宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

A1GPアルガルベ

おもしろかったー!
何がおもしろいってパワーブーストの存在がもう。
こういう瞬間的にパワーアップする機能を備えたカテゴリーを見るのはKERS以外初めてなので、使用回数がレース中8回と限られてる中でやりくりするドライバー達の駆け引きバトルがおもしろかったです。
F1のKERSバトルもかなりトキメキながら見てますが、KERSの方が1周あたりの使用量に制限はあれど毎周使えるから最後まで楽しめてなお好み。
パワーブーストは規定数使いきったらバトルになった時希望が持てなくなる…(笑)
そこを気張るのがドライバーの腕の見せ所なんだろうけどねっ
とはいえ制限付きのギリギリ感もそれはそれで良かったりもする。

さてレース。
スプリントレースは帰宅が間に合わずフィーチャーレースのみ観戦できました。
とその前に予選の話を先にしておかねば。
トニオがめでたくスプリントのポールゲットーーー!
10分×4回のセッションで1度だけパワーブーストが使えるらしいんだけど、より高ポイントが獲れるフィーチャーの方で使う人が多い中スプリントにかけた作戦が功を奏した様子。
で、フィーチャーは10番グリッド獲得。ニュータイヤでちょっとトラブったらしい。
しかし赤旗中断多すぎ。
そのせいでアタック間に合わなかった人達は気の毒かった?

まずはポールスタートのスプリントレース。
そのスタートで2番グリッドのイン側ドーンボスにえっらい寄せて寄せて寄せたのち1コーナーで先越されちゃったという…
普通にまっすぐ走った方がトップ守れたように思うよ。
その後ピットストップでもたついて2台に抜かれ…
結局4位フィニッシュとなりました。
優勝はドーンボス。この週末輝いてたな?

続いてフィーチャーレース。
ポールのドーンボスがフォーメーションラップ中にマシントラブルでまさかのリタイア。
輝いてただけに非常に残念でした。メットの赤牛も泣いてたゼ。
しばらくその場に佇んでレースを見物する後姿が切なかった…
トニオはスタートから徐々に順位を上げて行き、気づけば3位表彰台圏内まで浮上。
が、アメリカチームのアンドレッティと3位争奪戦中双方絡んでリタイア。
ああもったいない?
巻き添えくらったモナコさん(リタイア)は不運だったね…
しかしバトル中とか前に迫ったor迫られた状態になると俄然テンション上がりますね。
やれ!そこだ!ブースト使えーーーー!って。楽しい。

トニオリタイア後は母国レースポルトガルチームのアルバカーキを応援してました。アルバカーキ。良い響き。
結果2位!(当時は見た目3位) 良かったね?。
優勝はニール君のスイスチーム。通算10勝目の最多勝らしい。すばらしい。
当時見た目2位だったアイルランドチームのアダム・キャロルはレース途中くらったドライブスルーペナルティを無視してそのままチェッカー。
結局レース後タイム加算で5位降格になったけど、ペナルティ無視っていいんかと困惑しながら見てました。普通に笑顔でポディウム上がってるし。A1は黒旗振られないんだろうか。
しかしペナルティ出てからの怒涛の走りがすごかった。ブースト無しでファステスト出してたような。
名前だけは知ってたけどアダム・キャロル、なかなかおもしろい男よのぅ。

顔ぶれはしょっちゅう変わるんだろうけど、名前は聞いたことあるような色んなドライバー達の走りが見れるのは良いですね。
ライブ観戦アイテムも充実してるしこれから楽しみ!
でも今シーズンはあと2戦しかないのか。
ハマるタイミングが遅かった?(悔)
そういえばフィンランドチームがないじゃない。是非参戦してくれないものか。


ところで今回イタリアチームは先日発生したイタリア中部地震の犠牲者を悼みマシンに喪章を付けてのレースとなりました。
犠牲となった方々のご冥福と、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/14(火) 19:13:01|
  2. その他モータースポーツ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。