宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フランスGP 前編

Good job, KIMI !

確かに勝てるチャンスをトラブルで逃したのは残念でした。
でも今回はダメージを最小限に抑えることが出来た喜びの方が勝ります。
だって!
以前ならリタイアへ一直線のパターンだったのに!
無事完走できたし!
しっかり2位守れたし!
いや?新しい扉を開いたような気がする。
こんなレースもあっていい。ライコネンの歴史にまた新たな1ページが加わったということよ。
フフ、なんか嬉しい。

今回未だかつてないほど勝利への渇望をあらわにしていたライコネン。
PPもバッチリ獲れてCSでは「何もなければこの人」なんて言われていて、反射的に「何もなければいいよね」とTVに向かって返したものです。
レース前半はトップ走行中の様子が映し出される度に「何!?」とビクついてました。(悲しいサガ)
何もないならほっといて欲しい、久々にそんなスリルを味わっていたところにトラブル発生で、最悪リタイア、数ポイント獲れたら万々歳くらいの覚悟で成り行きを見守っていました。
いつしかレース全体の方に気を取られるようになってましたが、時々入ってくるライコネン存在情報におおまだおる!おお安定してきた!と喜ぶ私。
いつ消えるやもしれん綱渡りのような状況の中微かな希望を抱きながら…

いや?しかし良かった良かった。
プレカンで言ってましたが最後はもう止まりそうなくらい状況は厳しかったらしいしホント良かった。
"Luckily"って何回言ったよライコネン(笑)
ライコネンのコメントからは状況を改善するために出来ることはほとんど無くて運任せだったような印象を受けましたが、ドメニカリのインタビューを読むと色々いじって手を尽くしていたようで。
http://www.autosport.com/news/report.php/id/68582
「我々はあのような状況下でエンジンを守ろうと試みていた。可能な限りの手を尽くした後はチェッカーまで待つだけだった。多くのことさ。たくさんのスイッチが操作されていたのを目に出来ただろう」
え、気づかなかった。
(終盤はヘイッキ君に気を取られ)
自らまいた種だけどピンチをしっかり乗り切ったチーム&ドライバー&マシンの頑張りと幸運を讃えたい。
グッジョブでした!

しかし毎回マッサと交互に何か起きるなぁ。
給油トラブルやホイールナットトラブルや…あと何だっけな。
せっかくマシンは良いのにその力をフルに活かすことができないのはホントもったいないですね。
しっかり解決してよー


最後に【今GPの一枚】

「イエーイ!メッチャホーリデーイ!」

エアーアヤヤライコネン。
予選Q3はしびれました。
走りにも戦略にも。
途中でラストアタックを切り上げたとっさの判断は素晴らしかった?
グッジョブダイヤーさん。


またまた後編に続く。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/24(火) 19:26:22|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。