宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蔵出し鈴鹿2009 その2

マッサがマシンに戻ってきた!
月曜日にテストで100kmを走り、復帰への第一歩は無事成功。
ホント良かったね?
ブラジルGPではチェッカー役を務めるとか。
いつぞやの方みたく振りそびれる心配はないでしょう(笑)
ライコネン誕生日祝いにトップ3で旗振っていただきたく!
金曜にはドメニカリと一緒にプレカンにも出席するんですね。
他にはウィットマーシュとルイス君って去年のチャンプ争いの再現かい。

さて蔵出し雨の金曜日です。
新生SUZUKAの衝撃編。


20091002-1.jpg
メインゲートをくぐると、そこは新生SUZUKA…
全体的に広々と見渡せるようになった印象です。開けたな?
コースをかたどったモニュメントが出迎えてくれたので記念にパチリ。
光一君はコースを見てるだけで楽しめるそうなので(by前夜祭。この人ホンモノやと思った)こんなのもらったらさぞ喜ぶだろうね。


20091002-2.jpg
20091002-3.jpg
20091002-4.jpg
グラスタ裏の一番賑わう場所、グランプリスクエアへ。
雨+金曜朝一にしてもやっぱり今年は人少なめでしたね?
場内が広々してる分余計少なく感じるという。
企業ブースも減った?
そういえばメルセデスブースが無かったのはショックでした!
あのクールな空間が無いんですよ!
不況の影響はこんなところにも現れる…


20091002-5.jpg
赤牛ショップ。
買い物をするとカワイイ赤牛紙袋に入れてもらえたんですよね。
結局何も買ってないんだけど紙袋は欲しかった(笑)
そうそう、今年は赤牛グッズを身につけてる人が多くて嬉しい驚きでした!
みんなファンなの!?どれくらい!?骨の髄まで!?かわいいからちょっと着てみただけ!?そこんとこどうなの!?とちょっと動揺。
やっぱりタイトル争いに引っかかってると話題性もあってか人気が高まるのね?
しかしこんなメジャーになる日が来ようとは… 嬉しいねぇ。(もはや親心)


20091002-6.jpg
20091002-7.jpg
20091002-8.jpg
ドライバー全身パネル。
旅の思い出に一緒に記念撮影はいかが、と。
インディアの二人の不自然な身長差に違和感。トニオが小人のようだ…
赤牛二人もなんか違う気がするけど。ベッテル君そんなに大きくないだろう。


20091002-9.jpg
そんなこんなで一通りひやかした後は朝食を済ませ大好きなスプーンへ出発!
途中シケイン裏のオアシスでカンガルーTVを借りるも予想外に時間がかかり(15分くらい)、スプーンに到着したのはセッションが始まると同時でした。
競歩並に早足で歩いたのでちとバテましたわ…
そんなバテ気味の私の目に入ってきたのが金網沿いに並んで観戦する人々の姿。
こ、これがEXビューエリア… うん…
覚悟はしてたつもりだけどぶっちゃけショックでした…
今までのように座り込んでビールとか飲みながらまったりと楽しめる場所じゃなくなったんだと思うと寂しささえこみ上げてきましたよ。
おまけに指定席にはあまり人も入ってなくて、あんなに良い席がたくさん空いてるのに?と入れないもどかしさ。
いいですか、私にとって金曜フリーまったり観戦inスプーンの重要度は鈴鹿観戦中1,2を争うほどのものなんですよ。
それが無くなってしまった…
この悲しみ、察していただけますでしょうか…
肉のない肉じゃが、バターのないじゃがバター、芋のない栗きんとんみたいなもんです。
まだ人の多くない金曜だけでもエリア指定で入れるようにして欲しいよ。切望!


20091002-10.jpg
まったりは諦めてカンガルーTVをセットし、セッションに集中するある意味正しい観戦スタイルをとるよう心を切り替えました。(我ながらなんかおかしい)
トップバッターはベッテル君!
おお気合十分じゃん頑張れー!と1年ぶりに全身に浴びるF1サウンドにテンションも上がります。
がしかし90分は結構つらい…おまけに頭痛までしてくる始末…
途中で屈伸とかしながらごまかしてました。
立ち見のEXビューエリア観戦は90分耐えられる根性のある人か、セッション中1箇所に拘らず色んな場所に移りながら観戦する人に向いてると思います。


20091002-11.jpg
セッション終了後はS字へ移動。
写真は西ストレート横を移動中の景色ね。多分。(たぶん?)
S字のEXビューエリアで毎度おなじみの旅の仲間、なおさんと合流し、フリー2を観戦するつもりでした。
先に到着したなおさんから「これはナイわ?」と衝撃を受けたチックなメールが届く。
不安になりながら歩を進め、ようやく現場に到着。
うん、確かに予想以上にコンパクトなスペースでした。ここ喫煙所?みたいな。
しかもコースが見える前方は既に人で埋っていて、運良くもぐりこめたとしてもセッションを観る為にはスタートまでその場を離れられない。
ムリムリそこまでできん!ってことでS字観戦は断念しました。
人気スポットで観戦するには一に根性二に根性です。

20091002-12.jpg
観戦エリア自体は狭いけど眺めはやっぱりイイ!
(これは日曜朝撮影したもの)


20091002-13.jpg
スプーンでの精神的なダメージと肉体的な疲労で早くもスタミナが切れかかっていた私。
重たい旅行バッグをそのまま持ち歩いていたなおさん。
(1コーナーゲートから入ったのでロッカーが無かった)
おとなしくB2スタンドの自席で観戦することにしました。
S字も見えるしね。迫力は減るけど。
牛串とビールを買って、安住の地(席)へ。
あ?座れるってサイコー!ビールうめー!牛串うめー!
ってな具合にガソリン注入で途端に元気になりました。
缶ビールの中に雨が入ろうが気にしない!
座ってまったりできればあとは何でも許せる。それがF1マジック。
大雨で誰も走らなくてもゆ、許そう…
雨でだんだん薄くなるビール片手にお菓子をぽりぽり食べながら、ウェットならではの遊びに興じる国際映像を眺めてました。


20091002-14.jpg
セッション終了後はピット観察のためグラスタへ移動。
ゲートにはまだ係員が配置されていてスタンドは開放してない雰囲気だったので、係の方にいつから入れるか聞いてみる。
お兄さん「ポルシェが終わったら…」(丁度予選中だった)
そこへ隣のお姉さんが違う違うとすかさず入る。
「いえ、開放はありません」
なんですとーーーーーー!?
何かの間違いかもしれん、とインフォメーションに確認に行くもそこでも告げられる無情な回答…
毎年ピットを眺めながら過ごすのを楽しみにしてるんですよおお?と切々と訴えるも「いろんなご意見をいただいてます」と恐縮されるばかり。
更には土曜は前夜祭の時のみの開放、日曜は開放なし、とまで聞かされる。
確かに観戦ガイドには指定席の点検清掃についての注意事項は記載されてあったけどこういう意味だったの!?と面食らいましたよ。
それならもっと判りやすく書いてくれ…事前にわかってればこんなにガッカリすることもなかった…
で、後から知ったんですがこの後結局開放されたそうですね。
土曜も前夜祭後もOKだったし日曜も同じく。
これはやはり私らのような要望を出す人間が多くて対応してくれたのかな。
開放ナシと教えてくれた係の方達が間違っていたとは考えにくいし…

することが無くなった我々は急遽予定を変更し、帰る前に入るつもりだった温泉に行くことに。
受付テントで手続きを済ませ10分ほど待機した後関所を通って風呂へ到着。
(混んでいるわけではなく単に時間の割り当てがあったらしい)
あじさいに夕食の予約を入れてたけど時間が押しそうだったのでひとまずキャンセルし、色々とショッキングだった初日の疲れをゆっくり癒しました。

風呂を上がってもまだ19時前。
何か食べて帰ることにし、どっか空いてませんか?と味の街当日受付へ寄ってみる。
運良く先程キャンセルしたあじさいに空席があり、外国の方に喜ばれるらしい(byレストラン係の方)カウンター席で美味しい食事をいただきました。
丁度通路が背中に面していたこともあり、運良くヤルノやバリチェロが通る様子が判りました。
ヤルノが通った時、こういう時ドライバーは騒がれるのと気にされないのどっちが良いんだろう?と話していると、隣の席にいたマダムより「プライベート中はそっとしといた方がいいわよ。特に彼はそういうの嫌うから」と一言。
妙に説得力のあるお言葉にやっぱりそうですよね?と納得の我々。
それにしてもヤルノのそういう一面を身内のように語っていた彼女は果たして普通のヤルノファンだったのかやんごとないヤルノファンだったのか…今更ながら気になります。
その後お腹も満たされさあ帰るか、とレジに向うと前日に続いてまたまた登場アロンソフィーバー。
おいおいまたですかい!と遭遇率の高さに驚きましたね?
カンパネラの入口でファンと写真を撮ったりサインをしたり盛り上がってる横で支払い処理をする我々。
アロンソテンション高いね?などとお金の受け渡しをしながら観察してました。
(※あじさいとカンパネラの入口は隣接)


20091002-15.jpg
雨降ってるしタクシー使うかーと言ってみたもののやっぱり歩く稲生駅までの道。
温泉とご飯の威力は絶大です。疲れもふっとび体力回復。
新しく姿を変えたサーキット内の夜景を歩道から眺めながらテクテク歩く。
今までと同じ楽しみ方が出来なくなったのは寂しいけど、嘆いていてもしょうがない。
変化を受け入れ新たな楽しみ方を見つけよう、そう思うよう努めた金曜日の終わりでした。


その3へつづく。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/14(水) 23:35:15|
  2. 2009F1鈴鹿観戦
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。