宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタリアGP 後編

今更な感じもするけど一応後編。

えーと赤牛についての感想はベッテル君に代弁していただきます。

「さっぱりだよグスン」

以上

時間を置きすぎて何書きたかったかも忘れてしまったヨ。
振り向かないで前だけ見るぞっ Go!赤牛Go!

…うん、まぁしばらくはダークサイドに落ちてましたが。
確かにレース結果もショックだけど負ける時は負ける。問題はそこじゃない。(そこだろ、ってツッコミはのし付けてお返しします)
じゃあ何が私を暗黒面に突き落としたかというと、マテ会長の白旗宣言ですよ。
ブログパーツにも表示されてる「終わった」の文字が忌々しい。ええいこの記事だけ消せんかの。
最後まで戦い抜くと燃えていた闘志の炎を会長自ら フッ て吹き消してくれた感じ?
そりゃあ客観的に判断したらそういう結論に至るでしょうがトップがあっさりギブアップってあんまりじゃないですか会長…
つか何でそんなことわざわざ言うのさ現場の士気に関わりませんのかそんなもん表に出してくれるなバカアァァ!
と怒りにも似た感情すら湧いてきたもんです。
ルノーに対するあてつけか知らんがエンジン選考中何らかの意図があったとしてもスマートじゃない。好かん。

でもそんな中、救いの光となったのがベッテル君の「タイトルのために最後まで戦うよ!」発言でした。
http://www.formula1.com/news/interviews/2009/9/9950.html
いいねベッテル君?
この前向きさ、明るさ、やっぱええ子やわ?
こういう時は嘘でもいいから諦めないよっ☆(キラッ)て言うとけばいいんだよ。
大概のファンはそれで夢見れるんだから。ね、会長!

さ、失うものはありませんので次戦からエンジンけちけち作戦もやめて攻めモードに入りますよ。
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/090922100529.shtml
ひゃっほーうイケイケドンドン!


あ、埼玉の赤牛デモランイベントも大盛況だったようで。
こっちは4万3千人集まったって?すごいわ?
デイビッド&ウェバ君、関係者のみなさまお疲れ様!
ウェバ君は5時間のみの日本滞在だってね。忙しいのによく来てくれた。
デイビッドは他にもトークショーのゲストだったり赤牛広報セクシー部長としてみっちり仕事をこなした様子。
ホントお疲れさまでした。
今回のイベントでF1や赤牛に興味を持ってくれる人が増えたら嬉しいな?
一方その頃代表はというと、グッドウッドリバイバルでニューウェイ先生とヒストリックカーレースなんぞで楽しんでおりました。
このイベント、レトロな雰囲気が良くて毎年楽しみにしてるんだけど今年は画像が少ないな?
ホーナーさんの。(結局そこ)
スポンサーサイト
  1. 2009/09/23(水) 01:45:45|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。