宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アブダビGP予選

マクはーーえーー
まさに異次元。
しかし痩せたねロン。いや老けたのか…

最後の最後になんてややこしいタイヤパフォーマンスが待っていたんでしょう。
ウォームアップに2周以上かかるってナニよー
なのにソフトよりハードの方が使えるってナニよー
LTの表にどっちのタイヤを履いてるのかも表示して欲しいね!
Q1序盤、ハードスタートのライコネンは結構上位で周回を重ね、意外とイイ?とちょっと期待が持てました。
後半ソフトに履き替えたらタイムは思ったほど伸びず、路面状況が良くなる中あまり活かせなかった様子。
んでその時のハード勢が続々とタイムを更新し、あれよあれよという間に下位に落ち気づけば14番手のギリ通過。あっぶねー冷や汗ものでしたわ。
フィジコはずっとソフトで走ってたってね。
何でハード試さなかったんだろう。さ、最下位…

そしてハードを履いてのQ2は出ずっぱりの連続8周。
軽タンアタックが魅了のはずのセッションが雨でもないのになんてこったい(笑)
最後のアタックはセクター1が伸びず、2,3で自己ベスト更新もQ3進出はならず。残念でした。
でも11番手で奇数グリッドだし、好きなだけ燃料積めるし、返って良かったかもしれない。9番とか10番グリッドになるよりは。
とかなんとか納得してみる。
スタートでのKERSダッシュに期待しよう。
そういえばKERSも見納めか。いい仕事してくれよKERS!
どうか中団スタートの混乱に巻き込まれませんように&巻き込みませんように…

では重量をばチェック。

Pos Driver Nat Team Weight (kg)
1. Lewis Hamilton GB McLaren-Mercedes 658.5
2. Sebastian Vettel D Red Bull-Renault 663.0
3. Mark Webber AUS Red Bull-Renault 660.0
4. Rubens Barrichello BR Brawn-Mercedes 655.0
5. Jenson Button GB Brawn-Mercedes 657.0
6. Jarno Trulli I Toyota 661.0
7. Robert Kubica PL BMW Sauber 654.5
8. Nick Heidfeld D BMW Sauber 664.0
9. Nico Rosberg D Williams-Toyota 665.0
10. Sebastien Buemi CH Toro Rosso-Ferrari 661.5
11. Kimi Raikkonen FIN Ferrari 692.0
12. Kamui Kobayashi J Toyota 694.3
13. Heikki Kovalainen FIN McLaren-Mercedes 697.0
14. Kazuki Nakajima J Williams-Toyota 704.0
15. Jaime Alguersuari E Toro Rosso-Ferrari 696.5
16. Fernando Alonso E Renault 708.3
17. Vitantonio Liuzzi I Force India-Mercedes 695.0
18. Adrian Sutil D Force India-Mercedes 696.0
19. Romain Grosjean F Renault 710.8
20. Giancarlo Fisichella I Ferrari 692.5


11番以下グループでは一番軽いのねライコネン…
ほ、ほらフューエルエフェクトが大きいらしいから序盤のペースに期待しよう。逃げろーっ

ヘイッキ君はギアボックストラブルで5グリッド降格とな。
せっかくマシンは今季最高なのに残念。
あと何気にトニオがスーティルを上回ってるな。よっしゃ頑張れ。
他やっぱり赤牛勢に期待っすな!
積んでまっせ?きっとやってくれまっせ?
打倒ルイス君!ぶちかませ赤牛ーーー!

みんな良いレースで今年を締めくくれますように。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/01(日) 17:22:14|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。