宵待草のやるせなさ

F1、レッドブル、ライコネンやらで遊んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おフランス繋がり三連戦

先週はル・マン24時間とF1カナダGPで楽しくもハードな週末でした。
カナダGP決勝は翌日の体力を考えライブ観戦は諦め録画してたんです。
結果だけは早々に確認し、レース内容は昨日ようやく録画でもって観戦しました。
大雨のジル・ヴィルヌーブサーキット、珍しい光景でしたね。
SC先導スタート、ウェットによる混乱。
そして赤旗で2時間近い待機。
でもこういう時間は嫌いじゃないですよ。
各チームの作業風景や暇そうなドライバー、レース再開に向けて尽力する関係者、思い思いの過ごし方をする観客が映し出される中レース外の小ネタなんかが聞けるから。
ただこれを今回リアルタイムでとなると厳しかったな。

メルセデスに遊びに来ていたケンさんを見てテンション上げてみたり、メルセデスのコース上テント設置に感心してみたり、ドメニカリの再婚を知ったり、ホーナーさんの珍しいキャップ姿にあら意外と似合うじゃないとトキメイてみたり、ホーナーさんとニューウェイ先生の自称熟年夫婦のような信頼関係を気持悪がるカワイちゃんに失礼なそれだけツーカーの仲ってことでしょ!とプンスカしてみたり、いろいろありすぎて忘れたけどそんなこんなでまったり観ていたわけです。

そうしてようやく訪れた再開の時。
これからどんなドラマが待っているのか?結末は知ってるけど!
と高まる期待を胸に画面を見つめていました。
さぁいよいよ走り出すぞーというまさにその時!
録画が切れてましたー
自動延長も効かんかったんかい!
いいところで「マテ次号!」って漫画じゃないんだからさ!

そんなわけで続きは土曜日の再放送までおあずけです。
ベッテルスベッテル!
何故バトン君が優勝!?
ハネウマ勢なした!?
兄さんいつのまにそんな上位!?
などなど悲喜こもごもの全容解明を楽しみにしております。


ついでに書いてなかったモナコGPひとこと。
ベッテル君-アロンソ-バトン君トレインが出来た時は最高にテンション上がりました。
タイヤが厳しいベッテル君!無事逃げおおせるか!これを凌げたら最高の勝利だ!とワクワクしてたんですけどねぇ
いいタイミングで赤旗リスタートでタイヤ復活。
ピットストップでもたついたり自滅があってもなんのその。
運も引き寄せてたなぁ。


更についでにル・マン24時間ひとこと。
私は今までどちらかというとアウディ派でした。(DTMつながりで)
でも今年はそろそろボーデに勝って欲しくてプジョー9号車を応援してました。
勝負は近年稀に見る接戦の末、十数秒差でアウディ2号車が優勝。
いつもなら何だかんだでやっぱりアウディか~強いな~とル・マン特有の感動に浸りながら思うところですが、チェッカーの瞬間のDr.ウルリッヒの男泣きに改めて勝利の重さを実感。
勝ち続けるって本当に凄いことだなぁと思わずじわりと貰い泣きしちゃったねぇ
ほら贔屓チームが絶好調すぎて油断すると勝利のありがたみが薄れがちになるからさ…(こう書くといやらしいな)
ロッテラー&トレルイエという日本で活躍中のドライバーで勝ったのも嬉しい話です。
それにしても来年こそはポディウムてっぺんに立つボーデが見たいなぁ
いつも惜しい印象があるんだよなぁ
残念そうな表情もいいんだけど(モエ)

そういや以前ライコネン、ローブ、デイビッドっていうドリームチーム構想がなかったっけな。妄想?じゃないよ多分。
マテ会長ならF1もタイトル取ったことだしそのうちル・マンも本格参戦したいとか言いだしそうじゃあないか。
その時はぜひこのメンツでいきましょうや会長。
その場合朝方の運転はデイビッド担当だな。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/15(水) 17:18:52|
  2. F1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。