宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イギリスGP

うわーん祈りを捧げた人達がこんなにも軒並み崩れていくなんてー!
やはり魔法に頼ろうとしたのがいけなかったのか…

しょっぱなから夢も希望も打ち砕いてくれたウェバ君。
でもその後の追い上げはカッコ良かったね。だからこそもったいなかったね。うおおぉぉん
デイビッドは本当に「印象に残るレース」だったしある意味「彼らしいレース」だったかもしれません。見事な出オチでした。
ベッテル君を引き連れてそれはそれは美しいターンまで披露してくれて…
絶対に忘れられない母国ラストレースだよ。うおぉぉん
ところで赤牛サイトの歩き方がまだわかりません。
探検する前にめんどくて引き返してしまう根性無しです。
でもニュースはわかりやすいところに配置するべきだろー

そして初優勝を期待したヘイッキ君。
山頂はここじゃなかった、まだ先にある、そういうことですね。
今度こそ!今度こそ!とじりじり焦らされながら待つのは得意ですから。ええ得意ですから!(必死)
でも今回は本当にクると思ってたんだよ…調子良かったし…
どうもレースでタイヤに問題を抱えてしまうようで。以前にもグレイニングに悩まされた?ってことがあったなぁ。
しっかり解決してまた次頑張ってくれ。
ルイス君の序盤の攻めはすごかったというかもう冷や汗もんでした。
みんなフラフラしてる危険な状況でヘタしたらスピンだったろうに。
ヘイッキ君があっさり前に行かせたように見えたからてっきりルイス君の方が軽いのかと思ったら違ってたのね。
前戦の借りが返せたね、ルイス君。スッキリしたことでしょう。
母国初優勝おめでと?

フェラーリコースターは前回最高地点に到達し、今回傾斜70度の急降下ゾーンに入った模様です。
モナコに続いて雨の読みをハズしがちですね。もっと優秀な気象予報士雇おうよ。
それか楽観的すぎるのかな。ラテン気質がアダになってるとか?
「空明るいゼ!」「きっと降らんゼ!」「きっとすぐ乾くゼ!」「イケイケゴーゴーだゼ!」
みたいな?
チャンピオンシップをリードしているチームが今この時期にこんなアグレッシブな戦略をとる必要があるのかちょっと疑問もありますが。
そうか、ジェットコースターだから安全運転なんてナンセンスよね。
一気に下ったから次は上りか回転かねじりあたりか。

お天気がらみの攻めの戦略は運もからんでくるからハズした時はしょうがないとして、問題はその後の対応ですね。
解説陣の見解を聞きながら、どーしよどーしよって右往左往してるうちに交換のタイミングが遅れたんじゃないの?なんて話してました。
同じ戦略だったアロンソはもっと早く入ってたのに。
この差は何か、燃料タンクの差?フェラーリのタンクって小さいの?それともルノーが大きいの?

ライコネンもくるくる回ってたなぁ。
コメントからはチームワークを大切にしているのが伝わってきました。
勝つ時も負ける時もチームと共に…
病める時も健やかなる時も…って域に達してますね。
アイスマンにここまで言わせるフェラーリはやっぱりすごいと思うのです。
もうね、誰だよって感じです。幽霊さん?
マッサは初日からトラブル続きで散々な週末だったけど、あれだけ回りながらしっかり完走したのはある意味すごかった。

逆にホンダさんとこのタイヤ戦略はドンピシャはまり久しぶりの表彰台。
や?素晴らしいね。光ってたね。
バリチェロおめでとう!
パルクフェルメによく似た女性がいたと思うんだけど…
ご家族のどなたか来てた?(バリチェロ一家は一目でわかる)

波乱の雨の中いい走りをしながらもったいない結末に終わった人、しっかり走りきってかっこよかった人、それぞれドラマがありました。
次戦は鬼門中の鬼門、大本陣、ホッケンハイム。
去年のニュルもジンクス通り悲しい結末に終わったので、今年こそ打ち勝ってほしいものです。
頑張れライコネン!頑張れF2008!
魔物をやっつけろ?
スポンサーサイト
  1. 2008/07/08(火) 19:14:47|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。