった。本人に「良い思い出になった」と言わせてしまった。
なんでかね?なんでだろうね?ロン…!
相性の良し悪しはどうにもならない。合わない人はどうやっても合わないもんだし。今回もモンちゃんの時のようにさっぱり割り切れたら楽なんだけどなぁ。
移籍先について様々な憶測が報道されてるけど、ロンが結論は最終戦から2週間くらいで出るようなこと言ってたし、動向を見守りたいと思う。
レース後パルクフェルメでクルーと抱擁する画像を見かけた。表彰台では笑顔も見られた。それが全てを終えての安堵から来るものなのか、どんな意味を持つのか自分にはよく判らないけど。
やりなおせたら、もう一度チャンスがあるなら、今度こそうまくやれたら…なんて夢見すぎなのはわかってるけど。
メガネのマークさんや担当クルーの無念を思うと、願わずにはいられない。
いかないでアロンソさまあああ?って足元に追い縋りたい気分だよ。

プレカンでライコネンにお祝いを言ってくれてありがとう。
「良いヤツ」って言ってくれてありがとう。
晴れて堂々ライバル、になれたかな。

ルイス君については言うこと無し。
シーズンをずっとリードしながら最終的に落してしまったのは本当に残念だろうけど、まだまだこれからたくさんのチャンスがあるはず。
ライコネンがプレカンで「辛いと思うよ」って言ってた。でもここから色んなことを学ぶんだ。
正直おばちゃんはこれで良かったと思う。ライコネンが勝ったとかそういうのは関係なく。色んな経験を積んで引き出しをたくさん作るんだ。お楽しみはこれからだ。
いつか私の興味を惹く存在になるのかな。おもしろい子だとは思うけど、今はまだいいや。
最終戦後の打ち上げパーティーでDJになってる姿を見かけた。ブースでフロアを盛り上げてる様子はまさに「ムードメーカー」
アロンソが居心地の悪さを覚えるのも判らんこともない…(笑)

ルイス君単体ではこれで良かったと言える私だけど、チームを思うとそうは言えない。
永いこと遠ざかっていたタイトル、厳しいシーズン、それが報われるすぐそこに手が届く位置にあったのに落としてしまった。しかもまた「信頼性」で。キツいよなぁ…
ITVのピットレポーターさんの裏話にこんなことが。
http://www.itv-f1.com/Feature.aspx?Type=Ted_Kravitz&PO_ID=41190
「誰もが大きなショックを受けていた。泣いている人もいた」
言葉がないよ…
「ハッキネンと多くのマクラーレンのスタッフの絶望はチャンピオンシップに勝ったのがライコネンという事実に少し慰められた。キミはまだマクラーレン内でとても愛されている」
ごめん、どさくさに紛れてちょっと喜んだ。

来年はカーナンバーが二桁になるのか…
ピットも一番端っこ。モーターホームも一番端っこ。
で、燦然と輝くんでしょう?空気読んでなくておもしろいじゃないか。
あとは偶数年の法則がどう出るかが問題だ…(笑)

そういえば最終戦の結果についてアピールしてたな。正式な結果が出るのは11月15日?だったかな?
私が知ったのは全てが終わった後だったしそんなこと気にならないくらいウカれてたから何も思わなかったけど。
まぁいいんじゃないでしょうか。納得できるよう権利を行使すれば良い。
ただちょっと惨めに見えて若干ツラい。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 18:41:33|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。