宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Rally Sweden Day 1

結局SS8まで見届けて眠りにつきました。
おかげで起きたら既に昼も1時を過ぎ…
バンクーバー開会式を見逃したぜ!
夜見よう…ラリーと同時に。

初日は心配されたほど路面状況も悪くなく、天の神様にありがとうと感謝。
すったもんだありつつもライコネンは初日で消えることなく元気に走り続けることが出来ました。
順位?んなもんもう関係ないさー

オジェ君はやっぱり速い。
モンテカルロで見せた雪道でのパフォーマンスはホンモノだ。
というわけで、今回はチームメイトのオジェ君とのタイム差を追ってみました。
うん…計算しながら果たして比べていいものか疑問に思いながら…(笑)
しかしまずは現実を知ることが大事。
電卓でちまちま計算したので間違ってたら教えてください…
(PCに表計算ソフト入れてないもんで。これを機に入れよう)

SS km +秒 +秒/km
1 01.90 03.1 1.63
--------------------
2 20.78 43.8 2.11 ←前走車の雪煙で視界不良だったとか
3 21.28 25.9 1.22
4 19.21 21.7 1.13
--------------------(以下SS2?4の再走SS)
5 20.78 32.0 1.54 ←コースオフしたとかしないとか
6 21.28 ∞  ∞  ←スノーバンクにはまって車の掘り出しに26分を要す
7 19.21 13.3 0.69 ←どうした?(良い意味で)
--------------------(以下SS1の再走SS)
8 01.90 4.30 2.26 ←どうした?(悪い意味で)

リピートステージでは僅かながらも確かに前進中。
しかしSS6のスタックは堪えたようで、ライコネンも今回の厳しさをF1より大変なチャレンジだべとポロリ。
画像が一層雰囲気を高めます…(笑)
つかスノーバンクからの脱出は観客に手伝ってもらったんだろうと思っていたら、不運にも人がいない場所でライコネンが己の手で掘り出してたんですね。
しかも園芸用スコップでちまちまと(笑)
カイさんは後続車に注意を促す役で手伝えず孤独な戦い。
助けが来たかと思いきやカメラマンで手伝ってくれるわけもなく。
しかしそのカメラマンのおかげで雪かきアイスマンという世にも珍しい映像が見れました。
大変だったねぇ?
しかしこれも経験。また一つスキルアップしたね!(ものは言い様)

さてDay2もそろそろ始まります。
引き続きライコネンの学習過程を追いつつ、ローブvsヒルボネンのトップ争いにも注目したい。
あとラトバラさんの活躍と、シトロエン勢の健闘を祈る。
ほら一人戦力外だからさ…
あ、そういう意味ではグロンホルムも厳しい順位だからポイント争い的には同じ状況?
スポンサーサイト
  1. 2010/02/13(土) 15:08:26|
  2. Rally
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。