宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スペインGP 前編

前戦で次の悲劇はどっちかなーなんてウキウキ書いた私のバカーン!
両方に出ちゃったね。
言霊?これって言霊?
ライコネンリタイア後は儀式としてアイス食べつつフィンメディアで情報探しつつのまったりながら観戦してました。
今回はチョコ&バニラのミックスをチョイス。(慰)

とはいえマシンのパフォーマンス向上には励まされましたよ?
速さはブラウン、赤牛の次の3番手まで浮上な印象。
皆頑張ったんだね?素晴らしい。
信頼性不足は相変わらずだけど突貫工事の攻めの投入で仕方ない部分もありましょう。
ジェネ曰くほとんど新車ってくらいの改良だったらしいし。
いつもより多めに心の準備は出来てたさ…良くはないけど遅いよりはマシ。(My重要度:速さ>信頼性)
でも世間的にはライコネンの予選失敗&リタイアとかマッサのガス欠とか負のインパクトの方が大きいんだろうなぁもったいない。

金曜の段階でこれはもしやイイんじゃないかイケるんじゃないかとちょっぴり手応えを感じてました。
んでテンション上がって思わず遊園地でハッスルして帰宅後予選Q1途中からLT観戦始めた途端ライコネンのやっちまったなー展開にズッコケ。
うん…すぐ油断するんだから… 私ったら相変わらず喉もとすぎればなんとヤラーね…
次から調子に乗らずにちゃんと見ますからっ 正座して祈りながら見ますからっ

でも予選のポカはいい薬になったんじゃないかと思う部分もあり。
今まで「2回目出たくねーのにチームが言うからよー」とブーたれてた本人もこれで判ったんじゃないかな。
ずりずり順位が落ちて行く様を見ながら、変な話おぉライコネンの希望が尊重されてる?と今までと違う変化を感じました。
「出たくなかった。あまり良いラップじゃないと判ってたけど多分通過できるだろうと思ってた」と、本人の決断と伝える記事の本人談。
http://www.autosport.com/news/report.php/id/75173
今まで大々的に報じられてなかっただけで出たくない云々はフィンメディアでは毎回言ってたわけで、それが今回どんな経緯をもって叶えられたのかが一番気になります。
ライコネンが「出たくないって言ってるだろー!」とゴリ押ししてチームが諦めて認めたのか。
チームが「出らんかい!」と尻叩いてるのにライコネンが断固として拒否したのか。
両方が「大丈夫よね…」と納得して留まったのか。
何だろな?
最近一部で不仲説も出てるようだし信頼関係にヒビが入るのだけは嫌なんで気になります。

残念ながら見事に裏目に出ちゃいましたが、結局パフォーマンスに自信が持てたからこその失敗だったんだろうなと。
うっかり勘違いしちゃうほどレベルアップ出来たってことよね。(悲しみの中に一筋の光を見つけるのは得意)
ところであの唯一のアタックはユーズド履いてたんだよね?じゃないとちょっと泣くよ?


一旦CMです。後編へつづく。

スポンサーサイト
  1. 2009/05/11(月) 20:15:30|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。