宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蔵出し鈴鹿2009 その1

リアルタイムで更新できずお蔵入りの運命をたどる予定だった写メ達を救済する目的で昨年から始めたこのコーナー。
別名後出し観戦記とも言いますが。
今年もやるよっ
まずは木曜日編、レッツラゴー


<メインゲート前>
20091001-1
白子駅からタクシーでサーキットへ。
このタクシーの運転手さんがまたおいしい逸話をお持ちの方で、若かりし頃のシューマッハ兄と彼女(コリーナさん)とマネージャーらしき人を焼肉屋へ連れて行ったことがあるとかサッカー好きの彼は横の施設でよく試合してたとか他にもどんなドライバーを乗せたとか色んなお話を伺いながら楽しくもあっという間の道のりでした。
車・人通りも結構多く、サーキットに近づくにつれ場内の照明がキラキラまぶしく明るさを増し(思い出補正200%)、こちらのテンションもぐんぐん上がる。
15分?20分くらい?金額にして2300円ほどでメインゲートに到着。
ゲート周辺やバス乗り場にはまだ結構な人がいて、よかったさびしくない!と嬉しくなりました。
なんせ去年の富士の夜の寂しさったら無かったからさ…(笑)
そしてゲート正面に着いて目にした「ただいまSUZUKA、おかえり日本グランプリ」の横断幕。
あ?来たんだな?とちと感慨深くなりましたねぇ。
ホント気分は「ただいま」です。あんまり3年ぶりとか久し振りって感じはしなかったな。
もうちょっと近ければ他のレースでも来たいんだけどな?

まずは重い荷物をコインロッカーに預けようとしたものの、ゲート外のロッカーには入りそうで入らない大きさだったためやむなく持ちまわることに。
コロ付きなのでゴロゴロ引いて歩く…
この日の目的その1、まずは食事でもと思い味の街の当日受付でどこか空いてませんか?と尋ねてみると、楼蘭とあじさいに空席あり。
別の日にあじさいを予約済みだったので中華をチョイスし店内に入ると時間が早かったのかまだまだ余裕でお客さん入れそうでした。
当時はウカれて楽しいばっかりだったけど今思えば中華でお一人様って普段ならしないわ…(笑)
お味は良かったですよ?
メインの海鮮なんとか(忘)の海老もぷりぷりで美味でした。
麻婆豆腐もスパイシーで美味しかったけどさすが本場四川…辛いもの苦手な私にはちとハードルが高かった…
好きな方にはたまらんと思います。お勧め。


<クアガーデン受付テント&第一の関所>
20091001-2
まんぷくになった後はこの日の目的その2、温泉へ。
今年は事前受付が必要とのことで、クアガーデンに向かう途中にある受付テントで通行証をもらい、30分以内に風呂に行かねばなりません。
途中2,3箇所くらいプチ関所があったでしょうか… 風呂入りに行くだけなのに何この厳しさは。
3年前までのフリーダムな雰囲気に慣れてる身としてはちょっと異様なくらいでした。
今年はサーキット全体にいえることですが、制約される部分が増えて自由度が減りなんか違うぞ感を感じることが多かったかも。
これもいろいろと時代の流れなのかもしれませんね。(寂)
とはいえ温泉自体は何も変わらずサイコーでした!
あ、男湯と女湯が入れ替わってましたが。
この日の風呂は私を入れても5,6人くらいしかいなかったかな。
広々?な内湯につかり、風情ある露天風呂につかり、鈴鹿の夜空を見上げながらまったりのんびりこの日までの疲れを癒しました。


<ぽっかりお月様>
20091001-3
10/3は中秋の名月。
前々日のお月様もぽっかりと綺麗でしたね?
お風呂上りに心地よい風を感じながら、翌日以降埋るであろうだだっぴろい駐車場を横目に帰路に着きます。
そして味の街入口で出くわすアロンソフィーバー。
今までこんな風にドライバーに会えたことってないんですけどね?
なんていうの?無欲の勝利?(笑)
人もそんなに多くなかったし普通にサイン貰えそうだったのでどうしようかと思ったけどその時持ってたのがライコネンキャップ、ライコネンタオルくらいしかなかったのでやめときました。
さすがにねぇ、クビのショックもまだ新しかったし。
その代わり写真を撮らせてもらおうとiPhoneを構えるもこういう時に限ってなぜかおりないシャッター…
何故だ!いくら押しても反応しない!
アロンソから何か電磁波でも出てるんじゃなかろうかとあらぬ疑いを持たずにおれませんでしたわ…
まぁ生アロンソはパンチが効いてそれはそれは濃いオトコマエで。
間近でその濃い魅力を実感する貴重な体験ができました。


<闇夜に浮かぶ稲生駅看板>
20091001-4
帰りは稲生駅まで20分ほどテクテク歩く。
夜だし一人だしタクシー使えばいいんだけどなーんかこの道は歩きなんですよね。
歩道から見るサーキット内の風景も好きだし、途中の24時間オープンのF1グッズ店や露店を横目に見ながら通るのも毎年のこと。
そういえば以前稲生駅近くの露店で「北欧パン」っていうのが売ってたんだけどどこにいったんだろう。
結局一度も食べたことないんだよ?。今更ながら気になる。
ところで駅に着いてまず思ったこと。
駅名の看板、こんなに照明明るかったっけ?
そこだけ煌々と照らし出されて… すっごい判りやすいと思います。
歩道もなんか新しくなったような… これは金曜日版で触れましょう。
津方面行きのホームに行くと、男子学生1人とBMWチーム関係者らしき男性が1人ベンチに座っていました。
モバイルPCを開いて難しそうな顔をしていたその関係者らしき人は、津の街へと消えていきました。
そして私は3年ぶりのなじみのお宿へ。
女将さんとお互い変わらんね?と再会を喜び、三重の我が家で眠りについたのでありました。


その2へつづく。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/12(月) 02:40:36|
  2. 2009F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。